初めてのオフ会。その②

20050514042117s.jpg
先日のオフ会のお話の続き。
マレのビストロで美味しいランチとワインですっかり
いい気分になっちゃった私達。
ふら~っと足を伸ばしてHotel de Villeパリ市役所にやってきました。
2012年のオリンピック誘致のロゴがばばんと掲げられていますね。
(選考会は7月みたいだけど、どうなるんだろ?)
そしてこの建物、ロベール・ドアノー氏の
「市庁舎前のキス」という作品でも有名なんです。
20050517023441.jpg

恋人達の後ろでぼやや~んと見えるのがこの市庁舎。
先日このモデルとなった女性が(今はもちろんおばあちゃん)
若い映画作りを目指す人を支援するためこの写真のオリジナルを
オークションに出品したところ日本円で2000万円ほどで競り
落とされたとの話題がありましたよね。
この恋人達は実は演劇学校の学生さんでドアノー氏がモデルを
頼んで写真を撮ったとのこと。なので「偶然のキス」では
なかったのですが(ちょっと残念)実際とても愛し合っていた
とのことなので、やっぱりロマンチックです。
(その後2人は別れてしまったそうですが・・)
この作品、若い情熱的な恋がこの瞬間に閉じ込められている
ようで私はいつ見ても、どんなに見慣れてもうっとりして
しまう素敵な作品だと思います。

あら~すごい話がそれちゃいましたが・・
それではほろ酔いお散歩にGO!

♪♪人気ブログランキングに参加しています♪♪
20050514041825s.jpg
パリ市庁舎前の広場には2階建てのメリーゴーランドが
軽快に回っています。
パリの観光地にはよくこんなメリーゴーランドがあるし、
ちょっと小さな広場だったり駅前広場には小型のメリーゴーランドが
回っていてよく見る風景なのですが、考えてみたら私、パリに来て
以来この乗り物に乗ったことがないことに気が付いたのです。
(気が付くほうがヘン?笑)
20050517025421s.jpg
そこで私はゴン麹さんをお誘いし果敢にもこの
お子ちゃまの乗り物に乗ってしまったのでした(爆)
お金を払ってドキドキ待つ二人・・makimakiさんは撮影係で待機。
↑並んでる他のお客さんは家族連れだし普通の光景だなぁ。
 そこにワクワク状態の私達、浮いてたかしら・・?
20050514042226s.jpg
さ~て出発進行!!
ゴンさんも私もきゃ~きゃ~状態(照)お馬にまたがった私達は
勢いよく風を切って回り続けます。
見てください!このゴン麹さんの素敵な表情を・・
(ゴンさん初お披露目!素敵なお姉さまです♪)
ゴン麹さんは目をつけていた黒いお馬に乗れたんですよね。
なのでとてもいい表情~。しばし子供に返った私達でした。
20050514042207s.jpg
そうそう、このメリーゴーランドの天井の絵、きちんと
フランスの名所が描かれていていい雰囲気です。
これは・・ヴェルサイユ宮殿?
♪♪♪♪♪♪♪
さて、くるくる回ってハイテンションな私達は当てもなく
市庁舎横のPont d'Arcole(アルコル橋)よりシテ島に渡ります。
20050514042300s.jpg
この橋以前「カメラと一緒にパリでお散歩」のアリアちゃんも
撮影していたところですよね。
セーヌ川の奥に見えるのが私の住むサンルイ島。
観光地に囲まれパリの華やかな雰囲気が感じられるポイントです。
♪♪♪♪♪♪
私達はお土産物屋さんが軒を連ねるノートルダム寺院への道を進みます。
そこでピキーン!とろそれアンテナに引っかかるもの発見!
20050514041728s.jpg
か、かっこよすぎる!このカップル(爆)
とあるお土産物屋さんの店先なんですが、この帽子とサングラス
とスカーフを一気に展示(しかも男女で)させちゃうのが強引でよいです。
しかもムッシュー、怪しげな髭面・・マダムもツンとした表情で素敵よっ!
あ、よく見ると後ろ向きでもう一人いる!とろそれ爆笑でした。
20050517033023s.jpg
話がまたそれましたが、私達は暴走する清掃車を避けつつ
ノートルダム寺院の横を通り過ぎPont au Double(二重橋?)を渡ります。
↑緑の小さな車がパリ名物清掃車。
この時の清掃車、人が沢山いる寺院前で猛スピード&急激な
ターンなんかしちゃってかなり目だってました(笑)危ないなぁ・・
saint_julien_le_pauvre_is.jpg

私達が着いたのはノートルダム寺院の目と鼻の先、
こちらも歴史が古いSt-Julien le Pauvre教会です。
パリ最古の教会と言われるこの教会の歴史は6世紀ごろから
始まるのですが、現在のシンプルな建物はノートルダム寺院と
同じ時代に修道僧が建てたものとか。
20050514042415s.jpg

そして必見はこの教会の中庭にあるこれまたパリ最古とよばれる木。
・・・と私のあやふやな雑学が入った脳ちゃんが記憶していた
んですが、ネットで調べてみたらそのような情報がない・・
私の記憶違いかなぁ・・また調べてきます(ペコリ)
最古かどうかはともかく、この古い木は根元をコンクリートの
柱で支えてもらって未だ頑張って大地に根を張っています。
20050514042146s.jpg
よく見ると他の植物も沢山彼の周りに生息しているんです。
このおじいちゃんの木は若い子達から生きる元気をもらって毎日
パリの空を眺めているのかな・・
ぐんっと伸びた枝が「がんばるぞ~」ってポーズしてるみたい。
よし、私も明日からおじいちゃんの木に負けず頑張らなきゃね。
20050514042036s.jpg
おじいちゃんの木のある教会の庭からは雄大なノートルダムの姿が。
さて、酔いもいい具合に冷めてきたしここらでmakimakiさんと
ゴン麹さんにお別れです。
初めてお二人にお会いしたとは思えないほど、楽しい時間を共有させて
いただいたことにとっても嬉しかった私。ありがとうございました♪
そしてどうぞこれからもよろしくお願いします・・・
もちろんまだお会いしていないブログで出会ったお友達にも、
いつかお会い出来ることを心から楽しみにしています!

♪♪人気ブログランキングに参加しています♪♪

Comment

いいなあ、チューかあ・・・・・。

>summergirlさんへ
summergirlさんおはようございます!・・と思ったら
朝から一言つぶやかれてるし(爆)
summergirlさんは旦那様と梅吉君小梅ちゃんとラブラブ
じゃないですか!ケッコンしてない私のほうがロマンスが
最近遠いです・・はっ。こんなこと書いたらC氏に読まれちゃうわっ

ほんとにいいなぁ…チュー(笑)

街の中に突然メリーゴーランドがあるのですか?
驚きです!
パリじゃ当たり前???

お久しぶりです~
おばあちゃまの昔のちゅーも素敵でしたが、サングラスカップルつぼでした!
外国人の奇抜なセンスには私もいつもやられてしまいます。
いや~、あっぱれ!
そしてそして、おじいちゃんの木のがんばるぞー!ってのすごく好き!
とろそれさんの暖かさが伝わってきましたよ~。なんか、海外って道が舗装されてるようで中途半端だったり、なんで?って思う所に古い木があったりと、人工的かつ人工的でない所が好きなんですよね。私。
丁度今自分の住んでる街(日本)で区画整理がされてて、すごく機械的な街になってきてしまっているのでなおさらそういうとこいいな、って思ってしまってるのです。

いつかパリに行ったらオフ会混ぜてくださいね~。
ではでは。また~

あはは、いいですね、メリーゴーランド!初めて町の真ん中にデデーン!とあるメリーゴーランドを見たとき、「フランスってやることが豪快・・・」って思いました。私の住んでたアヌシーにも、メリーゴーランドありましたよ。でも、フランスのって、やたら回るスピード速くないですか?速いといえば、観覧車も。笑。
あ、とろそれさん、私はフランス語うまくないですよー。それは大きな誤解です!笑。間違いだらけのフランス語でしゃべってるだけなんですよ。
ところで、リンク貼って頂いてたようで、ありがとうございます!!私も是非是非、貼らせてクダサイ♪

暴走する清掃車は私も写真、撮ってました(笑)。
いやいや、メリーゴーラウンドに乗ったお2人は子供に負けないくらい、楽しそうでしたよ。
しかし、乗りながら写真も撮っていたとは。
さすがとろそれさん!
あの絵、ヴェルサイユ宮殿のようですね。

コメントありがとうございます。
銀ちゃんは何歳ですか?
みどりとは1987年から付き合っています。もとはノラでした。22歳にはなっています。お手やお代わりは犬より上手です!!
非公開コメント

| 2017.08 |
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
Rechercher

Mon profil

とろそれ(河村晶子Akiko KAWAMURA)            

  • Author:とろそれ(河村晶子Akiko KAWAMURA)            
  • パリ・サンルイ島の小さなStudioに生息していたピアノ弾き。現在は東京在住。娘のN子、パリ生まれの猫の銀と一緒に暮らしています。ヘアメイクの夫C氏は現在マレーシアで単身活動中。

    ☆ホームページ開設しました☆
    ピアニスト河村晶子のホームページ
    http://akikokawamura.jimdo.com/




    Copyright 3soleils All Rights Reserved

Articles

Catégories

Archives

Link

Commentaires

Track back

ページトップへ