銀の本能。

2005.05.16 06:30|ぎん
20050516035322s.jpg
日差しの温かい日になるとC氏宅前の
アパルトマン共有の中庭に飛び出していく銀。
いつもの日向ぼっこのはずが、銀の些細な
イタズラ心によって大変な事件が発生してしまいました。
C氏大激怒!の真相とは・・・

♪♪人気ブログランキングに参加しています♪♪
20050516035041s.jpg
それはつい先日の昼下がり。C氏が仕事から帰ってきてお家の中で
お昼ごはんを食べ終わり、中庭で遊んでいた銀を家の中に入れた時です。
C氏は銀の様子がおかしいことに気が付きました。
何かイタズラをやっちゃった後の様な「こそこそ~っ」と忍び足で歩く
銀にただならぬ雰囲気を感じたC氏は急いで中庭に飛び出します。
そこには・・ハトさんの羽が無数に散乱している状態。
そして少し離れた場所に可哀想に息絶えてしまった
ハトちゃんが横たわっていたのです。

ハトちゃんは銀にお腹をやられてしまってもう動きません。
C氏はかなりのショックを受けてしまったそうなのですが
「ごめんなさいごめんなさい・・・」を何度も唱えつつ銀の
大きいいたずらの後片付けをしたそうです・・

私は運動不足の銀がそんなお空を飛べるハトちゃんを
捕まえたことが最初信じられませんでした。
以前銀が座っているソファーの背もたれの上にねずみちゃんがぴょっこり
現れた時は、私がぎゃ~っと叫ばなければ気づかなかった銀です。
しかもその後銀はまんまとねずちゃんに逃げられているし・・
そんな銀があんな大きなハトさんを捕まえるなんて
夢にも思いませんでした。
       20050516035149s.jpg
ハトちゃんを天国に行かせてしまったのはとても悲しいことだし
C氏は「ハトちゃんに謝れ!しばらくは銀だけでお庭に出るのは
禁止!!」と怒っていますが・・
だけど私は反対に銀のネコちゃんとしての本能がまだ失われて
いないんだと親の気持ちで少し安心してしまったのも事実です。
いつもハトの見張り番をして狩の時のイメージを作っていたのかなと
考えると、その夢が実現してよかったね・・とも思ったり。
ハトちゃんの処理をしたC氏は未だショックでそんな気持ちには
まだ慣れそうにもないのですが(苦笑)

あ、だけどafricaさんとこのハスミンちゃんはいつも鳥ちゃん
を捕まえて食べちゃうんですよね。
さすが自然いっぱい太陽いっぱいのスペインで育ったハスミンちゃん。
運動神経は銀なんか比べ物にならないくらいすごいんだろうなぁ。
20050516035244s.jpg
とにかく銀はその日の内にまた大嫌いなお風呂へと
連れて行かれたそうです・・
もうすぐ3歳になる銀、イタズラはもう止めて欲しいけど・・
これからもすくすく育ってね。

♪♪人気ブログランキングに参加しています♪♪

Comment

こんにちは☆
お返事どうもありがとうございました!
さっそくリンク貼らせて頂きました。
私の所にも来ていただいたみたいでお恥ずかしい&とても嬉しいです。
メロンもごく稀にねずみを捕えるので(汗)、とれそれさんの気持ち分かる気がします。人間には止められない野生の本能ってあるみたいですよね。

!!ワン!(コメントみてびっくりしたよ~ 僕も鳥を見て興奮することあるけれど、でも何もしないから:::)

★これですね(Joyの方のコメントを見て!!と思ったのですが)おおお、後片付けをしたC氏からすると、大変ですよね。でも本能があって安心、というのも分かる気がする。ジョイも元気に鳥を追いかける方が男らしい気がするし・笑
またでもお風呂後の「きらきら銀」様、見れるかしら :)  オフ会、ねえ、色々共通点もあるようですし、きっとお会いできたら楽しそう :)
★修道女の数珠、日本も同じなんですね。知らなかった!穏やかな生活だけど・・・でも私も無理です!!!

首輪に鈴をつけておくと、もう、そういうことはおきないのだけど…
小さな音がするのでもたぶん…

あとは、リードをつける練習してつけられるようになると、もっと安心ではあるね。かなり難しい調教ではあるけど、いっしょに、お散歩できるし。かなぁ

ハトさんには可哀想だけど、こればっかりは本能だからねぇ。
銀ちゃんには、悪いことをした気はまったくないと思いますもん。
いつも窓からハトを眺めて「いつかは」ってシュミレーション
していたのかもね(笑)ナオミもベランダに鳥が来ると、
ものすごい勢いで、窓辺に走っていきます。
昔仲良くしていた猫は、ネズミを捕まえたことが
誇らしかったのか、わざわざ咥えて私に見せにきました(涙)

こんにちは!
銀ちゃん、健康な証拠かも・・・と、話を聞いただけだと思うけど、ハトさんを処理するとなるとまた別かもしれませんねぇ。
私もこの話を聞いてすぐに、africaさんちのハスミンくんのことを思い出しました。銀ちゃん、またやっちゃうんでしょうか?!言い聞かせてもやめられないよね、きっと。

>あめさんへ
いえいえ、こちらこそリンクありがとうございました!
あめさんところのメロンちゃん(名前かわいいっ)もワンちゃんだけど
小鳥に反応するんですね。食べるとか食べないとかの前に動くもの
にはみんな反応するのかな?メロンちゃんが小鳥を追いかけてるのは
じゃれてる感じでかわいいけど、銀が追いかけてたらまさに食欲の
ためなので・・やっぱり怖いです(涙)

>go2rumaniaさんへ
JOYくんもやっぱり追いかけちゃうんだね。だけどやっぱり
ワンちゃん×小鳥ちゃんはじゃれてる絵だなぁ・・
とにかく処理をしたC氏はかわいそうなくらい落ち込んでいたので
銀にはしばらく大人しくしてもらいたいものです・・

>野猫さんへ
はじめまして。コメントありがとうございます♪
リードをつけての訓練、実はちょっといいなぁと思っていたのです。
銀はとっても嫌がりそうだけどいつか一緒に外にお散歩できたら
楽しいですよね。一度検討してみます~

>Monicaさんへ
こんにちは!
やっぱりナオミちゃんも小鳥ちゃんを捕まえたい欲求にかられちゃう
んですね。あんなエレガントなお姿でハトさんやっつけちゃったら
私、すごくショックだわ(涙)
ずいぶん前ですが冬の日、外で遊んでいた銀が弱ったねずみちゃんを
くわえて家に入ろうとしたことがあって、その時もC氏と私卒倒して
しまいました。まず飼い主が強くならないといけませんね(笑)

>モネさんへ
おはようござます~
もう銀を怒ってもおんなじことなのでしばらくは一人(一匹)では
お外禁止令出されちゃったんですよ。だけど銀は相変わらず庭を
眺めつつ次の獲物を狙ってる(笑)
ネコちゃんの野生の欲求は人間にはコントロールできませんものね。

銀ちゃん、アップの写真、ちょっといつもと表情が違います。本能に目覚めた顔ですね。

我が家では先日オットが帰ってきたと機、玄関から一緒にヤモリ(イモリかな?)がはいってきて、オットがおろおろしてウメキチを向こうにやって、とあわてて、ウメキチよりもオットのあわてぶりがおかしかったです。
ウメキチも興奮していて、しばらく玄関からはなれませんでしたよ。

>summergirlさんへ
2度のコメント、ありがとうございます♪
銀のアップ写真、お外で撮ったので少しきついお顔に
なっちゃってますよね。撮影したのはハトちゃん事件の少し
前なんですが、お外に出ると少し闘争本能が開花するのか
どんな物音にもびくっとなるのです。
そしてsummergirlさんのダンナ様の後ろにくっついてきたヤモリ
ちゃんの話、面白いですよね。
梅吉くんよりダンナ様のほうが慌てた・・というのは想像
出来て可笑しいです(笑)

とろそれさん、こんにちは。
ブログに遊びに来て下さってありがとうございました。
銀ちゃん、すごいイタズラだけどかわいいですねっ♪私の日本の実家にいるオジイチャン猫も銀ちゃんと同じよもぎ猫で、銀ちゃんを見るとあのふかふかな手触りを思い出します~。
また遊びにきまーす。

>tinkさんへ
こちらこそコメントありがとうございます~!
tinkさんのご実家も銀とよく似た猫ちゃんを飼っていらっしゃる
んですね。ところで銀のような種類の猫ってよもぎ猫って
いうんですか??私初めて知りました・・それにしても「よもぎ」
ってなんてカワイイ響き・・かなり気に入ってしまいました(笑)
また遊びに来てくださいね~

銀ちゃ~~ん!

でもしょうがないな、いい女がいたら、男は口説くし、いい男がいると、女は自分をアピールするし、鳩がいると猫は捕まえる。それが自然だからな。だから、銀は悪くないよ!!(笑)  KAZU
非公開コメント

| 2017.07 |
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
Rechercher

Mon profil

とろそれ(河村晶子Akiko KAWAMURA)            

  • Author:とろそれ(河村晶子Akiko KAWAMURA)            
  • パリ・サンルイ島の小さなStudioに生息していたピアノ弾き。現在は東京在住。娘のN子、パリ生まれの猫の銀と一緒に暮らしています。ヘアメイクの夫C氏は現在マレーシアで単身活動中。

    ☆ホームページ開設しました☆
    ピアニスト河村晶子のホームページ
    http://akikokawamura.jimdo.com/




    Copyright 3soleils All Rights Reserved

Articles

Catégories

Archives

Link

Commentaires

Track back

ページトップへ