ノートルダムとお月様。


20050425195159s.jpg


先日の土曜日家の外に出てみるとなにやら沢山の人達が
マラソンをしています。
交通整理のおじさんに聞いてみるとシテ島、サンルイ島を
通過する10キロマラソンとのこと。
皆さん年齢に関わらず爽やかにサンルイ島を駆け抜けて行きます。
(後ろに見えるのがノートルダム寺院です)

私がランナーを応援していたのはシテ島とサンルイ島を結ぶ
Pont Saint-Louis(サンルイ橋)だったのですが、10日ほど
前の夕暮れ時、とても素敵な景色に遭遇できたので少し
ご紹介したいと思います。

♪人気ブログランキング♪
20050425194851s.jpg

ちょっと今日は大きめのサイズで写真をアップ。

上の写真はサンルイ橋の上から。
群青色の空にぽつんと三日月が浮かんでいました。
20050425195046s.jpg

昼間は観光客の人々でいっぱいのノートルダム寺院横の道
ですが、夕暮れ時(・・といっても最近の日没時間は21時なので
ずいぶん遅い時間ですよね)には人通りもほとんどなく、
静けさの中にノートルダムの暗闇だけがある風景なのです。
20050425194955s.jpg

ちょこんとお月様がノートルダムの塔の上に座っています。
よく見ると寺院上にはレースのような装飾が沢山
施されていて、まるで美しい影絵のよう。
お月様もそんな美しいノートルダムに寄り添えてうっとりしていました。

追記:兵庫県で大きな列車事故が起きたとのこと。
   完璧さが自慢の日本でこんな痛ましい事故が起きて
   しまうなんて・・もう悲しい気持ちでいっぱいです。
   突然の事故に亡くなられた方のご冥福をお祈りすると
   同時に、体や心に傷を負われた方々がどうぞ早く、
   穏やかに、いつもの生活に戻られますよう心よりお祈り申し上げます。

♪人気ブログランキング♪

Comment

めっちゃきれぇな空の色☆
やっぱいいなぁ~…うらやましい!
姉の写真がうまいのか?それとも景色がいいだけか!?
とにかくキレイでした。

も~、美しすぎです。
抒情詩的なお月様とノートルダム寺院の風景。
感性豊かでないと、こんな素敵な写真撮れません。
実際、拝聴したことはありませんが、こんな美しい月夜に
とろそれさんのピアノ曲など、ぴったりなのでしょうね。
BGMとして最高でしょうね~。聴きたいです。
まいりました。

とても、とても、悲惨で痛ましい事故がおきてしまいました。
列車脱線事故で亡くなられた方のご冥福を心よりお祈りいたします。
あわせて事故にあわれた皆様へ心よりお見舞い申し上げます。

素敵な写真ですね!夜空に建物が黒く浮かび上がって、絵のようです。こんな絵が描けたらいいなぁ。

それにしても、列車事故はひどいですね。私は兵庫出身なので、馴染みの地名を聞くとなんだかますます辛く・・・。事故原因を追究して、二度とこんな事故が起こらないようにして欲しいですね。

>ばぶこへ
それは姉の腕がいいからよ!(爆)
カメラはいいカメラじゃないけど、風景と光の具合でこんなに幻想的に
撮影できるとは驚きです。お月様もちゃんと写ってて嬉しかった~♪

>yoshinoさんへ
そんなに賞賛のお言葉を頂いて恐縮です~。多分感性の問題というよりも
風景に恵まれただけとも思えますが・・実際の景色は周りの静けさとも
相まって素晴らしかったです。
電車の事故はこちらのニュースでも頻繁に取り上げられています。
バス事故もパリ郊外、私が毎週レッスンに通っている近くで起きてしまい
悲しい気持ちでいっぱいです。

>モネさんへ
モネさん兵庫のご出身なんですね。私は兵庫のお友達が多いので未だに
心配です。日本での電車の事故なんて完璧さが自慢の国だから縁がない
なんて思ってたのに・・悲しいです。
ノートルダムの景色は出会えて本当にラッキーでした。カメラはいいカメラ
じゃないのですが、景色がいいとこんな微妙な色も出せちゃうんですね。
モネさんも是非風景画にもチャレンジしてくださいね!

とろそれさん、初めまして。
今は東京在住ですが、プチポン近くにアパートがあるので、暇を見つけては上パリしている、まかろんです。サンルイ島と目と鼻の先ですが、うちは騒々しい界隈です。

いつも楽しくお邪魔させていただいてますが、
今日は余りにも素敵な写真を見て、思い切ってカキコしちゃいました!この時間のこの風景、良いですよね~。でも、写真には難しい時間なのに・・・パチパチ

私のテリトリー、とろそれさんとかなりだぶってるので、どこかですれ違ってるかも。また宜しくお願いします。

わ~とっても幻想的です。お月様もだけれど空の色と(変化の仕方と)建物のバランスも素敵~ 3つめ、素敵な切り絵の絵本のようです。素敵素敵、腕ですよ♪♪(ばぶこさんにももっと強調しましょう :)vv
あと昨日からBlogPeopleと闘いまして、ようやく画面に出るようになった、、しかし更新マークが出ない~~;;徐々に調整しますが、とれそれさんの「海外から」に入れさせていただきました :) これからも宜しくお願いしま~す♪♪

もしかして、私が撮ったのと同じ日の三日月かな?たか~い所で、、白く小さくキラッとしてる感じがそっくりですね!
一昨日マラガでは、おおきなみかんみたいな満月でした!

小指の爪ほどのちっちゃな三日月にうっとりしてしまいました。
ノートルダムの塔の上に座っている三日月は、手を伸ばせば
届きそうですね。
ときどきお月様を掴みたくて、空に手を伸ばしてみることが
あるんです。でもお月様はいつも私の指先のほんの少し先に
あって、届かないんですよね。手が届かないから、憧れなのかも
しれませんね。

フランスに上陸して3日目。
いーやー。
日照時間の長いことに驚きました。
夜9時前でも明るい。
びっくり。

そして
パリジャン&パリジェンヌの人のせっかちさにも爆笑。
メトロ、まだ止まっていないのに・・・
ドアを開ける。
うー動いてますよおおおと叫びそうになりました。
交差点は大阪人、顔負けの横断。

さすがパリ。
最新です。

とはいうものの
一日歩き続けると
いし畳の道で腰や足が・・・・・
年か・・・と哀しくなりましたが、
好奇心のほうが大きくて

念願のクロワッサンも食べることができました。

サンルイ島もシテ島もぐるり。
面白いですね。(笑)

どの写真も絵になっていて素敵ですね~
またパリに行きたいものです。

>まかろんさんへ
初めまして~コメントありがとうございます!
なんとかっこいい!まかろんさんはプティポン近くにお家をお持ちとは!
う~ん。理想です。私はサンルイとは言え小さな貸し部屋住まいなので
いつかお金持ちになったらパリのアパートを買って‥と空想しています(笑)
どこかで私を見かけたら是非声をかけてくださいね。
コメントも大歓迎です!よろしくお願いします~♪

>go2rumaniaさんへ
ランキングでもgo2rumaniaさんのところに最新記事が出てなかったので
心配してたんですよ。だけどさっき見たら復活してるみたい。よかった!
リンク貼っていただいてありがとうございます。私も密かにリンク貼らせて
いただいてたので・・こちらこそよろしくお願いします♪
お月様の写真気に入ってもらえてよかったです。ルーマニアの空の写真も
みたいなぁ。パリよりもはるかに空気が澄んでるから美しいんでしょうね。

>あゆさんへ
マラガのお月様もきれいでしたね!
あゆさんもいつもお月様を追いかけていらっしゃるから楽しみです。
海に浮かぶお月様、いいなぁ~。あ~私も南に行きたい・・
そういえばあゆさん&かれんちゃんのパリ行き計画は順調に進んでますか?

>Monicaさんへ
Monicaさんは詩人だなぁ~。届かないから欲しくなる・・
なんだか恋愛に似てますね。なんちゃって(照)
Monicaさんちのナオミちゃんはまさにお月様とイメージがぴったり!
家のぎんすけは・・おだんごだ!!

>ゴン麹さんへ
いや~今帰ってきました(笑)
楽しかったですね~。もう沢山笑って飲んで食べました。昼間から(爆)
ゴン麹さんにパリのおかしな姿を沢山発見していただいたみたいで
うれしいです(ヘンな喜び方ですが・・)
だけど私もメトロは止まらないうちから飛び降りるし、信号も警視庁前で
赤でわたっちゃうからなぁ・・悪いところだけフランス化してるのが
だめですねぇ。どうぞ残りの時間も楽しんでくださいね~

>須藤さんへ
こんにちは!コメントありがとうございます~
須藤さんは何度かパリには遊びに来られているんですか?
私のようなだらーっとパリにいる人間でも散歩すると毎回新しい発見があって
やはりパリは魅力があるなぁと感心してしまいます。
私のブログをご覧になってパリに来たくなっていただくのはなんだか
うれしいですね~♪
非公開コメント

| 2017.10 |
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
Rechercher

Mon profil

とろそれ(河村晶子Akiko KAWAMURA)            

  • Author:とろそれ(河村晶子Akiko KAWAMURA)            
  • パリ・サンルイ島の小さなStudioに生息していたピアノ弾き。現在は東京在住。娘のN子、パリ生まれの猫の銀と一緒に暮らしています。ヘアメイクの夫C氏は現在マレーシアで単身活動中。

    ☆ホームページ開設しました☆
    ピアニスト河村晶子のホームページ
    http://akikokawamura.jimdo.com/




    Copyright 3soleils All Rights Reserved

Articles

Catégories

Archives

Link

Commentaires

Track back

ページトップへ