ヴァンヴの蚤の市。

20050222041926s.jpg


あ~~パリは最近大変寒いです。
それに伴って私の周囲でも風邪引きさん続出。
私も昨日から風邪コンコン。
ちょっとキケンな雰囲気・・沢山ビタミン剤飲まなきゃ!

先日とっっても寒い午前中パリ15区はずれにある
ヴァンヴの蚤の市に行ってきたので、そのお話を・・

人気ブログランキングに参加しています。
ここをクリックすると投票されますので
是非ご協力を!





久々の蚤の市だったのですが、何故か私が蚤の市に
繰り出す時はいつも寒いのです。
冬になると蚤の市にいきたくなるのでしょうか・・?

ヴァンヴの蚤の市はパリに幾つかある蚤の市でも
特に私のお気に入り。
有名なクリニャンクールの蚤の市も場所によっては
好きなのですが、観光地化されすぎているのと
スリが多そうでいまいち「ゆったり見る」という
雰囲気ではないのです。

あ、だけどヴァンヴの市にもきっとスリはいるので
どこの蚤の市でも出かけられる方は気をつけて!

最近日本からの方を蚤の市でよく見かけるので
絶対スリさんは狙ってるはず。ご注意を・・・

20050222041849s.jpg


ヴァンヴの蚤の市は規模はさほど大きくは
ないのですが、小さな歩道沿いには露天のお店が
所狭しとアンティークを並べています。

↑かわいいデッドストック物のアクセサリーを扱うお店。
激安ではありませんが、状態もいいし私の大好きな
感じの品揃え。
 
以前ここでボタンのようなブローチを購入した時には
1~2ユーロ程値引いてくれました。
それ以上の交渉は不可能!(しょんぼり)
お店の人もしっかりしてます。

今回はずっと使えそうなワイングラスを探す!という
目的だったのですが・・

寒くって足の感覚がなくなってきました。

ブーツで固めた私の足も寒さに耐え切れず次第に早足になり、
何か暖かい物に触れないとどうにも震えが収まりません!

そこで・・

20050222041906s.jpg


屋台カー(移動式カフェとも言う?)にて取り合えず
私はヴァン・ショー(ホット・ワイン)を注文。
お連れはカフェ(エスプレッソ)をお願いしました。

あ~~もう冷え切った体にヴァン・ショーはたまりません!

ヌクヌクの湯気に顔を真っ赤にしながら外で飲む
ヴァン・ショー。
冷たい空気が中に浮かぶシナモンやオレンジの
香りをより引き立たせてくれます。

そして単純な私はすぐに幸せ気分。
早く帰りたい!という気持ちは取り合えず収まり、
もう少し蚤の市散策です。

♪♪♪♪♪

蚤の市を奥に進んでいくと、さらにガラクタ市の
雰囲気が色濃くなってきます。

そこで私が見つけた掘り出し物!

20050222041831s.jpg


1ユーロのお砂糖いれです。

ここのお店はテント式の屋根のあるお店でしたが
何でかすべてが安い。日用品が主においてありました。

私はこの「のほほん」としたフォルムとガラス部分の
カットに一目ぼれ。
状態も極めていいし、これを使ってお砂糖を入れた
お茶を飲んだらまるでカフェにいるような感じになるかも。

そして・・

20050222041942s.jpg


蚤の市序盤に発見してその後も気になっていたのが
このグラスたち。
先ほどのお店ではなく、蚤の市入り口から少し進んだところ
にあるグラス専門店で発見しました。

お値段が私にしては結構勇気のいるお値段だったのですが、
彼の「日本に帰った時、焼酎が飲めるグラスが欲しい」
という要望と私の趣味が一致し購入決定!

お店のマダム(日本人バイヤーさんとお友達らしく
このお店は某雑誌に掲載されたそうです。その記事が
置かれてましたよ)に聞いたところ、
「ものすごく熱いエスプレッソなんかはNGだけど、
紅茶や熱い日本酒なんかはOKよ!」という答えが。

私達はまとめて6個買うかどうか迷いましたが
写真の通り6個まとめ買いだと一個8.5ユーロ(1170円くらい)
のところ、7.5ユーロ(1030円くらい)になるとのことで
6個まとめての購入に踏み切りました。

このグラスは1960年代のアンティークらしく、
最初気がつかなかったのですが見る角度によっては
かなりくっきりピンク色に見えるのです。

そして1個1個手作りのため、大きさも厚みも違います。
それがまた愛嬌があっていいですよね。

20050222050718s.jpg


これはずっとお付き合い出来そうな予感・・

お家に帰ってからこのグラスで飲んだ紅茶は
とてもとても美味しかったのでした。

人気ブログランキングに参加しています。
ここをクリックすると投票されますので
是非ご協力を!




Comment

フリーマーケット

TBありがとうございました!
フリーマーケットって本当に楽しいですよね。
私達も旅先では必ず地元情報を頼りに、いろんなマーケットに行きますよ。
(ちょっと埃っぽいのが難点ですが)
やっぱりこういう場所では「一目ボレ」ってありません?
もう絶対欲しい。一度通り過ぎてもやっぱり
引き返して買ってしまう~みたいな。
(引き返した時にもう売れてしまってたら凄いショック!)
ステキなグラスが見つかって良かったですね♪

joulupullaさんへ

そうなんです。
蚤の市での一目ぼれってありますよね。
そしてその時の直感って結構当たっていて
ずっと大事に出来るものが多いかも。

私はかなり北欧系の雑貨に興味が
あるのでフィンランドの蚤の市にも
行ってみたいです!

私だったら・・・

いいグラスですね、泡のような粒々がお気に入りです^^
私だったら、勝ち割りの氷を入れて焼酎入れてロックで呑みたいなw
窓辺に腰掛け、パリの夜景を見ながらチビッってね・・・海外へ一度も行ってないのによく言うね(笑)

ここは!!!

この市場には見覚えが!!!
超かわいいものが並んでいたのに、とろそれがしまる時間を勘違いし、私がゆっくりみれなかった、あの蚤の市!
とろそれにつれてってもらったパリ市場の中で一番素敵だったのに…。
ぶーぶーゆっくりみたかった。
ここでかった白の花のブローチかなりやくだってます。みんなにかわいいといわれるよ。
ってことで、6個入りのグラス、一つください(笑)かなり私の好みです!
あ、砂糖いれでもいいよ…ふふふ。
あぁ、ヨーロッパの市場にいきたいなー。
しかし!ばぶこ、明後日から韓国です~♪

あぶさんへ

今日はパリ雪景色なので
外を眺めつつ焼酎・・いいかも!

だけど我が家からの眺めは
あんまりよくありません。
上を見ると小さい空、
下を見ると・・ゴミ置き場なんです(笑)
非公開コメント

| 2017.10 |
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
Rechercher

Mon profil

とろそれ(河村晶子Akiko KAWAMURA)            

  • Author:とろそれ(河村晶子Akiko KAWAMURA)            
  • パリ・サンルイ島の小さなStudioに生息していたピアノ弾き。現在は東京在住。娘のN子、パリ生まれの猫の銀と一緒に暮らしています。ヘアメイクの夫C氏は現在マレーシアで単身活動中。

    ☆ホームページ開設しました☆
    ピアニスト河村晶子のホームページ
    http://akikokawamura.jimdo.com/




    Copyright 3soleils All Rights Reserved

Articles

Catégories

Archives

Link

Commentaires

Track back

ページトップへ