大好きなB級グルメ。

2005.02.19 23:53|Repas~食事

20050219005518s.jpg


パリというと「美味しいお洒落なフレンチが食べれて
いいなぁ~」とよく言われるのですが、学生でお金に
余裕のない私なんかはそんな高級なレストランには
かなり縁がありません。

行ったとしても・・すべて奢っていただいた時しか
ないなぁ(笑)
なので普段はお家でご飯を作るか、安い食堂に入るのです。

先日蚤の市に行った帰りお腹もすいてすごく寒かったので、
家までご飯を我慢できず14区のトルコ料理屋さんに
飛び込みました。

ここはパリに中華レストランと同じように沢山
存在するグレック(ギリシャ)サンドウィッチ屋風のお店。

グレックサンドウィッチとはマトン肉が大きい筒状で
焼かれて、そこから削ぎ取ったお肉を野菜と一緒に
ピタパンにはさむ豪快軽食でケバブとも呼ばれます。

トルコとギリシャって近いから食事も似てるのかなぁと
思いつつ小さなお店に足を踏み入れたのでした。


人気ブログランキングに参加しています。
ここをクリックしてね♪





20050219005631s.jpg


店内は入ってすぐがお持ち帰り用のケースがあり、
その奥ではもくもくとトルコ系のおじさんが
サンドウィッチを作っています。

私達はちょっと殺風景なテーブルにひとまず座り
彼はマトン肉たっぷりのお皿を注文。
私はKofteのお皿というのを注文。
1枚目の写真でもKofte料理が写っていますが、私は
まだこれに挑戦したことがありません。

どんなのだろ・・わくわく。

そしてまずテーブルにはキッチュな色がかわいい
水差しと、もっちりしたトルコ風のパンが登場。
ちょっと塩味がきいたこのふわふわパンは
普通のパンやさんでは絶対買えない味。美味しかったですよ。

20050219005650s.jpg


そして彼の注文したお皿がやってきました。
すごいボリュームでしょ?
多分日本の皆様が想像するよりもっと量があるかも
しれない、この一品。
細い体型の彼はほぼ全部食べきってしまいました。

マトンのお肉は臭みがありそうに思われがちですが、
このケバブ系のマトンは食べやすい。
だけど意外とお店によって美味しさにばらつきが
あったりするので、時々がっかりすることも・・・

ここのお料理はお肉もなかなかジューシーでフリットも
揚げたてで美味しい。かなりのボリュームだぁ。
・・と思ったらお肉の下に更に大麦の付け合わせが
隠れていました!彼もびっくり。
(大麦は一番最後の写真でお肉の下に敷き詰められた
ケチャップご飯みたいなもの↓が、それです。)

20050219005616s.jpg


そして私の注文したKofte。
Kofteとはこのお肉団子のことらしいのですが、
ひき肉(多分マトン肉)にパセリのような葉っぱを
混ぜ込んで焼いただけの、とってもシンプルなお味。
これもジューシーな感じで当たり!のチョイスでした。

この大ボリュームの1品が6ユーロ程だったので
安いですよね。もちろんパンも付いちゃうし。

日本に帰ったらフレンチは食べれるけどこういう
お料理はなさそうだなぁ・・

またパリでの気軽なグルメ情報、更新しますね~♪

人気ブログランキングに参加しています。
ここをクリックしてね♪




Comment

おいしそう~

とろそれさん、こんばんわ。
グレックは私のアパルトマンのすぐそばの通りに
とってもお勧めのお店があるのですが
トルコ料理はまだ食べてへんわ~
とろそれさんが頼んだKofte!
帰国までにぜひとも食べたいなあ~
私も練習の合間に、美味しい店もっと見つけようっと~!



ジューシーなケフタっていいよね。
某afは正に大好物で(大好物が無限にあるみたいだが)汗;
Tangerの港で出航前に立て続けに12本詰め込んで
うはうは言ってる姿を私は見た・・・
というわけで、ひき肉にコリアンダー(香菜)とにんにく刻み込んで、棒状にして焼いてあげるんですが(モロッコ風に)、なかなかジューシーにいかない。勉強しま~す

ケバブ大好きです♪

 おいしそ~、そう「安くても美味しいもの」が基本ですよね・やっぱり!高いお金を出したら美味しいものは当たり前!なんて・笑  
 ルーマニアにもケバブを売っているところがあります。TakeAwayですが。
 日本でいうと、六本木の911の並びに朝までやってる(24hrs?)トルコ料理屋さんありますよね・2階も座席があるところ。よくケバブ食べました♪あ~六本木、懐かしいわ・笑

はじめまして

とろそれさん、はじめて遊びにきました。
このケパブ系は私も好きで 安いので赴任当時はよく近くの店へ通っていました。
私は辛い豆板醤のような味噌をたっぷり付けて食べてました。最近行ってないですね。 また来ます。
銀ちゃん かわいいですね

ラヴィ♪さんへ

そういえばラヴィさんは行きつけの
お店があるって言ってたね!

14区のC氏の家の近くにも美味しいところ
あるのですが、ちょっと量が少ないねぇ
と2人で話しています。

フツーに考えたらすごい量なんだけど
ケバブ=ボリュームばばーん!に
慣れてしまい、それでは物足りない私・・

ヤバイ!!!

andamarさんへ

ケフタにお詳しいんですねぇ。
私記事に「パセリの様な葉っぱを・・」
と書いていました(照)
あれはコリアンダーだったんですね。
コリアンダー大好きなのに気づかなかったです・・反省!

しかし・・某afさん、素晴らしい食欲!
私も本場に行ったらまさしくafさん
状態になりそうな予感がします(笑)

go2rumaniaさんへ

おお~!
日本にもケバブ売ってるところ
あるんですね!
さすが東京、ないものはないなぁ・・

そしてルーマニアのケバブもカナリ
気になります。
やはり同じヨーロッパでも国によって
味付けとか違うんだろうか・・

マックとかのファーストフードも
国によって若干違いがありますよね。

ks_franceさんへ

遊びに来ていただいて
ありがとうございます!

豆板醤のような味噌ってお店に
置いてあるものなのでしょうか?
だとしたらアリサかなぁ?
あれも私大好きですよ!
辛いけど癖になる旨みがありますよね。

あ、だけど本当の豆板醤を付けても
結構美味しそうですよね。
今度持ち帰りした時豆板醤付けて
食べてみます♪

今日は・・・

うわ~~メチャメチャ旨そうやん(桑名弁w)
トルコ料理って洋の東西が融合してメチャウマ!って話聞いたことがあります。
また、食べないといけないものが増えました(^^)

PS:最近、原因は分からないんですけど、とろそれさんのblogに来るのに難儀しています。とても重たいんです。
今日は何とか来れましたけど、この3~4日たどり着けませんでした。
私だけでしょう、こんな事・・・
懲りずに毎日チャレンジしますので、来れたときだけコメントしますね^^
ゴメンナサイ(ペコッ)

あぶさんへ

ええ?!うちのブログ重たいですか?
もしかしてFC2ブログさんの問題
かもしれませんねぇ・・
他の方はどうでしょう?
一度調べてみます。

ケバブは安くて美味しいし私のような
学生の見方ですね。
この量を平らげてしまうことが
最近心配ですが・・

パリは最近寒いので、エネルギー補充
ということで沢山食べます~!

早速遊びに来ました!

早速遊びに来ました!銀ちゃんととろそれさんのお顔も見れて、何だか興奮気味です♪
で、このトルコ料理屋さん。B級グルメって、グルメって付く位ですから、やはり美味しいですよね!しかもトルコ料理って美味しいと良く聞きます。
パリにお住まいで、本当に羨ましい!!
フランス・パリに行ってみたいのに、お金がないのと、言葉が全く話せないという恐怖があって行った事がありません。
いつかは行ってみたいなぁ~。

ハピカムさんへ

わ~早速遊びに来ていただいて嬉しいです!

このトルコ料理やさんは、見る人に
よっては決してグルメガイドには載せる
べきでない!と怒られそうなのですが・・

だけど私にとってはこれも立派な外食!
安くてしかも美味しければもう私の
中ではグルメの印が押されたも同じ
なんです(笑)

ハピカムさんはパリにいつかいらっしゃ
いたいとのこと。
結構最近はフランス人も英語を喋るし
パリは世界で1番観光客が訪れる街なので、
言葉はご心配されてるより問題ないと
思いますよ。

是非遊びに来てください!
非公開コメント

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

バーゼル散策

ドイツやフランスでもケバブは有名なんですね。トラックバックさせていただきました。
| 2017.04 |
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
Rechercher

Mon profil

とろそれ(河村晶子Akiko KAWAMURA)            

  • Author:とろそれ(河村晶子Akiko KAWAMURA)            
  • パリ・サンルイ島の小さなStudioに生息していたピアノ弾き。現在は東京在住。娘のN子、パリ生まれの猫の銀と一緒に暮らしています。ヘアメイクの夫C氏は現在マレーシアで単身活動中。

    ☆ホームページ開設しました☆
    ピアニスト河村晶子のホームページ
    http://akikokawamura.jimdo.com/




    Copyright 3soleils All Rights Reserved

Articles

Catégories

Archives

Link

Commentaires

Track back

ページトップへ