大変だった・・発表会。

2005.02.13 23:07|Musique~音楽

今日は一年に一回ヴェルサイユ近郊である
I先生門下生の発表会。
私も毎年出させていただいている恒例行事なのですが・・

もう今年はある意味忘れられない
発表会となってしまいました(涙)

20050214051819s.jpg


銀「とろそれ、大丈夫??」

私の大変だった日曜日とは・・

人気ブログランキングに参加しています。
是非ここをクリックしてね♪





まず7時起床。
昨日の夜食べたC氏作、スタミナたっぷりの
モツ味噌鍋が少しお腹にもたれているけど
まぁまぁのさわやかな目覚め。

20050214062648s.jpg



↑C氏作、味噌仕立ての味噌仕立てのモツ鍋。


朝早すぎて本番前のピアノ練習が出来ないのが
心残りだけど、休みの日の早朝なのであきらめてメトロへ。

だけど・・日曜朝なのでなかなかメトロが来ない!

焦りつつ待つこと10分。
これは・・郊外線に乗り換えるモンパルナス駅構内で
人目構わずのダッシュになるな・・と私は覚悟を決めました。

20050214063245s.jpg


↑これは先日撮影した4番線ダンフェール・ロシュロー駅。

そしてメトロモンパルナス駅を降りて・・走る!!
だけどモンパルナス駅のメトロ4番線から
郊外電車の出るホームまでは、もう悲しいほど遠い遠い・・

途中歩く歩道があって、すごく高速なスピードで
進むものと普通のスピードのもの、
2種類用意されているのですが・・

何でかいつも高速の歩く歩道は調整中で動いてない!!
(今までそれに乗れたのは・・たったの2回しかないのです!)
私は万年調整中の「高速歩く歩道」を恨みつつ走ります。

だけど・・努力の甲斐空しく乗る予定だった電車は
私の目の前で行ってしまった・・

わ~ん!こんな日に限って!!

私は取り合えず30分後の目的地の手前まで行く電車に
乗ることを先生に連絡し(I先生、迎えに来ていただく
予定だったのにごめんなさいっ!)パン屋さんで
クロワッサンと水を買い発車を待ったのでした。

20050214063441s.jpg


↑これは先日の私のお昼ご飯。(文とは関係ないですが)
 私のお気に入りの14区のパン屋さんのサラダと
 パン・オ・レザン。



だけど・・何だか体調がおかしい。
気持ちも焦っているせいか若干気分も悪いのです。

まぁパン食べたらよくなるだろうと思っていたら・・

♪♪♪

その後目的地の手前のヴェルサイユ・シャンティー駅で
降りた私はタクシーに急いで乗り込みます。

運転手は首の後ろにたっぷりお肉をつけた
朗らか系のおじさん。

軽快にスピードを上げ目的地に向かってくれるのですが・・
毎度のことながらタクシーの運転手さんは運転がハゲシイ。

私は気分が徐々に悪くなりつつあるのをごまかす為、
目を閉じおじさんの運転に身を任せます。

途中おじさんの他の車への窓ガラスを開けてまでの
ヤジも聞きつつ何とか集合時間前には到着。

だけど体調は最悪。吐き気がすごいのです。
(お食事中の方、申し訳ない!)
即お手洗いに駆け込む私・・

こんな状態の中、発表会はまもなく始まりました。

♪♪♪

今日の発表会は伊藤先生の生徒さんの中でも
幼稚園から中学生くらいのお子さん達が出演されました。

みんな小さいけどよく頑張っています。
メロディーの歌い方はまるでI先生そっくりな
生徒さんが沢山。みんな弾き方が先生に似てくるんですよね。

そして私がピアノを教えている日本人学校6年生の
Aちゃんも無事演奏終了。

普段のレッスンが彼女のお家の電子ピアノを使って
いるのでグランドピアノでの演奏はとっても心配でしたが、
曲の終わりまで丁寧に演奏してくれて私はもうろうとした
意識の中安心して演奏を聴いていました。

そして私の番。今日はベートーヴェンの小品、
「失われた小銭をめぐっての興奮」というちょっと
風変わりな曲を演奏しました。

この題名は後世誰かが付けたものらしいけど、
部屋で落としてしまった小銭を必死に探している風景を
思い出させるこの曲は、最初から最後まで目の回るような
テンポで弾かなきゃいけない作品なのです。

もう当の私は既に目の回っている状態。
I先生が私の紹介をしてくださっている時でも既に
舞台がかすんで見えます。

そして、ここでも覚悟を決めてピアノの前へ。
まぶしいライトで照らされた真っ白い鍵盤が私の頭に
痛く突き刺さります。

演奏の出来は・・というと、お客さんごめんね!
というほどミスタッチが多くて私にとっては悲しい結果。

今まで人前で演奏した中で一番体調が悪かった今日の
発表会だったのですが、とにかく最後まで冷静に
ピアノに向かえたのはいい経験になったかなぁ(一応前向き)

ですが演奏後は速攻またもや吐き気に襲われ、午後も
ずっと辛い一日になってしまいました・・

20050214051849s.jpg



そして最後に演奏されるI先生。
先生は先日ラヴェルのお家でも
演奏されたドビュッシー作曲「沈める寺」と、同じく
ドビュッシー作曲「八本指のためのエチュード」を
演奏されました。

実は!先生も私と同様朝から吐き気(食べたものが
食道に詰まってしまわれて・・それは辛い。。)
と戦いながら発表会を終えられたそうです。

先生、お疲れ様でした・・!!!!

20050214051908s.jpg


↑私の生徒さんから頂いたチューリップのブーケ。
 帰りの電車の中、このお花たちは春らしい軽やかな
 香りを漂わせてくれました。

人気ブログランキングに参加しています。
是非ここをクリックしてね♪



Comment

辛そう~

文を読んでるだけでも辛くなってきましたw
しかし、原因はなんだったんでしょうね。たくさんあって特定できない、もしかしてそのすべてが原因だったりして・・・。
素敵な演奏の その裏のドラマ いいもの読ませていただいてます(^^)

あぶさんへ

いや~~お恥ずかしい!
本当はこんな失敗談書かないでおこう
とも思ったのですが・・

これも、私ですね。
というか私の周りの人々にとっては
こういうハプニングが多い子、と思われ
てるのだと思います。はずかしぃっ。

原因はなんだったのでしょうね?
私もいまいちわかりません。

しかし演奏中は本当にきつかった・・
だけど、そんなことにも負けない
ピアノ弾きになりたいです。
体調管理、ちゃんとしないと
いけませんね!

あぶさんに引き続きばぶコメント

よく吐くねー、とろそれ…
母曰く、とろそれは小さいころからよく吐いていたとのこと…
すべての原因は暴食か…!?
とにかく、体調管理はちゃんとしてねー!
余裕をもって家をでましょう。
30分前に家をでて、寒いバス停で待ってしまう私と足して2で割りたい…。

ばぶこへ

ばぶは時間きっちりしてるのね・・
私は結構ギリギリタイプだから
こういうことになっちゃうのね。
毎回レッスンは郊外電車で行くので
早めの出発を心がけてたんだけど・・
今回はもう大失敗だわ!

吐き気をもよおすのも昔からなのね・・
私は別に体調が悪くなくっても
太陽の光を浴びすぎたりするとげーっと
なっちゃったりするもんなぁ。

嫌な体質!!

こんにちは!

とろそれさん、こちらでははじめまして!
うちに来てくださってどうもありがとうございます♪
大変な発表会だったのですね~。
私も小さい頃から高校に入るまで、先生泣かせの
練習しない子でしたが、ピアノを習っておりました。
発表会はいつも心臓が口から出そうなほど緊張して
いたけど、その上気分が悪いなんて・・・考えられない(苦笑
もう体調はいいのでしょうか?
読み始めてから、“もしかして、このモツ鍋に?!”
なんて思ってしまいましたが、別にそうでは
なかったのですね。Cさん、ごめんなさい!

お疲れ様でした!

辛いのによく頑張って弾かれましたね。
さすがプロです!

同じ「人前でピアノを弾く者」として、
この体調不良の中での演奏は、本当に辛いのがよく分かります。
私なんか、何か大きなコンサートがある時に限って、38度の熱があったりとか。
ふらふら状態で、何弾いたか覚えてないぐらい。(苦笑)

自分の演奏を「代わってくれる人はいない」んですもんねー。穴を開けるわけにはいかないし。身体は辛いし。

今日はゆっくりと静養してください!

モネさんへ

モネさん、こんにちは!
遊びに来ていただいて
ありがとうございます。

せっかく遊びに来ていただいたのに
この私の体調不良の話題とは何だか
申し訳ない・・・

モネさんもピアノ習われてたんですね。
私も小さい時、ピアノの発表会の前に
なると異常に緊張してしまい、何度も
あくびが出て困りました(笑)

C氏のモツ鍋は・・美味しかったし
多分これが原因ではないでしょう!

モツ鍋はカーン風トリップをそのまま
豪快に味噌仕立ての鍋に放り込む
彼のオリジナルです。
美味しかったですよ~~。



joulupullaさんへ

joulupullaさんもピアノ弾かれる方だから
この苦しみ解ってくださいますね(涙)

しかし38度の熱が出て演奏するのは
もうぼーっとしちゃうかも・・
私はまだそんな経験はないですが、
これからないとも言えませんよね。

またこれから単独コンサートや学校の
コンクールなどピアノを弾く機会が
多いので体調にはホント気を
つけなきゃなぁ・・。

joulupullaさんも演奏活動頑張って
くださいね~!

ヴェルサイユ!

いやはや、お疲れ様でした!
こういう時って、ヴェルサイユまで遠いんですよね。
私はrive droiteの駅ですが、パリでビールを飲みすぎて、トイレを我慢しつつ、必死の思いで帰ったことがあります。
あの時は長かった・・・。

makimakiさんへ

makimakiさんのそのシチュエーションも
かなりきつい・・・・
その状況も絶対避けたいですね。

私がいつも利用するC線はパリ市内を
のら~りくらりと走るので40分は
かかっちゃいます。
デファンスからだったら20分なんだけど
なぁ・・

それにしても昨日の電車はきつかった!
とほほ・・・・・

以前書きこしたコアラです。

私はピアノ弾きではありません(笑)
オランダに留学していて、フランスにはよく遊びに行きます。

私も昨日モンパルナス駅を走ってましたよ!

コアラさんへ

こんにちは。また遊びに来ていただいて
ありがとうございます!

コアラさんもなんと私と同じ日に
モンパルナスを疾走していたとは驚き!

そしてさっきコアラさんのブログに遊びに
行ったらパリで美容院に行かれたとの
こと。すっごいサービスがいいんですね。
コーヒーまで出してもらえるなんて
かなりびっくりです。

私は彼がヘアーメイクのお仕事してるので
髪はいっつも彼に切ってもらってるの
ですが・・

私はカットが気に入らないとすぐ
ぶーぶー言うのでよくそれで喧嘩に
なります。

お金はかからなくていいけど度々
喧嘩になりそうになるのはちょっと
考え物です。
(私がうるさすぎるのかな?)

これはガストロですね。日本でノロウイルスとしてかなりはやってます。フランスでは一度もかからなかったのに、先日やられました。

お大事に、といってもあれは一日でけろっと治りますね。ではまた。

遠い親戚さん!

お久しぶりです。
そして遊びに来ていただいて
ありがとうございます!!

しかしやはり私のあの吐き気は
ガストロでしょうか・・
走ったりしたからかなぁと思いましたが
それにしては重症だったからなぁ・・

実はC氏も前日の夜そんなに呑んでないのに
突然嘔吐してしまったんですよ。
2人してかかっちゃったのかもしれませんね。

それにしてもガストロ=ノロウィルスとは!初めて知りました・・
さすが細菌の研究者さんだなぁ。
非公開コメント

| 2017.10 |
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
Rechercher

Mon profil

とろそれ(河村晶子Akiko KAWAMURA)            

  • Author:とろそれ(河村晶子Akiko KAWAMURA)            
  • パリ・サンルイ島の小さなStudioに生息していたピアノ弾き。現在は東京在住。娘のN子、パリ生まれの猫の銀と一緒に暮らしています。ヘアメイクの夫C氏は現在マレーシアで単身活動中。

    ☆ホームページ開設しました☆
    ピアニスト河村晶子のホームページ
    http://akikokawamura.jimdo.com/




    Copyright 3soleils All Rights Reserved

Articles

Catégories

Archives

Link

Commentaires

Track back

ページトップへ