ハトの見張り番。

2005.02.11 23:20|ぎん

今日は銀の日常をご紹介します。

これは去年の春のひとコマ。

いつも銀は彼の家のバスルーム横の出窓に
座っているのですが、その目的は・・

20050212201833s.jpg


中庭(といってものすごく狭い明り取りだけのための空間)
に住み着いているハトの見張り番をするためなのです。

この日は私が見た中で一番銀とハトちゃんたちが
接近していて私もドキドキ。
二羽仲良く銀のことを見つめています・・

私も息を凝らしつつ近づくと・・

☆人気ブログランキング☆




20050212201812s.jpg


あ~~~・・・
私の物音に気づいた一羽が飛んで行ってしまいました・・

銀ちゃんごめんよぅ。

♪♪♪♪♪

そして・・つい先日。
私がバスルームに入ると・・

20050212201940s.jpg


ぬぬっ。あやしい黒い影っ。

20050212201916s.jpg


・・と思ったらすんごいグラマーおしり(笑)

銀がまたハトの見張り番をしていたのでした。
それにしても先日に引き続きすごいグラマーおしり・・

20050212201857s.jpg


あっ。銀ちゃん、何か見つけた?

20050212202000s.jpg


・・と思って私も見たのですが、今日はずいぶん上の
方にハトさんは集っているようで銀からは見えません。

ハトたちのちょっと勝ち誇ったような「ホーホー」という
声だけが、私たちには聞こえてくるばかりでした。

銀、次は頑張れ!!

銀ちゃんに暖かい応援を・・人気ブログランキング









Comment

(≧m≦)ぷっ!

銀ちゃん、2回も言われちゃってぇ~!
>すんごいグラマーおしり
このフレーズ、かなり私的にツボでした。
ほんと、猫って体のわりにおしり大きいですよね。
銀ちゃんは、体重どのくらいあるんですか?
ちなみにナオミは3キロです。すっごいスリム。
銀ちゃん、いつの日かハトさん捕まえられるといいね。

銀ちゃん、ハトの見張り番 ご苦労さんですwww
うちのGOOは何キロかな?計ったことないけどスリムですよ~笑

GIN

銀ちゃん可愛いよ!!見てると触りたくなるよ!!(よしよし。。ってしたい!)でもネット上は触れないから、残念~~~!!今度はパリに行ったときにあそぼう!!KAZU

Monicaさんへ

ナオミちゃんはスリムですよね~。
だから動きが優雅そう。

銀は現在4キロくらいみたいです。
前獣医さんのところに予防注射を打ちに
行った際、「体重を量ってください」と
お願いして「どうやて計るのだろう・・」
と興味しんしんで見ていたら、獣医さんが
銀を抱えて自らがフツーの体重計に
乗っていました。

そして「ん~4キロくらいだよ!」と
告げられたんですが・・
ホントなんでしょうか(笑)
日本はもっとちゃんと計ってくれますよね?





あぶさんへ

GOOちゃん、写真で見る限りやはり
銀よりはスリムっぽいですね。
銀は男の子なので骨格がしっかりしてる
のかな・・

以前獣医さん(上のコメントでも
書いた方です)に
「この子太ってますか?」と聞いたところ
「全然!標準です。」
と言われたので私達は安心してるんですが・・

私に似て(?)太りやすい体質なのかな?

KAZUさんへ

昨日KさんなどKAZUさんがよ~く
知ってる人々がC氏の家に来て銀ちゃんと
遊んでくれたんだよ。
銀はみんなの膝の上に乗ったり結構ご機嫌
でした♪

KAZUさんの話も出てたけど・・
くしゃみしなかった?

パリ行きももうすぐだね。
それまでブログの銀で我慢してね・・
非公開コメント

| 2017.07 |
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
Rechercher

Mon profil

とろそれ(河村晶子Akiko KAWAMURA)            

  • Author:とろそれ(河村晶子Akiko KAWAMURA)            
  • パリ・サンルイ島の小さなStudioに生息していたピアノ弾き。現在は東京在住。娘のN子、パリ生まれの猫の銀と一緒に暮らしています。ヘアメイクの夫C氏は現在マレーシアで単身活動中。

    ☆ホームページ開設しました☆
    ピアニスト河村晶子のホームページ
    http://akikokawamura.jimdo.com/




    Copyright 3soleils All Rights Reserved

Articles

Catégories

Archives

Link

Commentaires

Track back

ページトップへ