パリ話満載、Sakuraさんとのトーク・コンサート。

2010.08.20 19:56|Musique~音楽
IMG_9875.jpg

















お盆過ぎても暑い暑い・・

私は今実家がある三重県・川越町に帰ってきていますが、
先日はお隣の桑名市がその日の全国最高気温を打ち出すなど
まるで溶けるような暑さが続いています。

↑の写真はこのブログでも告知させていただいていた
8月10日に茨城県・日立市で開催したコンサートの模様。

奥が逸見さくらさん(このブログではSakuraさんで度々登場)、
手前のピンクが私「とろそれ」こと河村晶子です。

今日はコンサートの模様、打ち上げの様子をUPしたいと思います。

♪人気blogランキング♪
IMG_9827.jpg



会場は日立駅からすぐの日立シビックセンター。
多用途ホールという黒を基調としたなかなか素敵な会場です。

平日14時開演にも関わらず、100人以上のお客様に
お越しくださいました。

Sakuraさんは8月4日に東京に着くなり我が家に滞在。
それからは怒涛のの日々。外が暑いか雨かわからないほど
ほとんど引きこもって練習をしていました。

パリでの友人と長い間一緒に過ごす、しかもコンサートを
開催する、ということは想像以上に楽しく、そして
刺激を受ける日々だったなぁ。とにかく楽しかった!

本番は特に連弾の3曲(ドビュッシーの小組曲、ラヴェルのボレロ、
ガーシュウィンのラプソディ・イン・ブルー)が完成まで持っていける
かどうか・・でかなりドキドキでしたが、私にとっては気心しれた
Sakuraさんと一緒の舞台に立てて緊張よりもワクワク感が溢れた
感じがします。連弾ってやっぱり楽しい!



IMG_9818.jpg



















トークは今回初めて2人で行うということで「ダラダラ長くならないか」
「うまく会話のパスが渡せるか」など心配していましたが、
主催者の方が思っているよりコンパクトな時間で終わって一安心。

内容は曲紹介はもちろんしたのですが、それよりも学校での試験の
裏話など2人の思い出話が多かったかな。

ディプロム試験の課題曲の発表が試験の2ヶ月弱前で、その学年を
受ける生徒がわ~っと楽譜屋さんに押し寄せて異様な光景を作るとか、
今回も演奏した現代音楽作曲家のカステレード氏の曲が課題曲になった時
試験の審査をするのがその作曲家本人で驚いた、とか・・

とにかくSakuraさんと話していると(舞台上でも)パリ時代に
戻ってしまうから不思議です。

↑写真はトーク中での客席とのやりとりの最中。
前列にSakuraさんのパリでの生徒さんとそのお母様(有名オーケストラ
で活躍されていらっしゃる!)がいらっしゃって、ラヴェルのボレロに
ついて質問しちゃいました・・


IMG_9896.jpg















コンサート終了後、すっごく可愛い2人組がお花を持って登場♪

やっとのことで抱えた大きな花束を持って「ありがとうございましたっ!」
と大きな声で言ってくれた男の子。可愛い~。癒されちゃいます。

そういえば我が子N子(もうすぐ2歳)もコンサート会場に来ていたのですが、
1曲目を演奏し終わりトークに入るや否や「ママ~」と大歓声・・
すぐにN子退出しました(涙)

やはりきちんと聴くにはまだまだ時間がかかりそうです。
お客様、失礼いたしました!


IMG_9919.jpg

















コンサート終了後はピアノバー(?)のような雰囲気のベルギー館
(白耳蟻館と書いてベルギーカン)に場所を移動し2次会へ。

今回このコンサートを企画、開催していただいたのはSakuraさんの
叔父様の逸見さん。Sakuraさんは北海道出身なのですが、叔父様は
この日立市に長年お住まいなのです。

そして逸見さんは超が付くほどの美食家。
二次会はものすごい気合で美味しいハムやパンなどをわざわざ
用意されて、かなりクオリティの高い雰囲気。
逸見さん曰く、二次会のほうが力を注がれたそうです。
ローストビーフも美味しかったぁ~ビールも美味しかったぁ~

IMG_9920.jpg
















折角ピアノのあるレストランを借りていただいたので、
演奏しますよ、私達。まだまだ余力は残してました。

Sakuraさんは現在パリの学校のジャズ科に席を置いているので
名曲サマータイムを。私は今回三重からはるばる聴きに来ていた
私の母からの助言(?!)を元に、美空ひばりさんの「愛燦燦と」
「川の流れのように」などを演奏しました。クラシックじゃないし(笑)

だけどこれが二次会参加組の方々に大ウケ。皆様の年代が美空さんファン
の方が多かったのかしら?まるで歌声喫茶のような状態になりました。

IMG_9938.jpg

















最後は逸見さんへの拍手で終了!感謝感謝ですね。

見知らぬ土地でこんな楽しいひと時が過ごせるなんて、
やっぱりピアノを弾いててよかったなぁと感じる一日でした。

☆写真はすべて吉川様撮影のものを使用させていただきました☆


♪日立市は海が近くてとても素敵な街でしたよ♪人気blogランキング♪







テーマ:茨城
ジャンル:地域情報

Comment

ひゃっほう!
ありがとー しっかりとそして素晴らしいまとめも。。
私のUPしなきゃいけないmixi日記 このblogにみなスライドさせてもらおう!!

衣装提供もありがとう! 我ながら似合っているかも、、と満足です♡(ある謎のお肉が出現する以外はサイズぴったりだし 笑)
ピアノっていう楽器が横にあるのでさすがに漫才コンビには見えないけれど ファイル持ってトーク中の2人は写真によってはデュエットしてるようにも見える(汗。。。)

waowao~☆
すっごいステキな時間を過ごしてたんだね。
とろそれちゃん、髪の毛伸びたーって現実的な驚きも(笑)
2次会の雰囲気がまたとっても魅力的。
美空さんももちろん、生サマータイム。聞いてみたいわ~^^
N子ちゃんの「ママー」ってなんかキュンときちゃった。
ちゃんと大人しく聴けるようになる頃には、舞台のママを誇りに思えるんだろうね☆

本当に二次会含め、楽しかったですね。
ブログ読んでいたら、あの日に戻っちゃいました。

●sakuraさんへ

北海道での暮らしはいかが?
東京はまだまだ溶けそうな暑さ・・

コンサートはたくさんいい思い出が出来たね。

ドレス、sakura姉さん似合ってた!
紫チョイスで正解です♪

また来年もできるといいねぇ・・

●richacoちゃんへ

お久しぶり!!

コンサートは楽しかったよ♪暑い中の練習はきつかったけど
よい思い出になったわ♪

N子の「ママー」は以前にもあったので用心していた
のだけど、今回は絶妙なタイミングで発生・・

とっさにトークでごまかしたけど冷や汗よね。

今ではピアノ大好きなN子だけど、いつか嫌いに
ならないか心配よ。はぁ~

●ちみさんへ

ほんと、あの日に戻りますよね!
ちみさんとゆっくりお話出来なくて残念でした・・

お食事もおいしかったし♪
また来年コンサート出来たらその時もお会いできたら
嬉しいですね。息子さんにもよろしくお伝えください♪

とろそれさん、先日go2rumaniaさんのオフ会でCDが当たったlundimancheです。
全部聴いてから・・・と思ったら、御礼が遅くなってしまいましたっ!

CD、演奏は勿論ですが、MCも楽しかったです^^♪
曲が出来た背景(ショパンとジョルジュ・サンドのお話とか)や、記事にもかかれていますが、カステレード氏ご本人の前で演奏!というエピソードなどなど、お話を聴いてから演奏を聴くと、聴く側の想像力も増しました!
素敵なCDをありがとうございました♪

ブログの記事、パリの香りが漂ってますね~!素敵^^
また遊びに来ます♪♪♪

●lundimancheさんへ

こんにちは!!先日は楽しかったですね~~

私のCD、なんだかお恥ずかしい~と思いながら
rumaniaさんにお渡ししました(汗)ですが全部聴いて
いただけて嬉しいです。

MCもsakuraさんと行きあたりばったりトークだったのですが
お客様の雰囲気が温かかったので助けていただきました。

カステレードさんの話は結構びっくりされます。
そういう環境がとても勉強になりましたね・・

ブログの過去記事はパリ満載ですのでまた覗きにきてくださいね~
非公開コメント

| 2017.10 |
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
Rechercher

Mon profil

とろそれ(河村晶子Akiko KAWAMURA)            

  • Author:とろそれ(河村晶子Akiko KAWAMURA)            
  • パリ・サンルイ島の小さなStudioに生息していたピアノ弾き。現在は東京在住。娘のN子、パリ生まれの猫の銀と一緒に暮らしています。ヘアメイクの夫C氏は現在マレーシアで単身活動中。

    ☆ホームページ開設しました☆
    ピアニスト河村晶子のホームページ
    http://akikokawamura.jimdo.com/




    Copyright 3soleils All Rights Reserved

Articles

Catégories

Archives

Link

Commentaires

Track back

ページトップへ