ルールマランでのヴァカンス。

2010.07.25 23:16|旅~Voyage
001026 - コピー



























最近再放送されていた番組「フランス 小さな村の物語」。

何気なく録画して見ていたら、何とも懐かしくほっこりするフランスの
田舎町の姿に癒されました。


そして私は数年前のヴァカンスの写真を引っ張り出し。。

友人ピアニスト稲田潤子さんの南仏でのコンサートを開くと
言うので何故か一緒にくっついて行った私。
エクサン・プロヴァンスからほど近いルールマランlourmarin
2週間ほど旅行した時を思い出したいと思います。


↑写真はルールマラン城を背景に強烈な日差しの中歩く潤子さん。
このお城で寝泊まりをさせていただき(ホテルではないのでかなり
貴重な体験でした)、潤子さんはコンサートを開催しました。


♪人気blogランキング♪
001031 - コピー


ルールマランは田舎にポツンと出現する南仏らしい素朴な街。
今では日本のガイドブックでも取り上げられることもあるそうですが、
当時はほとんど知られていない街だったと思います。

小さな街中に何軒かカフェがあって、コンサート前の潤子さんを
引っ張り出しパスティス飲みに行ったのが懐かしい。


そして今の日本も暑いけど、やっぱり南仏も・・暑かった。

とにかく日差しが日本(東京)と比べ物にならないほど強烈。
サングラスしないとすぐ頭がガンガンしそうなほどです。

私は暑さを強調したいのか、意味もなく畑の真ん中で写真に納まる。



001027 - コピー



























そして南仏といえばオリーブ。

食事でもおつまみに、お料理のアクセントにと
オリーブの実は欠かせない存在です。
あ、もちろんオリーブオイルも日本でもすっかり
市民権を得てますよね。

私、オリーブの木が昔から大好きで、今もマンションのベランダで
小さな苗木を育てているのです。

ですが、やっぱりオリーブは広くて強烈な南仏の空の元が似合うなぁ。
この写真を見たら東京のマンションのベランダには可哀そうな
気がしてきました。


ヴァカンス、行きたいなぁ・・♪人気blogランキング♪



私も持ってる一冊です。
ルールマランの記事も載ってて、パラパラめくるだけで
南仏にトリップしたような気分になっちゃう。
・・って実際行きたいなぁ。早く。

テーマ:ヨーロッパ旅行
ジャンル:旅行

Comment

非公開コメント

| 2017.04 |
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
Rechercher

Mon profil

とろそれ(河村晶子Akiko KAWAMURA)            

  • Author:とろそれ(河村晶子Akiko KAWAMURA)            
  • パリ・サンルイ島の小さなStudioに生息していたピアノ弾き。現在は東京在住。娘のN子、パリ生まれの猫の銀と一緒に暮らしています。ヘアメイクの夫C氏は現在マレーシアで単身活動中。

    ☆ホームページ開設しました☆
    ピアニスト河村晶子のホームページ
    http://akikokawamura.jimdo.com/




    Copyright 3soleils All Rights Reserved

Articles

Catégories

Archives

Link

Commentaires

Track back

ページトップへ