相変わらずの銀と、コンサートのお知らせ。

2007.04.27 22:30|ぎん
20070427221103.jpg

こんにちは。皆様ゴールデン・ウィーク直前いかがお過ごしでしょうか?
最近の私は5月6月にコンサートを控えているのでその準備などを
しつつ、三重と東京をフラフラ(?)行き来している状態です。

そんな中、私は昨日修理の為に自分の自転車を運んでいたのですが、
運悪く重たい自転車が私の左人差し指の上に当たって(乗っかって)しまい
打ち身という負傷を負ってしまいました…
お陰で人差し指は腫れてしまい湿布生活に突入状態(涙)

相変わらずのおっちょちょいな私。
「本番前の怪我」はパリ時代から変わりませんね…がっくしです。


ところで変わらないのは私だけではなく、東京で暮らす銀も同じなようで…


☆さんるい横丁は人気blogランキングに参加しています☆
        ♪人気blogランキング♪



↓続きは銀のオマヌケ写真とコンサートのお知らせです↓
20070427221121.jpg

東京のとある街に引っ越してきた銀。
興味津々で狭いベランダを探検中の模様。
隣のラーメン屋さんの壁が迫ってきていますが、どうやら
飛び移りたい気配が・・これ以上行かないでね、と見守る私。





・・・それから5分以上経過。

全く銀が動く気配なし。





20070427221149.jpg

銀に近づいてみると・・

手すりが狭くて怖いのか、後ろ足が宙に浮いた状態に(笑)
普通の猫ちゃんだったら2階の高さはそんなに怖くないんじゃない??
結局私が銀を救出するまでず~っとこの体勢を保っていた銀でした。




・・・とオマヌケ銀の写真をご覧頂いたところで5月と6月の
コンサートの告知をさせていただきますっ!



一つは名古屋駅前のホテルアソシア名古屋ターミナルでの
ディナーショーです。あと一ヵ月後くらいかな?
私は歌手の方やヴァイオリンの方の伴奏で出演ですが、美味しい
お料理と共に気軽にクラシックやミュージカルの作品に触れて
いただく・・といった楽しい企画となっています。


オペラ& ミュージカルの夕べ(「ライブの日。」シリーズ第一弾)
5月31日(木) ホテルアソシア名古屋ターミナル
       9階プリエール(ブラッスリーエスペランス)

開演 6:30p.m.(受付 6:15p.m.~)
 
料金 ¥5,000(税込み)(50席限定)
(コンサート代金とブッフェでのお食事(デザート、ドリンク付き)が含まれます)


出演者:篠崎ゆかり(ソプラノ)
    倉知啓太 (テノール)
    中野嘉章 (バリトン)
    河村晶子 (ピアノ)
    高橋明美 (シンセサイザー)
    伊藤実知子(ヴァイオリン)

ご予約お問い合わせ・ブラスリーエスペランス Tel 052-561-3770(直)

もしくはこのブログのコメント(とろそれへの秘密のコメントにチェックを
入れて)で私にお知らせいただくか、

trois77soleilsアットマーク(ここに@を入れてください)yahoo.co.jp

までメールいただければ私がチケットを確保することができます。


☆出演者等の都合により公演内容が一部変更になることがございます
ので、あらかじめご了承ください。また全ての公演は予約制となって
おりますので、前もってご予約のうえ、チケットをお買い求めください。
チケット購入後のキャンセルはいたしかねます。


<リンク>

ホテルアソシア名古屋ターミナルHP

「ライブの日。」詳細ページ


限定50席ですのでご予約の方はお早めにお願いいたします~!



・・そして二つ目のコンサートのお知らせです。


こちらは昨年6月27日に天国に旅立たれた我が恩師、ジェルメーヌ・
ムニエ女史への追悼コンサートです。

同じ時期パリでムニエ先生の下で勉強した10人の日本人ピアニストが、
先生との想い出の曲を演奏するという企画の今回のコンサート。
先生の命日である6月27日に東京・杉並公会堂小ホールにて開催する
運びとなりました。

私は武満徹の「閉じた眼」とヒナステラの「アルゼンチンダンス」を演奏予定。
他の出演者の友人達は日本やヨーロッパで活躍するピアニスト達
ばかりですし、曲目もバリエーションに富み、聴き応えのある素晴らしい
コンサートとなると思います。

お近くの方は是非聴きに来て頂いて、私達のムニエ先生への想い、パリでの
勉強の成果を感じ取っていただければ幸いです。


Hommage à Germaine MOUNIER
ジェルメーヌ・ムニエ女史 追悼コンサート

2007年6月27日(水)  18:30開演(18:00開場)
東京 杉並公会堂 小ホール

全自由席 2500円 (税込み)

後援:日本べーゼンドルファー
    ジェルメーヌ・ムニエ財団



<演奏曲目>(出演者は五十音順になっています)

★上野優子    バッハ=ブゾーニ:
              目覚めよ、と我らに呼ばわる物見らの声 BWV645
            グノー=リスト:ファウストワルツ

★後呂麻里子   ルーセル:ソナチネ 作品16

★大矢聖子    ベートーヴェン:ソナタ作品57"熱情" 第1楽章

★小笠原いよ   ラヴェル:クープランの墓より 
             プレリュード、メヌエット、トッカータ

★小野(佐竹)智恵   ラヴェル:夜のガスパールより "スカルボ"

★河村晶子    武満徹:閉じた眼
            ヒナステラ:3つのアルゼンチン舞曲 作品2

★木村佳野    ショパン:舟歌 作品60

★林貴美子    ドビュッシー:喜びの島

★星野梨沙    プロコフィエフ:ピアノソナタ第3番イ短調作品28

★峯岸梓     ドビュッシー:エチュードより オクターヴのために                
                    前奏曲第二巻より オンディーヌ、花火


ジェルメーヌ・ムニエ Germaine MOUNIER
1920年パリに生まれる。フランス国立パリ音楽院においてイヴ・ナット
などに師事。学内コンサートでラヴェルの『水の戯れ』を演奏した際、ラヴェル
自身に絶賛されたというエピソードを持つ。卒業後世界中でコンサート活動を
開始するとともに、1966年よりアルフレッド・コルトー自身より依頼され、
パリ・エコール・ノルマル音楽院にて教鞭をとり始める。1978年からは
パリ・コンセルヴァトワール音楽院教授にも就任し、ザルツブルク・
モーツァルテウム音楽院のサマークラスなど様々な国での指導を行う。
多数の国際コンクールの審査員やフランス国立パリ音楽院名誉教授、
パリ・ショパン協会副会長、フランス演奏家連盟副会長の要職を歴任。
最晩年まで生徒への指導の情熱は衰えることなく、数々のピアニストを
世に送り出したフランス音楽教育界を代表する存在でもあった。
2006年6月27日パリにて永眠。


<チケットお問い合わせ>
・ 03-3420-1138(電話とFaxで受け付けます)
・ trois77soleilsアットマーク(ここに@を入れます)yahoo.co.jp
・ さんるい横丁 http://3soleils.blog3.fc2.com/
  (コメント欄からも受付いたします)




☆さんるい横丁は人気blogランキングに参加しています☆
        ♪人気blogランキング♪

Comment

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
非公開コメント

| 2017.04 |
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
Rechercher

Mon profil

とろそれ(河村晶子Akiko KAWAMURA)            

  • Author:とろそれ(河村晶子Akiko KAWAMURA)            
  • パリ・サンルイ島の小さなStudioに生息していたピアノ弾き。現在は東京在住。娘のN子、パリ生まれの猫の銀と一緒に暮らしています。ヘアメイクの夫C氏は現在マレーシアで単身活動中。

    ☆ホームページ開設しました☆
    ピアニスト河村晶子のホームページ
    http://akikokawamura.jimdo.com/




    Copyright 3soleils All Rights Reserved

Articles

Catégories

Archives

Link

Commentaires

Track back

ページトップへ