ビストロでアンドゥイエット。

2005.02.02 23:09|Repas~食事

20050203053554s.jpg


先日私のピアノの師匠のM先生(フランス人女性)の
だんな様の絵の個展が開かれるということで
初日にお邪魔してきました。

会場は私の住むサンルイ島のお隣,
パリ発祥の地シテ島にあります。

シテ島はノートルダム寺院やサントシャペルがあることで
まずは有名な地区だけど、最高裁判所があったり私の様な
外国人が滞在許可証などを取るために一度はお世話になる
であろうPoliceがあったりしてちょっとお堅いイメージ。

Exposition会場はシテ島の先っぽ近くの三角形の広場、
Place Dauphineに面する小さな画廊でした。

気に入っていただけたらクリックをお願いします♪




M先生のだんな様は昔軍隊の大変偉い方だったそうですが
今はゆったりと絵を描いていらっしゃる画家なのです。

20050203053442s.jpg


↑左がこの日の主役のギーさん。お友達と雑談中。
 こんなに親しくお呼びしたら怒られちゃいそうな
 ほど迫力があるムッシューです。
 さすがノルマンディー上陸作戦で活躍しただけはある・・

20050203053516s.jpg


彼の作品は少しもねなどの印象派を思い出させるような
優しい色合いの油絵や水彩画など。

彼の現役時代を思い出させる戦闘機などのデッサンがあったり、
普通の風景画かな?と思いつつよく見ると戦中戦後の
フランスの町並みだったり・・と歴史が感じられる内容でした。

その中でもパリの町並みが描かれた作品は半世紀以上前の
景色がテーマで「これぞパリ!」といったもの。
写真の絵は彼と先生ご夫婦の別荘がある
ノルマンディー地方の風景かな?

別荘地でゆっくりと絵を描く・・なんて憧れてしまいます。

20050203053700s.jpg


M先生とぎーさんにお礼を言い画廊を出た私たちは
同じ広場内にあるビストロに入りました。

そのビストロは映画でも有名なポンヌフを渡ってすぐの
この広場の入り口近くにある少しオシャレな雰囲気のお店。

朗らかで日本のデザインや食べ物が大好きというサンパな
(感じのよい)マダムがこのお店を切り盛りしていました。
あ、カウンターで忙しくしているマダムが写ってますね。

天井にあるちょっと派手目のシャンデリアがここの
お店の目印です。壁が茶色で落ち着いた雰囲気なので
キラキラした照明もしっくり馴染みます。

20050203053936s.jpg


私たちはマダムがわざわざ地図まで持ってきてくれて
丁寧に説明してくれたラングドック地方の赤ワイン
(これがこのお店のハウスワインだったんだけど美味しかった!)
を飲みつつメニュー選び。

私は前菜にロケットサラダが添えられたヤギチーズの
小さなパイ包みを選んだけど、癖のない軽やかなチーズの
香りがワインに合ってとてもいい気分。

そしてメインに選んだのは・・
上の写真のアンドゥイエットの粒マスタードソース添え!

アンドゥイエットは豚の内臓を詰めたソーセージのこと。
かなり匂いが独特で好き嫌いがはっきり分かれる
お料理なのです。
フランスのビストロ料理の定番らしいのですが、
フランス人の方でもダメな人は多いとか・・

だけど私は・・このお料理が大好き!

「くさや(私は食べたことないですが・・)」のような
癖があるんだけど一度はまると美味しいっていう表現を
すればいいのでしょうか・・
とにかく私は時々この内臓料理が食べたくなってしまうのです。

一緒に食事したYさんは初めてアンドゥイエットを
見たと言っていたけど、ナイフで切るごとに漂うその
香りにちょっと困惑気味でした(笑)

私には幸せな香りなんだけど・・・

20050203053739s.jpg


そしてデザートは省こうと思っていたけど
マダムの「2人で分けて食べたら?」の提案に素直に
従いまたもや!フォンダン・オ・ショコラを注文。

なんで私は毎回このデザートに走ってしまうんだろう?
決まってどのお店の人も薦めてくれるのが
このデザートということもありますが・・

フランボワーズ系のソースがかかったショコラケーキは
割ってみると・・・

20050203053631s.jpg


は~~い!お約束!
中からとろけるショコラ様が☆
そして大変美味しい!

ここのフォンダン・オ・ショコラはふわっとしていて
どちらかというとあっさり目。

甘いのですが軽い口当たりだったのでこれなら一皿
食べれたかも・・と少し自分の胃袋に恐怖を感じる
私でありました。

お値段は前菜8ユーロ、メインのアンドゥイエットが
14ユーロ、デザートも一皿8ユーロで私のいつもの
レストラン選びでは高いランクのお店だったのですが、
場所もいいし雰囲気もいいし美味しいしで
ちょっと覚えておこうと思ったビストロでした。

♪♪♪♪♪

最近私はピアノのために一人でサンルイ島生活。
銀ちゃんはというと14区の彼の家でいつもの生活。

20050203053837s.jpg


今は銀お気に入りのこの特等席でゆったり・・
彼も銀もイビキかいてソファーでうたた寝してるんだろうなぁ。


Comment

元気?日本は寒いよ。。。パリも寒い?銀ちゃんは彼氏のひざの上で気持ちよさそうに寝てるな。。。銀は寝て、食べて、また寝て、うらやましいよ!!今度生まれ変わったら、銀に生まれてこよう!!
アンデュイエット、美味しそう!俺も本場リヨンで食べたのに、そっちの方が美味しそう!!23日にパリに戻るから、待っててな!ちなみにパリで1番食べたいものは、フォーです。  kazu

リンク貼ってもいいですか?

何だか写真を見ているだけで、行った事のないパリの雰囲気を楽しめて
・・・いいですね^^

このブログを紹介したいので、
私のブログにリンクしてもいいですか?
よろしくお願いします(^^)

私も!

アンドゥイエットも好きですし(匂いもね)、デザートにはどうしてもフォンダン・オ・ショコラを頼んでしまいます(なければチョコ系)。
う~ん。好みが似ている気がしますな(勝手に)。

うらやましい

妹は大学のレポートに追われ、目を充血させながらコンピューターと睨めっこしているというのに…姉はフォンダン・オ・ショコラかい!
おいしそおおお☆
ヨーロッパ暮らしはいいなーとこんなことで感じてしまいます。
就活を前にしつつ、やっぱ将来は駐妻ねらいかな…なんていつもに増して他力本願な妹でした(^v^;)

あぶさんへ

どうぞどうぞ!
リンク貼っていただけるなんて
うれしいです。

パリの様子をこうやって
知っていただけるなんて・・
ブログやっててよかったなぁと思います
ね。また私も遊びにいきま~す。

makimakiさんへ

おお~~makimakiさんもお好きですか!
あれは本当に好き嫌いが分かれますよね。
私は実は年末にアンドゥイエットを食べに
トロワに行ってきたくらい好きなんです・・(トロワはこれが名物ですよね)

フォンダン・オ・ショコラもやはり
くどいかなぁと思いつつ選んじゃいます。
ちょっと確かに好み似てますね(笑)

ばぶこへ

いいでしょう?と言いたいけど
姉も色々大変よ。
さっきは足震えさせつつコンサートで
弾いてきました・・
だけど拍手をもらう快感は忘れられない!

ばぶは・・駐在の方とめぐり合えたら
いいね(?)まぁ頑張って!

コンサートお疲れさま!

とろそれさん、今日は演奏会おめでとう!
いい緊張感の中で、とろそれさんらしさが表現されてたよ~。

拍手をいただく快感…高揚感っていうのかなあ~
同感です。
今日の舞台をステップにこれからも頑張ってくださいね~!(@^-^@)


祝 コンサート!

コンサートのご成功 おめでとうございます。
上手く出来たみたいで、たくさんの拍手をいただいてよかったですね^^
これからますます大きな舞台に立てるよう頑張ってください。応援してますよ(^^)

私のブログにリンク貼らせていただきました。紹介文がおかしいかもしれませんので、チェックしてくださいネ(^^)

おお!

フォンダン・オ・ショコラ、おいしそ~!じゅる、じゅる~♪
ドーフィーヌ広場のお店なんですね!今度パリに行ったら寄ってみよう。
あのカラフルなシャンデリア目印に。

銀ちゃん、気持ち良さそうに寝てますねぇ。彼のお膝の上が特等席なのね=*^-^*=。
うちのナオミもおんなじ。
飼う前から「シャム猫は人にべったり」と聞いてはいたけど、ほんとでした。
(私が)座っている時は膝の上、寝てる時はお腹の上、立ってる時は肩の上に常駐。
うれしいような、困ったような…(゚ー゚;A

それにしても、Mr ギー、歴史を感じされる素敵な方ですねぇ…てか、ノルマンディー上陸作戦ってスゴすぎ!

KAZUさんへ

あれ~!?KAZUさんにお返事
遅れてしまいました!

KAZUさんのパリ行きももうすぐ
だね。
その時は銀と思う存分遊んでやってね!

そういえばさっきお昼C氏と
13区でフォー食べてきたよ。
久々で美味しかった~。KAZUさんも
好きなんだね。
またその写真もアップします!

ラヴィ♪さんへ

昨日はリハーサルから付き合って
くれて本当にありがとう!
ラヴィさんの録音してくれたのを
聞いたけど・・何だか複雑だったなぁ。
もっと深みのある演奏を目指し
頑張ります!
ラヴィさんも次回のコンサート
頑張ってね!

あぶさんへ

さきほどあぶさんのブログに遊びに行って
びっくりしました!
あんなに大々的に紹介文を書いて
くださるなんて・・
ありがとうございます!

私もリンクに貼らせていただきますね。
ブログ作り頑張りましょう!

Monicaさんへ

Monicaさんの肩の上にナオミちゃんが
乗るんですか!?

上のコメントを先ほど彼と読ませて
いただいてびっくりでした。
うちの銀が肩に乗ったら・・
もう重くて耐えれなさそう(笑)

M.ギーは今でも迫力がある
存在が歴史的なムッシューです。
奥様である私の先生ももう文化財的な
神々しさがありますが・・

そしてレストラン、落ち着いて食事が
出来て感じもいいのでおすすめです!
非公開コメント

| 2017.10 |
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
Rechercher

Mon profil

とろそれ(河村晶子Akiko KAWAMURA)            

  • Author:とろそれ(河村晶子Akiko KAWAMURA)            
  • パリ・サンルイ島の小さなStudioに生息していたピアノ弾き。現在は東京在住。娘のN子、パリ生まれの猫の銀と一緒に暮らしています。ヘアメイクの夫C氏は現在マレーシアで単身活動中。

    ☆ホームページ開設しました☆
    ピアニスト河村晶子のホームページ
    http://akikokawamura.jimdo.com/




    Copyright 3soleils All Rights Reserved

Articles

Catégories

Archives

Link

Commentaires

Track back

ページトップへ