サンルイ島、雨。

20051120084805.jpg


<お断り>
サーバーがほぼ復活した模様なので、「さんるい横丁(避難所)」でアップしていた
「サンルイ島、雨。」をこちらで再アップいたしますので、
向こうで頂いていたコメントもこちらに移動させていただきます。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪

今回は私のブログを作る原動力となった、私の住む島、セーヌに浮かぶ
サンルイ島(Ile Saint-Louis)をテーマにしようと思います。

↑今日はパリの風物詩、冬の雨にしっとり佇むサンルイ島の
写真ばかりを集めてみました。うっすら黄色く色づいた木々、
しっとり雨に打たれたアパルトマン・・パリらしい光景です。

☆人気blogランキング☆
20051120085009.jpg

雨のサンルイ島。

セーヌに囲まれた、晴れの日でもどことなく湿り気のあるこの場所は、
雨の日、またさらにしっとりと、ただ通りを歩いている私達の表情も
憂いのあるものにしてしまう不思議な魔力を持っているみたい。

20051120085023.jpg

普段はセーヌに反射する、緩やかな光に包まれるバルコンの下さえも、
こんな穏やかな冬の雨の日は影と水滴だけが何の音もなく、
ただ、あるのみなのです。

20051120084942.jpg

何世紀もの間、何の言葉なく、静かにセーヌを見つめている
「頭のない夫人」の像は、さらに寡黙になっていきます。

20051120084931.jpg

その夫人の下をわんこちゃんと一緒に歩く、現代のご夫人。
今ではこの像に注目を払う人は、ほとんどいないようです。

↑「La Femme sans Tête(頭のない夫人)」
Quai de Bourbonと rue Le-Regrattierの交わる所にあります。
Atgetアジェの写真集でもその姿が見られますよね。

20051120084818.jpg

いつもの冬のパリは、モノクロが似合う、単調なグレーの空ばかり。

気分によってはただただ冷たいだけの、暗く低い空だけど・・
ふと上を見上げると私をすっぽり包んでしまうようだったりして。

私だけなく、パリ全体を静かに、確かに、抱きしめているような、
どこまでも優しい空だったりするのです。

私の気分なんて存ぜぬ顔で空に背伸びしている街灯は、
いつも通り、冷たくなって行くパリの夜を、今夜も
暖かなオレンジ色に照らし続けるんだろうな。

20051120084908.jpg

ここには、秋の忘れ物が。
暖かいグレーの空に、体温を持っているかのような、暖かい色の落ち葉。
都会で出会った自然の色合いが、冷え切りそうになった私の
心の体温を、少しだけ、上げてくれました。

☆人気blogランキングへの投票はこちらからお願いしたします☆

1565848543Eugene Atget: Unknown Paris
David Harris
New Pr 2003-10

by G-Tools

アジェの記録したパリの姿を見ていると、やはり刻一刻と、
今もその姿を変えていることに気づかされます。
パリは、せめてでも今の姿を留めていて欲しい‥
彼の作品を眺めるたび、そう思わずにはいられません。

Comment

ばぶこも昨日BLOGUPしようと思ったら、できやんだ!
ひぃー!
しかし、それよりもばぶこは自分のデジカメが壊れかかっているほうが痛いです・・・

●ばぶこへ
ばぶこも不具合?私の場合は深刻よ・・もう腹が立つわ(涙)
カメラは写真家の遠藤さんからお古をいただいちゃったから
かなり救われました。前のカメラ、壊れかけてたし。

それにしてもばぶこ、サンルイ島記事へのコメントもしてね。
ポエティックにしたんだから(照)

パリは春と夏しか知らないんですが、やっぱりパリを知ろうと思ったら、あえて冬に行った方がよさそうですね。
本当に、モノトーンが似合う街ですね。。

「頭のない夫人の像」、初めて知りました。何かいわれとかご存知でしたら、教えてくださるとうれしいです。

FC2は何日か前に、全くアクセスできないことがありましたね。
FC2の不具合って、サーバーごとで大分違うことがあるみたいなので、他の方のところにも行こうとしたのですが、そのときは行かれませんでした。
でもその夜は諦めて、次の日にまたアクセスしてみたら使えるようになってました。
今回はとろそれさんがお使いのサーバーが、一番具合が悪かった(?)のでしょうか…?

●ガナッシュさんへ
こんにちは!
いやはや、サーバーの不具合、びっくりでした。
これだけヒドイのは初めてだったので、あたふた。
「これでさんるい横丁も閉店かぁ~」って思いましたもん(笑)

パリのモノトーン写真、やっぱり似合いますよね。
特にサンルイ島はひなびた味わいがあるので、個人的には
冬や秋のサンルイ島が一番好きです。

「頭のない夫人」ですが、私の技術ではネットからは
その情報は拾えませんでした(涙)
一つわかるのは、以前はこの通り、現在のrue Le-Regrattier
でなく、その名もrue de La Femme sans Têteだったそうです。
私の↑の写真からはわかりにくいんですが、像の下、
建物の壁部分にそう書いてあるんですよ。面白いですよね!

とろそれさん、今日の写真と文章で綴られる詩のような記事、吸い込まれるように読ませてもらいました。
雨にぬれるサンルイ島…1枚目の写真、あまりにも叙情的でしばらくじっと見ていました。遠くに見えるのは、何橋ですか?

空と街灯の写真は、最初とても寒そうに、寂しそうに見えたのだけれど、とろそれさんの「パリ全体を静かに、確かに、抱きしめているような、とても優しい空」に見えてきました。
秋の忘れもの、イチョウの葉も、素敵です。
東京23区内の紅葉の全盛は、あともう少し先のようです。

サーバー復旧おめでとうございます。
しかし土日のパリも寒かったですね。ちょこっと用事で出かけていたのですが、残念ながらサンルイ島まで足を伸ばす余裕はありませんでした。オデオンまで行ったのですけれど。
アジェの写真集、買われたのですね。100年前の写真と同じ風景が残っているパリはとても素敵です。
最後の写真とてもいいですね。ちょっと横の方から狙って見てはいかがでしょう?
そのうち46 rue St Louis en l'ileの写真もアップしてくださいな(笑)

ブログ復旧おめでとうございます。
私はブログが更新できなかったら半狂乱になってしまうだろうなぁ・・・。
なんせ、ブロガホリックですから(笑
とろそれさんの伝えてくれるパリの空気、今日はなんだか雨ということもあり寂しげでした。
でもとろそれさんは,今コンサートに向けて頑張ってらっしゃるのですね♪
三重もあまり青空は見えなくなってきましたが、とろそれさんがふっと寂しくなったら私のブログで故郷を感じてください。
圧倒的にど田舎ですが(笑
それではお体に気をつけて!!

とろそれさん、ごぶさたしておりました。
サンルイ島の風景、とてもとてもなつかしい。
あのバス停でよくバスを待ってました(笑)。

秋冬のパリ、心理的にはちょっとつらいけれど
街の風景的には凛としてて好きです。
なんとかしてまたパリに暮らしたいなぁ(苦笑)。

●minaさんへ
こんばんは!東京は紅葉シーズン、まだだったんですね。
パリは落葉樹が多いけど、一枚目の写真のように黄色く色づく
木々もあって、寂しい色合いのパリを鮮やかに変えてくれます。

一枚目の写真に写る橋はPont-Marie(マリー橋)でパリ右岸と
サンルイ島をつなぐ大きな橋です。写真ではちょっと寂しげに
写ってますね。ここからのサンルイ島の眺めもいいですよ♪

●credenzaさんへ
こんにちは!
credenzaさん、パリに来られていたんですね。
かなり寒かったでしょう?今日も大変冷え込んでおります。

最後の写真へのアドヴァイス、ありがとうございます!
色々考えて撮るのですが、PCに落としてみていると
「ああすればよかった」とか色々考えちゃうんですよね。
だけど結局いつも同じような角度の写真になってしまう(涙)
カメラ、ちゃんと勉強したいなぁ。。

あ!そして46番地、いつかカメラにおさめて来たいと思います♪

●もりもママさんへ
こんばんは~~三重も今日は寒いですか?
ブログの調子が悪かったのは、かなり私にもダメージを
与えました(笑)人気ブログランキングが急降下だ~とか言って(爆)

今回のパリはちょっと悲しい雰囲気ではありますよね。
だけどそんな中にも優しい表情があると、一気に心が
温まる感覚になります。故郷三重の風景もやっぱりいいですね。
想像するだけできゅんとなっちゃう~~
もりもママさんとこでまた癒されにいこ~っと。

●misakiさんへ
こんばんは!えぇ!misakiさん帰国されていたんですね。
びっくりしました。その後いかがお過ごしでしょうか?

サンルイ島の風景、懐かしく見ていただいて嬉しいです。
いいですよね、このひなびた雰囲気が私も大好き。
私もあと1ヶ月少しで帰国。misakiさんのようにこの
写真の風景を思い出すことでしょう・・

素敵な写真ですねー!特に最後の写真が好きです。久しぶりにパリに行きたくなりました。
 先ほど雑誌を見ていたら(Elle a table)ラデュレのラング・ド・シャが載っていました。箱の猫のイラストがすごーくかわいいですよね

●kさんへ
こんばんは!ベルギーも寒いのでしょうか?
パリは今日少し雪が降りましたよ!

最後の写真、はらりとセーヌの手すりに落ちて濡れそぼっていた
葉っぱがあまりにも美しくって、何枚も撮影してしまいました。
気に入っていただけて嬉しいです♪

そしてラデュレのラング・ド・シャ、美味しそうですね‥
ちょっとチェックしてみなきゃ。猫関係ですしね!
非公開コメント

| 2017.10 |
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
Rechercher

Mon profil

とろそれ(河村晶子Akiko KAWAMURA)            

  • Author:とろそれ(河村晶子Akiko KAWAMURA)            
  • パリ・サンルイ島の小さなStudioに生息していたピアノ弾き。現在は東京在住。娘のN子、パリ生まれの猫の銀と一緒に暮らしています。ヘアメイクの夫C氏は現在マレーシアで単身活動中。

    ☆ホームページ開設しました☆
    ピアニスト河村晶子のホームページ
    http://akikokawamura.jimdo.com/




    Copyright 3soleils All Rights Reserved

Articles

Catégories

Archives

Link

Commentaires

Track back

ページトップへ