絶景、スニオン岬へ。

2005.11.15 23:59|ギリシャ
20051114060541.jpg

今日はギリシャのダイナミックな景色をたっぷりと。

私が滞在していたホテルは首都アテネより50キロ近く離れた海沿い。
その海岸線はアポロコースト(Appollo Coast)と呼ばれる、
澄んだ青い海が広がる風景がどこまでも続くルートになっています。

ホテルからアテネと反対方向にどんどん向かっていくと突き当たるのが、
ポセイドン神殿の遺跡がある有名な観光地、スニオン岬。

20051114060137.jpg

地元のバスに揺られて海岸線を行くと・・
見えてきました。断崖絶壁を持つ、スニオン岬が。
上にちょこんと神殿らしきものも見えてきましたね。

さぁ、あの岬まで行ってみましょう。

☆写真(全般)カテにも登録しました!人気blogランキング☆
20051114060553.jpg

この日も天高く突き抜けるような青空のお天気に恵まれました。
強い日差しに目を細めつつ、バスを降り、山のようにそびえる
スニオン岬の頂上に登って行きます。
C氏も(ちょっとC氏怪しい人っぽいな‥)暑さ対策の為、
大きなお水を持ってぜいぜい登ります。

20051114060505.jpg

だだーん。着きました。目の前にはそびえ立つポセイドン神殿。
アテネのパルテノン神殿と同じ真っ白なお顔の遺跡です。
この神殿は海と軍事力の神、ポセイドン(別名ネプチューン)の
名前が付けられた紀元前の遺跡。
本来は知性の神アテナの神殿もあったそうですが、今では
その礎石を残すのみとなっています。

20051114060258.jpg

空に向かって胸を張っているような、この神殿。
この遺跡の前に立っていると強風が神殿をすごい勢いで
通過して、地鳴りのような風の音が辺りを包むのです。

20051114060224.jpg

ゴーーーーーッゴーーーーーッ

動画でお伝えできないのが残念・・
まるで神殿が怒り狂っているような、人の声のような風の音。
2千年以上の時を経て、まだ私達にその存在を誇示しているようです。

20051114060338.jpg

そして何と言ってもこのスニオン岬の見所はこの大パノラマ!
海の色はどこまでも深く、そしてどこまでも丸い!
ポルトガルの「ヨーロッパ最西端のロカ岬」に行った時もそうでしたが、
都会に住んでいると地球が丸いことなんて考えもしないので
改めて感心したりする私。それにしても気持ちいいーーっ。

20051114060429.jpg

辺りはものすごい強風なのに、ロカ岬に続きまたもや断崖絶壁に
座り込む人たち・・見てるだけで怖いんですけど(涙)
ヨーロッパの人たちって危機意識ないのかしら?

20051114060607.jpg

ここにもいました。日本人だけど防御意識がない人・・
だけどさすがのC氏もあまりの強風で怖がっていました。
ゴーーッと風の唸り声と眩し過ぎる程の自然を目の前にすると
ボーッと意識も遠のいてくるような、ヘンな感覚に‥危ない危ない(汗)

20051114060317.jpg

この岬は昼間ももちろん美しいですが、有名なのは
海に沈む夕日が神殿を赤く染める日没の時だとか。
さぞかしロマンチックなんだろうなぁ。

この日、夏の観光シーズンにも関わらず人手は少なめ。
神殿の横の小さな木の下には、美しい女性が一人、
静かに腰をかけていたのでした。
いいですよね、こんな光景。

ギリシャでの美しい光景がまた一つ、私の中で増えた瞬間でした。

ギリシャ政府観光局公式HP
ギリシャ政府観光局(アテネ近郊人気エリア紹介ページ)

☆写真(全般)カテにも登録しました!人気blogランキングへどうぞ☆

4582277551心の旅―増見芳隆ギリシャ写真集
増見 芳隆
イオン 2004-08

by G-Tools

表紙のネコちゃんの写真がきれい~!
「心の旅」という題名だけあって、感動する写真が多そうです。


Comment

素敵な写真をありがとうございます!!!
いま夫が出勤して、子供達が起きてくるまでちょっとブログ徘徊中なのですが、朝からいいもの見せていただきました~♪スニオン岬&神殿、ロカ岬、気持ち良さそう・・・。私も高いところは平気ですが、柵がないとダメです。腰が引けちゃいます。C氏、スゴイ!
ほんと、地球って丸いんですねぇ。ミシガン州は海がないので(五大湖はあってデッカイですけど)「広ーーーい海に行きたい!!」と思いました。

またまた、ほんとうに綺麗な青空と、白亜の神殿ですね~。。。
4枚目からの、青と白だけのお写真、ほんとうに美しいです。
ギリシャの空って、こんなにも爽快な青をしているんですね。
風の強さも、とろそれさんの「ゴーーーーッゴーーーーッ」でものすごく伝わってきましたよ(笑)
とろそれさん、カワイイ方ですね^^

おお~、素晴らしいです!私はスニオンって夕方に一度しか行ったことないんですが、その時は風は強くなかったです。
でも、とろそれさんが包まれた感覚、わかりますよ~。音が加わると、本当に五感に訴えてくる感じなんですよね。
そうそう、神殿横のこの木!ヒョロっとした姿がユーモラスでかわいいですよね^^

●あっこさんへ
こんばんは~~
記事を見ていただいたの、朝だったんですね。
この日スニオンに行ったのも午前中。
清々しい空気で気持ちよかったです~
あっこさんのお住まいのところは五大湖の近くなんですね。
私の住むパリはセーヌ川はあるけど、自然には乏しいので
この旅行で沢山の自然を目に焼き付けてきた感じでした。
アメリカも行きたいなぁ~。
初めての海外旅行がアメリカだったため、特別な思いがある
私なのでした・・

●minaさんへ
おはようございます~~
minaさんにかわいい方って言ってもらえてデヘヘな私(笑)
私はよく「とろそれの世界感があるねぇ」と半ば呆れつつ
評価を戴くことがあります。困ったものです。。。

話はそれましたがギリシャの空、突き抜けてますよね。
日本でもパリでも中々見ることが少ない、こんな青。
何はなくともこの青色だけは沢山堪能してきた私だったのでした。

●salahiさんへ
こんばんは~~
salahiさんももちろんこのスニオンには行かれたのですね。
私の行った時には、本当にスゴイ風で。。
空が青く海も青い為、本当に崖に吸い込まれる感覚がしました。
自分が怖いかも(笑)

salahiさんのおっしゃられる通り、この自然の中で、
不思議で強烈な音を聞いていると、古代の人間が造り出した建造物
を目の前にしているからか、五感がびりびりしてくる、
そんな不思議な感じがしました。
いや~~ギリシャ、また行きたくなってきちゃった。
いつか島巡りもゆっくりしたいです・・

スニオン岬、きれいですよねー♪
私も行きました♪
ただ、…ちょっと夕方過ぎました;;
夕焼けじゃなくって、ほんとに日が沈む寸前に着いてしまったので、
いい写真まったくなしです。(-_-;)

こんな青い空&青い海もいいなー♪
風が強いのも、とても気持ち良さそう。
またいつか、リベンジに行きます!(笑)


少し写真出しすぎ

また、絶壁ですかーッ(汗)
それにしても同じ空とは思えない位、
ギリシャの空の青さは眩しい!
気持ちよさがたっぷり伝わってくる写真ですね!

<プロフィールのとこ>
彼がヘアメイクできるのって、
ホント羨ましいぃ~(*´I`*)
もっと大きく写ってるとろそれさんが
見たかったわ~(笑)

●ガナッシュさんへ
ガナッシュさんも行かれたんですね、スニオン。
訪れたのはびみょ~な時間だったとのこと。
私も最初は夕方に行きたかったのですが、何だか
とても気持ちのいい午前だったので、そのままローカルバスに
飛び乗り岬へ直行してしまいました。
是非次回リベンジしてくださいね♪

●C氏へ
それはC氏の写真出しすぎっていうダメだし?
それともアップしている写真が多いってこと?
関係ないけど、実は今FC2ブログの調子が悪くって
記事がアップできないの・・がっくし。
次は最近のサンルイ島の写真をアップするよ~

●CANOさんへ
こんばんは~~
私の大きい写真は勘弁してください~~
信じられないくらい写真写りがよく撮れていたら別ですけどねぇ。。
なかなかそうは行きません(涙)
そして彼がヘアメイクというのも、想像していたのと
かなり違いました(爆)やはり美しいモデルさんと比べられて
頭が大きいとか、スタジオで写真を撮って私のスタイルの
悪さにびっくりだーみたいなことを言われると、、むっとします(怒)

ところで絶壁、CANOさんもだめなんですね。
私、歳をとったせいか、最近こういう柵のない場所
怖いんですよ・・なのであんな絶壁に座ってガイドブック
広げるなんてことは考えられません(汗)
非公開コメント

| 2017.06 |
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
Rechercher

Mon profil

とろそれ(河村晶子Akiko KAWAMURA)            

  • Author:とろそれ(河村晶子Akiko KAWAMURA)            
  • パリ・サンルイ島の小さなStudioに生息していたピアノ弾き。現在は東京在住。娘のN子、パリ生まれの猫の銀と一緒に暮らしています。ヘアメイクの夫C氏は現在マレーシアで単身活動中。

    ☆ホームページ開設しました☆
    ピアニスト河村晶子のホームページ
    http://akikokawamura.jimdo.com/




    Copyright 3soleils All Rights Reserved

Articles

Catégories

Archives

Link

Commentaires

Track back

ページトップへ