ゆったり、りすぼん、街歩き。

2005.10.30 23:35|ポルトガル

リスボン3日目。
アンティークなエレベーターを堪能した私達は、リスボンらしさを
求めて坂の多いBAIXA-CHIADOバイシャ・シアード地区に向かいました。

昼間なのにこの静けさ。
古い、下町風の街並みは、厳しい日差しをひっそり避けて
静かに、長い年月の間変わらず息づいているよう。

さて、ゆったり街歩きと参りましょうか。

☆人気ブログランキング☆
20051030060832.jpg
夜は一人歩きは危険かも‥とガイドブックに書いてあった
ここ、バイシャ・シアード地区ですが、昼間歩くとすれ違う人もまばら。
もっぱら道で出会うのはここに住むおじいちゃんおばあちゃんが多い
ので、どちらかと言えばのんびりした空気がそこにはありました。

20051030060750.jpg
道幅が狭いので日中でも日陰が多いこの地区。
まるでモノクロ映画の一場面のように、ゆったりおばあさんがハトに
餌を与えています。本当に静かな、昼下がりの風景。

20051030060505.jpg
こちらではおばあちゃんが買い物から帰宅したところ。
なにやらゴソゴソ、鍵を探し中のようです(笑)
何とも後ろ姿がキュート!おばあちゃん大好きな私のツボだなぁ。

20051030060549.jpg
先ほどのおばあちゃんちは古典的なアズレージョ(タイル)があしらわれた
お家でしたが、こんなカラフルなアズレージョも発見しました。
ファド(ポルトガル民謡)を聞かせてくれるライブ・ハウスが多い
地区でもあるので、こんなかわいいアズレージョが使われているのかな。

20051030060859.jpg
こちらはかなり年季の入ったアズレージョ。
よく見ると、壊れたアズレージョの間から何やら植物が(笑)
新しい物もいいけど、やっぱり古い色合いって何とも言えずいいですよね。
こういう風景って大切にしてもらいたいなぁ・・

20051030060443.jpg
パリでは全くといっていいほど見かけないお外に洗濯物を干している風景。
(パリでは外観保護のため条令によって禁止されているのです)
鮮やかなピンク色の壁にハタハタとお洗濯物が気持ち良さそう。
おじさんは何やら足元のハトちゃんとたたずみ中。

20051030061056.jpg
究極にかわいい洗濯物の干し方発見!!
全部同じ靴下だぁ~~(爆)
どうしてこんなに同じ靴下が?1日何回も靴下を履き変えるとか??
旅人の想像力は色んな方向にかき立てられていきました(笑)

20051030060627.jpg
あらっ。こんなセクシーな洗濯物も(照)
赤いネグリジェに白い下着‥どんな人のお家?またまた想像力が‥

20051030060705.jpg
バイシャ・シアード地区にある、とあるお店の看板ネコちゃん。
道行く私達にご挨拶です。ちょっとダルそうなご挨拶だけどね。
ネコちゃんまでゆったり雰囲気を演出しているみたい。
20051030060810.jpg
C氏は坂の多い道にギブアップ気味。
だけど日の長い7月のリスボンは、まだまだ明るい夕方だったのでした。

☆人気ブログランキングへの投票はこちらからお願いいたします☆

B00005HGUXリスボン・センチメンタル
ミージア
ワーナーミュージック・ジャパン 1998-04-25

by G-Tools

地の底から湧き出るような声で歌う、ポルトガルの民謡、ファド。
私がファドを初めて聴いたのも、ここ、バイシャ・シアード地区でした。



テーマ:ヨーロッパ
ジャンル:海外情報

Comment

素敵ですね。ヨーロッパはやっぱりどこをとってもそれぞれの風情があってとっても素敵。お金さえあればずーっと旅して回るのに…なんて夢のような事ばっかり考えてしまう。
パリって洗濯物はやっぱり禁止されてたんですね。今までなんでだろう。禁止なのかな…。と思っていた疑問が解けました♪

今夜もリスボンの素敵な写真に「ホゥ~」っとしながら見とれてしまいました。石畳の狭い路地が何ともいえないですね~。鍵を探していたおばあちゃん家のタイルが好きです。
ヨーロッパへは行ったことがないのですが、子育てが一段落したら、ぜひぜひ行ってみたいです!!

リスボンの穏やかな街並みを、昼下がりにゆっくりと散歩したような気持ちになれました。
そこで生活しておられる方たちの空気まで伝わってくるようで・・・その空気をたっぷり味わいながら、とろそれさんたちが歩かれたんでしょうね。
鍵をさがしているおばあちゃんの後姿、とても好きです^^
とろそれさんもおばあちゃん好きの方なんですね♪私もです。おばあちゃん、いいですよね。。。
それから、同じ靴下がずらっと干されている風景、可笑しいですね(笑)ほんとう、なぜだろう(笑)
ポルトガル民謡のファド、初めてお聴きになったのがバイシャ・シアード地区とのこと。
その土地で息づいてきた音楽を、その土地の空気に浸りながら聴けるって、ほんとうに幸せな瞬間ですよね。。。
ポルトガルで、地の底から湧き上がるような声で歌うファド、ぜひ聴いてみたくなりました♪

今日から冬時間ですね~
こちらは、先週雪が降りました。
道も凍っていて、滑りやすいです。
太陽輝くポルトガルの写真に、一時のぬくもりを感じます。

ロシア@でも家の中はポカポカ

ポルトガルには昔から憧れてます。アテネの街並みに似てる部分もあるけど、もっと趣があって素敵だなぁ...。
全部同じ靴下っていうの、面白いですね。でも、片方だけ穴が開いちゃったら他のと合わせることができたりして便利かも。この人は靴下だけまとめて洗ってるのかもしれませんね。うちも靴下や色物はまとめて洗ってるから、靴下がズラリと並んでたりします^^

夏の日差しの中、のんびりした下町の風情が伝わってきますね。やっぱりパリはなんと言っても大都会なので、こういうこじんまりしたところに遊びにいくとなぜか心が和むような気がします。

●tonomariさんへ
おはようございます~
ホント、お金と時間があったらいっくらでも旅行できるのにって
C氏とも話していました(笑)思いっきり現実逃避してますよね(爆)

パリの洗濯物の話ははっきり調べたわけではないのですが
(イイカゲンな私)人から聞いたので多分確かだと思います。
だけど中心から離れてフランス人以外の居住区に行くと
時々洗濯物が揺れている風景を目にしますよね。
やっぱり洗濯物はお日様に乾かしてもらうのが一番いいなぁ~

●あっこさんへ
おはようございます!
リスボンのまったり風景、いいですよね。
是非是非お子さんが大きくなられたら、一緒にヨーロッパに
行ってみてください!ひなびた、どこか懐かしい風景が
沢山転がっていて、写真も思わず撮り過ぎになってしまいます。
そういう私はアメリカに行きたいなぁ。
最初の海外旅行がアメリカだったのです。
あののびのびとした雰囲気をもう一度味わいたいな・・・

●minaさんへ
こんにちは~~
minaさんもおばあちゃん、ツボですか?
私もこういうおばあちゃんおじいちゃんが大好き!
カメラを向けずにはいられません(笑)
ポルトガルは若い人が魅力的だなぁ~と感心することは
あまりなかったのですが、魅力的なお年寄りは沢山出会いました。

そしてファド!いいですよ~
実は一枚目の写真に写っているライブハウス(レストラン?)に
ファドを飛び込みで聴きに行ったのです。
その時も様子も記事に書くのでお楽しみに~~♪

●SPwalkerさんへ
こんにちは!!
やはりロシアはめっちゃ寒いんですね・・
今日のパリの予報は昨日より涼しくて21度(笑)
夏じゃないですか・・信じられない!

だけど寒くならなくて少し安心かも。
なぜならSPwalkerさんのお家と違って、家は暖房が弱いのです。
なので寒くなると‥銀を抱いて暖を取らないといけなくなります。

●salahiさんへ
おはようございます~~
な~るほど!さすが!!
salahiさんの推理はきっと当たっていますよ!
靴下、まとめて洗うやり方もありますもんね。
私は一人暮らしなのでまとめて洗うことはあまりないので
その考えはつきませんでした・・

そして街並み、私も思ったのですが少しアテネに通じるところが
ありますよね。裏通りに入った時のひんやりした静けさとか。
あ~アテネでも沢山街歩きしたかったです(涙)

●credenzaさんへ
おはようございます!
この下町風の佇まいって何とも言えず落ち着きますよね。
若干危ないかなぁ~と思いつつ、まったり歩く私(笑)
パリではなかなか出会えない本当の下町風景は
かなり私をゆったり気分にさせてくれました。
非公開コメント

| 2017.08 |
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
Rechercher

Mon profil

とろそれ(河村晶子Akiko KAWAMURA)            

  • Author:とろそれ(河村晶子Akiko KAWAMURA)            
  • パリ・サンルイ島の小さなStudioに生息していたピアノ弾き。現在は東京在住。娘のN子、パリ生まれの猫の銀と一緒に暮らしています。ヘアメイクの夫C氏は現在マレーシアで単身活動中。

    ☆ホームページ開設しました☆
    ピアニスト河村晶子のホームページ
    http://akikokawamura.jimdo.com/




    Copyright 3soleils All Rights Reserved

Articles

Catégories

Archives

Link

Commentaires

Track back

ページトップへ