Adieu,Ma maison.~さよなら、ぼくのお家。

2005.10.17 08:20|ぎん
20051016052324.jpg
ブログにもなかなか取り組めない状態の私。
なぜならC氏の日本への完全帰国があと1週間に迫ってきて、色々な
用事が怒涛のように押し寄せてきているからです。
それに伴って今日、銀がC氏の家からサンルイ島の私の家に引越してきました。

銀はネコちゃんながらもC氏がばたばたと引越し用意をしているのに
何か変化を知ったみたい。だけどきっとこの14区のお家と永遠に
お別れになるなんて、まったく思ってないだろうなぁ・・

20051016052251.jpg
14区のC氏の家とは今日でお別れしたのですが、私とは予定としては
12月末までパリで暮らし、その後私の帰国後は半年間程私のお友達の
お家で暮らす予定の銀。なぜならば動物検疫の制度が以前より
厳しくなり、先日銀に受けさせた血液検査の実施日から半年間は
フランス国外に連れ出せないことになっているからなんです。

なのでC氏とはあと一週間、私とはあと2ヶ月あまりでしばらくの
お別れ。再会できるのは多分・・来年の夏前でしょうか。

20051016052342.jpg
そ~んなことまではやっぱり銀もわかんないよね。
ダンボールの上で大あくびしてるし(爆)
こんなのん気な銀と一緒にC氏のお家を後にした今日は、やっぱり
悲しい気持ちがいっぱいになって、泣いてしまった私だったのでした。

☆人気ブログランキング☆

Comment

出会いと別れの多さは、海外に異邦人として暮らす人の共通項ですよね。

アデューは悲しい響きですね。
以前コメント頂いた、日記をトラバに入れました。

こんばんは。
猫は家につくと言われていますが、銀ちゃんは、ストレスは大丈夫かと心配です。(人事ながら・・・)
うちの子の行動範囲は、家を中心に半径50m以内がやっと。その先は道路。決して一人では道路に近づきませんし、抱っこしていてもおびえます。
銀ちゃんはご主人を探したりしませんか?
ウチは私が出かけるとひどく泣くんです(母談「ゔぎゃ~おぉ~」)。私が帰ってくると玄関で待っています。(車の音で分かるらしい)
あまりにべったりだと、少しの別離も辛いものです。銀ちゃんはパリっ子ですか?やっぱりさっぱりしているのかしら?
元気でいてほしいものです。
(ストレスたまると十円ハゲできる・・・)

いろんなことが続いて、寂しいですね・・・
アデュー、まだ使ったことがありません。
寂しい響きがありますね。

とろそれさんも、もうすぐフランスから去られるんだなぁ。
寂しくなったら、ブログ徘徊しちゃったりしません?
引越しのお手伝いが忙しくて、それどころじゃないかな。
お体には気をつけてー。

なんだかこちらもせつなくなってしまい
ました。
私も毎回最後にお家の鍵を閉めるとき、
いえの窓を眺めて、ここに戻ってくることが
あるのかな、、、ないなあ、、、という時
せつなくなります。
ましてや銀ちゃん・・C氏・・・
今の時間を大切に、いそがしすぎて無理
なさらないで下さいね。

★ヤシのピザは イタリアには
叶わないレベルだけれど(以前の
クルージュのピザはプロシュートも
記事もイタリア並!)それでもイタリアよりもピザ屋が多いのでh?と思うルーマニア。
開拓しております・・

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

いろいろご準備で大変なようですね。
とろそれさんご自身もあと3ヶ月弱でしょうか。最後まで思い残すことの無いよう、十分生活を楽しんでくださいね。

●かなめさんへ
こんばんは~!
ホント、パリに暮らしての一番の収穫は色んな友達が出来たこと、
だけど同時に別れが多いことは辛いことです。
C氏はまぁお正月には会えそうですが、銀は長い間
あえないと思うと、やっぱり辛いですねぇ・・

●petit cervinさんへ
こんばんは!みどりちゃんの記事TBしていただいて
ありがとうございました。
Adieuなんて使わない言葉かなぁと思いましたが
今回の銀の場合、まさにぴったりだったのでタイトルにしました。
寂しい響きですよね。

●mitoさんへ
こんばんは!
mitoさんのネコちゃんはとってもご主人様が大好きな子なんですね。
いいなぁ~~~
銀はもちろん甘えるんですが、私達が留守にしていても
それほど寂しがっていないみたい。
ご飯をくれないのか~~と怒ってゴミ箱をあさったりの
イタズラはしますが(爆)
だけどやっぱり育ての親のC氏がいなくなると変わるのかもしれません。
やっぱり寂しいし、心配ですよね。

初めまして。

イタリアからなのですが、うちもネコを連れて帰るにあたって、半年以上前から準備しないと行けないのを知り、慌てた口です(フランスで職が見つかりそうなので事なきを得たのですが)。でもその代わり、日本に着いてからが楽になって、係留無しに実質すぐにうちに連れて帰れるので、余裕がある場合には今回の改正の方がいいですよね。

何はともあれ、しばらく愛猫とも離れてしまい、再会までちょっとお互い辛抱かもしれませんねえ。

●モネさんへ
こんばんは!
Adieu、私もはじめて使いました(笑)
やっぱり悲しい響きですよね。イメージとしてはモノクロ
のフランス映画あたり・・やっぱり悲しい感じ。
銀はまさしく永遠のお別れになるので・・何ヵ月後かは
生まれ育ったフランスともお別れさせなきゃいけないので
やっぱり私も悲しくなります。
C氏がいなくなったら私は銀とお家でこもる生活?
そうなったら皆さんのブログも徘徊しにいけるかも?!

切ないですね…
ワタシもワーホリでオーストラリアに行っていた頃、
『お別れ』ラッシュが続いた事があってて…。
その辛さは、今でも思い出すと胸が締め付けられるような気分ですもん(>_<)
事情のわからない銀ちゃんのことを思うと
一層ツライですね…
銀ちゃん、早くとろそれさんのお家での生活に慣れてくれるといいですね。

そんなに会えないんはさみしいねぇ。C氏も。
そんなに長く海外にいて日本に完全帰国するのはどんなきぶんやろぉ?
おつかれー☆

こんにちは!
本当に帰っちゃうのですね~。。。
なんだか私も寂しいです。
でも、私も気にしていたCさんも日本に帰られるのですね。
少しの間みんな離れ離れですね。でも、また日本で頑張ってくださいね!

こんばんは。以前書き込みさせていただいた「猫の目薬を点しものもらいが治った母」を持つゆみです。
私ももうすぐ猫を連れてお引越しするのですが、ここに住んで1年、やっと家にも慣れた感有りの臆病猫を私の都合で又新しい環境に連れて行くのかと思うと不憫で・・・。
銀ちゃんとは帰国後半年も離れ離れになるんですね。
その後の長距離移動も心配ですね。
なんだか自分の事のように胸が一杯になり涙してしまいました。
とれそれさんも帰国まで何かとお忙しいとは思いますが、お身体を大切にお元気でパリでの生活楽しんでくださいね。

はじめまして。初めてコメントさせていただきます。いつものぞいていたのですが、なんだか会ったこともない同士とはいえ、同じパリに住むもの同士、帰っちゃうの?!t

●go2rumaniaさんへ
こんばんは!
go2rumaniaさんも引越しの時、感傷的になるのですね。
私はちょっとしつこいくらい感傷的になるタイプなので、今回の
C氏宅の引越しの時はあまり考えずに準備を進めました。

彼とのこんな生活もあと少し。
将来のために向かって銀とがんばりたいと思います~!
go2rumaniaさんもがんばれぇ~~

●credenzaさんへ
こんばんは!
そうなんです、私もあと少しの滞在・・
最近C氏の引越しなどで自分のことを忘れそうになりがち
でしたが、やること山盛り状態(笑)
12月にも最後にコンサートをするのでそれにも向かって
頑張りたいと思います~~。サンルイでの生活も充実させたいですしね!

●ebiさんへ
初めまして!
キアヌぼんちゃんのご主人様なんですね。コメント嬉しいです♪
ebiさんはイタリアからフランスに移られるとの事。
一時は日本への帰国も考えていらっしゃったんですね。
銀の検疫の準備は前半が終了した段階なのですが、
やはり準備の開始の時期が遅れたことが、事態を
ややこしくしてしまいました・・・
あ~~早くやっていれば!!後悔先に立たずとはこのことです(涙)

またそちらにも遊びに行かせていただきますね!

●CANOさんへ
おはようございます~~
CANOさんはワーホリ体験者の方だったんですね!
ワーホリだと1年の期間だし、かなり短期間で色んな出会いと別れを
経験されたことだと思います。
私も近いうちにそんな別れがあると思うと・・かなり辛い(涙)

銀はサンルイの家での生活は心配でしたが、2回目の滞在ということも
あって、かなりのん気モード(笑)
食欲、イタズラ、大全開なんです・・・

●ばぶこへ
お疲れ~~ってC氏に言っとくわ(爆)
C氏は感傷に浸ってる暇がないみたい。
出発ギリギリまでお仕事あるし、送別会満載だし、C氏の
アートブックの発売も近いしで大変そう。
日本に帰ってからも・・忙しくなりそうだなぁ。

●kirsch-torteさんへ
こんばんは!
私へのエール、ありがとうございました!
しっかと受け止めました(ガシッ)
銀やC氏と離れ離れになるのは寂しいことだとは
思うのですが、それに固執せず毎日充実させていきたいものです。
kirsch-torteさんはとても充実したドイツ生活を送られて
いますよね。わたしも見習わなきゃ~~~

●ゆみさんへ
お久しぶりです!コメントありがとうございます。
ゆみさんも暖かい励ましのお言葉、嬉しいです。
しかも涙していただいたなんて・・
ゆみさんも1年住まわれた場所からネコちゃんと離れられる
んですね。やはりネコちゃんと一緒に家を変えるというのは
不安ですよね。私と一緒に住めない半年間も心配ではあるのですが
何よりフランスしか知らない銀を日本の地へ飛行機で
連れて行くのはかなり心配なことではあります。
のん気が取り得の銀なので何とか乗り切ってくれるとは
思うのですが・・・
また銀の話題も書いて行きますので遊びに来てくださいね!

C氏が帰国されるというのは伺っていましたが、それももうまもなくなのですね。
パリとのお別れにあたって、C氏もきっと万感の思いでいらっしゃることでしょう。
そして、とろそれさんのお気持ちも…ね?(;-;)
様々な人や物や町との出会いを繰り返しながら、それでも人生は続いていく、
そこが人生の美しいところでもあるけれど、それでもやっぱり寂しいですよね。
パリで見つけた心の宝石がいつまでもとろそれさんとC氏のなかで輝きを放ちつづけ、
お二人の人生の次の一頁を光で照らしてくれますように。
銀ちゃんは……う~ん、なんにも考えてないんだろうなぁ(爆)
そこが、にゃんこのいいところですよね(笑)
あわただしい毎日と思いますが、お体に気をつけてお過ごしくださいね(^_-)☆

●tonomariさんへ
初めまして!コメントありがとうございます。
tonomariさんもパリに住まわれているんですね。
私はいつか帰るんだなぁとは思ってましたが、ついに
その時期が来たんだ・・と感慨深くなる毎日です。
正直、帰りたくないんですけどね(笑)
だけどこれが私の人生!銀も巻き添えですが、がんばって
行きたいと思います。また遊びに来てくださいね~~

●Monicaさんへ
こんばんは~
心温まるコメント、とても嬉しく拝見しました(ほろり)
C氏は残すところあと1週間を切ってしまったのですが、
もともとパリに憧れての渡仏でなかったためか、7年以上
パリに住んでいたのに案外あっさり気味です。男の人だからなか?
だけど最近お友達と食事などに行く機会が多いのでちょっと
寂しくなってるみたい。私はかなり未練が残るタイプなので
パリを離れる時はうぉ~んと泣いてしまいそうです(笑)
銀と離れる時もきっと・・あぁ~~想像したくない!
残りの時間、充実したものとしていきたいなぁ。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

銀のこと、想っちゃうね。
検疫なんてナンセンスなのに… 悔しいです。
Kuma号でこっそり連れて行ってあげたい。
ん?途中インドで行方不明に? ひ~~ゴメン!
がんばれ銀、と、とろそれ。(合掌)

●andamarさんへ
こんにちは~~。お元気ですか?
銀の検疫、もう考えていたより準備が大変だし時間もかかるので
かなりヤキモキしてしまいました。
Kuma号で連れて行ってもらえたら・・いいなぁ~~って
私が行きたいです。(C氏も強く希望してた 笑)
銀はハスミンくんみたいに敏捷じゃないし、タヌキ系なので
インド洋で行方不明になったら・・だめですねぇ(爆)
銀の検疫制度、ややっこしいので少しでも私と同じ立場の人の
お役にたてるように、その過程を記事に
していきたいと思います。がんばるぞぉ~~~
非公開コメント

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

さよなら

Au revoir冬のあいだ一緒に暮らしている「スイス猫のみどり」です。http://diary.jp.aol.com/applet/fyvsgphtzbnz/20041217/archive明日は、ここを出て帰国します。毎年の事ですが、みどりは歳をとった上に今年は大病をしているので心配です!夏の飼い主「エベリーヌ」はZ
| 2017.08 |
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
Rechercher

Mon profil

とろそれ(河村晶子Akiko KAWAMURA)            

  • Author:とろそれ(河村晶子Akiko KAWAMURA)            
  • パリ・サンルイ島の小さなStudioに生息していたピアノ弾き。現在は東京在住。娘のN子、パリ生まれの猫の銀と一緒に暮らしています。ヘアメイクの夫C氏は現在マレーシアで単身活動中。

    ☆ホームページ開設しました☆
    ピアニスト河村晶子のホームページ
    http://akikokawamura.jimdo.com/




    Copyright 3soleils All Rights Reserved

Articles

Catégories

Archives

Link

Commentaires

Track back

ページトップへ