アンティークなエレベーター。

2005.10.18 22:30|ポルトガル
20051017224723.jpg
今日はポルトガルのお話。7月の話なので何だか時空がメチャクチャですが‥
先日記事で書いた美味しいレストランで遅い昼食を取った後、
レストランの近くにある古いエレベータに乗ってみることにしました。

↑写真中央にある細長い物体が今回の話題の主。
サンタ・ジェスタのエレベーターと呼ばれています。

☆人気ブログランキングへはこちらから☆
20051017224703.jpg
建物に今にも挟まれそうなこのエレベーター。
リスボン中心に突如キノコのように現れる不思議な建造物なんです。
(写真右端の旗がはためくグレーの建物がそれです。)

20051016050715.jpg
建設は今から約100前。エッフェル塔を造ったエッフェル氏の作品
とも言われるこの当時としてはハイカラ(死語?)な移動手段は、
街の低い位置にあるバイシャ地区(バイシャとは低地という意味)から
高台のシアード地区へと登れる便利なものだったそうです。

「だった・・」というのは今はこの上階にある連絡通路は工事のため閉鎖
されているから。なので現在ではもっぱら展望の為の建物になっています。
↑エレベーター真下から見るとこんな感じ。
横に伸びるのが閉鎖中の連絡通路です。

20051016050605.jpg
上階へは木製のアンティークの宝箱のようなエレベーターで
優雅に登ります。かなり古そうなので結構怖い(笑)

20051016050530.jpg
そして登ると・・・すごいっ!!
エレベーターを降り、更に最上階に階段で進むとそこは小さな
小さな展望テラスになっていました。
遠くにはリスボンによりそうテージョ河、そしてオレンジ色の屋根
達が出迎えてくれる絶景です。

20051016050655.jpg
記事中2枚目のハトさんの写真を撮影したロッシオ広場周辺。
(閉鎖していたあのロッシオ駅もこの近くです。)

20051016050808.jpg
サン・ジョルジュ城があるアルファマ地区の丘周辺。
この丘の向こう側に以前記事でもご紹介した素晴らしい眺めの
サンタ・ルジア展望台
があります。
それにしても絶景かな~~。
丘が多い街‥というのも高いところからだと、またよく解ります。

20051016050626.jpg
この展望台はまるで空に浮かぶ頼りない雲の上のよう。
風がこの日結構あったので、何だかこのアンティークな建物は
ふらふら右へ左へ揺れる揺れる・・(汗)
高いところが好きな私もさすがに腰が抜けそうでした。
だって頼りないキノコの上から下を眺めたらこんな感じなんですよっ!

20051016050543.jpg
この展望台最上階の狭いスペースを殆ど占領しているのは
なんとキオスク兼カフェ。なので更に狭い狭い(爆)
確かに眺めはいいけど‥私はここではゆっくりお茶が飲めなさそうだなぁ。

20051016050509.jpg
大地震で廃屋と化してしまったカルモ修道院跡をバックに
キオスクではのん気にオレンジなんかが売られてたりして。
こんなのどかさがポルトガルの魅力でしょうか?

☆人気ブログランキングへの投票はこちらからお願いします☆

そして「ブログルポ」というサイトにも登録してみました。
記事ごとに登録していくブログランキングサイト(?)のようです。

↑一度是非ご参加ください~。
(私もどうなるかさっぱりわかりませんが 笑)

4767802989世界の建築・街並みガイド〈1〉
フランス・スペイン・ポルトガル

by G-Tools



テーマ:ヨーロッパ
ジャンル:海外情報

Comment

いやーなつかしい。
このエレベーターいったいった。

makiさんと・・・うわすげーといいながら歩いたー。

木製のエレベーターって
なんかレトロさのなかに優雅さがありますよね。

でもぎしぎしいいそうで・・・・・・
気分は日本のつり橋根性が必要かも。


なつかしい思い出でした。

旅の日は刻々と迫るのに 下調べがままならず すべては君の旅日記が頼りですわ
ありがと~

木製のエレベーターは怖そうですね。
そういや、ヨーロッパ(暖かいところ)の家の屋根ってどうして赤いのでしょうか?
素材は何なのでしょう?

うわぁ~★すんごい、すてきな眺め!
下から見ると、そう高い建物っていう感じがしないけど、
登ってみると結構高いんですね。
エレベーターが観光名所?になっちゃうっていう時点で、
なんだかのどか(^-^)~♪
ロッシオ広場の写真は、
魔女の宅急便のキキがホウキに乗って
飛んでいる姿が目に浮かんできちゃうな~ッ。

リスボンのアンティークなエレベーター、外観の美しさもさることながら、本当にすばらしい眺めですね~。
とろそれさんの写真と文章に誘われながら、エレベーターの下から展望台へと一緒に上って行ったようだったので、テージョ河とオレンジ色の屋根の写真では、本当にすばらしい展望が一気に広がったような気持ちになりました。
とっても可笑しかったのは、最後の写真。
大地震で廃墟化した修道院の横で、右に左にふらふら揺られながら暢気にオレンジが売れられてるって、可笑しいですよね^^

P.S.プロフィールの銀ちゃんと一緒に写っておられるとろそれさん、本当にお綺麗ですね♪

元気かい? もうすぐ、C氏が日本に帰国だね、俺も去年16年住んだヨーロッパにお別れするのは辛かったけど、今度またパリに帰国するのが何倍も楽しくなるよ!俺はまた24日にパリに一週間だけ、戻ります。また会えるのを楽しみにしてるよ!!KAZU

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

●ゴンさんへ
あら!ゴンさんもこのエレベーター行かれたんですね。
リスボンの街並みに突如にょきっと顔を出す、この
灰色の物体。登ってみたくなっちゃいますよね~~
それにしても怖かった・・高所恐怖症じゃないのが
自慢の私が最近揺らいでいる・・歳はとりたくないなぁ(ため息)

●Sarkuraさんへ
ぜーぜー。
今Sakuraさんのため、リスボンセットを封筒につめてました。
地図とかいろいろお役に立つといいんだけど・・
そしてパルメイラのアントーニオさんへのお手紙なども!
どうぞよろしくねぇ~~~~

●n_teacherさんへ
おはようございます!
リスボンの屋根、確かに赤いですねぇ。
かわらのような感じでレンガのような赤でした。
土が赤いからかしら??
南らしいほっくりとした雰囲気をかもしだして、
私は大好きです!
エレベーターは木製がいい感じなんですよ。
エレベーター内の写真も撮ったのですが、カメラの性能が
悪く、ブレブレ状態で掲載をあきらめました・・

●minaさんへ
おはようございます!!
最後のオレンジふらふら写真、面白いでしょう??
私、この時結構足がふらついて速く降りたかったんですが、
ブログにオモシロそうだ!この景色!とひらめき写真を
何枚か撮りました(笑)ブロガーの宿命ですねぇ。
プロフィール写真、銀のことがあって、私とのラブラブ写真を
思い切って載せました。だけど・・毎回ブログチェックする
度に恥ずかしいので、しばらくしたら消します・・
褒めていただいて本当に恐縮です・・・

●KAZUくんへ
おはよう~~~元気??
KAZUくんも秋の季節のお別れだったものね。今は美味しいさんまや
秋の味覚に堪能しつつ、お仕事頑張ってるのかしら?
C氏もついにこの日曜日に帰国。銀と別れるのがさみしいらしく
いじめるのが激しい激しい(爆)かわいいのね、銀が。
またKAZUくんとはこちらで再会できるのを楽しみにしています~
非公開コメント

| 2017.05 |
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
Rechercher

Mon profil

とろそれ(河村晶子Akiko KAWAMURA)            

  • Author:とろそれ(河村晶子Akiko KAWAMURA)            
  • パリ・サンルイ島の小さなStudioに生息していたピアノ弾き。現在は東京在住。娘のN子、パリ生まれの猫の銀と一緒に暮らしています。ヘアメイクの夫C氏は現在マレーシアで単身活動中。

    ☆ホームページ開設しました☆
    ピアニスト河村晶子のホームページ
    http://akikokawamura.jimdo.com/




    Copyright 3soleils All Rights Reserved

Articles

Catégories

Archives

Link

Commentaires

Track back

ページトップへ