今日は・・本格フレンチ。

2005.01.23 10:42|Repas~食事

20050123080021s.jpg


今日はパリ、週間予報ではかなり寒くなってくるかも・・
とのことでしたが・・なんだか気の抜けた雨模様。
最近のパリってめちゃくちゃ寒い~~っていう日がないん
ですよね。少なくとも私が知ってる限り日本の冬のほうが
厳しい寒さの方が印象深いのです。
(ちなみに私は三重県出身)

銀はお外に出れないし・・
私のピアノを聴きながらお昼寝。
この椅子は銀の特等席です。
しかし・・うるさくないのかな?





20050123075600s.jpg



今日は私のピアノの先輩のダンナ様&お友達が
日本から来ていらっしゃるのでちょっとお洒落で
美味しいフレンチにお食事に行ってきました。

今日お食事に行ったレストランはサンルイ島からも
程近い5区Maubert-Mutualite界隈の
"Les Bouchons de Francois Clerc"

この地区はサンルイ島やマレ地区の建物とよく似た
壁や天井に梁(はり)が出た造りが多い地区。
マレ地区よりも観光地化されてなくて私はこの辺りを
散策するのが大好きです。

"Les Bouchons~"はそんな梁が壁に残る古い建物を利用した
温かみのある内装のレストラン。
シックな雰囲気でもあるのですが、周りのお客さんの
和やかな会話が柔らかにレストラン内に響いてほんわりした
照明の下、気持ちよくお食事出来るレストランでした。

↑私は前菜の新鮮なマリネされた生サーモンと温かい
赤ジャガイモのミルフィーユを注文。
周りにはふわっとカシスの香りがする少し酸味のあるソースが。

ミルフィーユというとお菓子を思い出す方も多いと思いますが
millefeuilleはもともと「千枚の葉っぱ」という意味から
来ているのでこうやって薄い物を重ねたお料理にもこの
名前が使われます。

お料理に立体感が出て食欲をそそります。
見た目が食いしん坊の私向け・・
実際サーモンの程よいトロッと感と美味しいお塩(燻し塩)
が利かせてあるジャガイモがとても合っていて、
これからのメインが楽しみになってしまう美味しさでした。

20050123075456s.jpg


このレストランは美味しいワインを安く提供してくれると
評判のお店。ワインに詳しいお友達のダンナ様が
選んでくださったのがこのボルドー。
お手ごろ価格なのにとても美味しいワインでした。
日本で飲んだら・・う~・・高そうです。

20050123075631s.jpg


友達が選んだ軽く蒸した牡蠣の前菜。
クリーミーなソースがとろりん牡蠣ちゃんと一つになって・・
美味しい!!
フランスならでは、という前菜ですね。
(ちなみにこれらの前菜は12ユーロでした)

20050123075817s.jpg


私のメインはパン・デピスが添えられた少軽く焼いてある
フォアグラ!
Pain d'epiceとはライ麦や蜂蜜などで作る黒っぽいアニス入り
のパンで少し甘めの味。
このお料理のソースは蜂蜜が使ってあったりと少し甘いかなぁ
と心配していたのですが・・ところがどっこい!(←??)

確かに甘さは残るものの蜂蜜の鼻をくすぐるような
香りとフォワグラの濃厚さがうま~く溶けて美味!!
パン・デピスもトロッとした食感ですべてが滑らかに
お口の中に消えていきました・・。

私はフランスではこれが始めてくらいかな?と思うほど
フォワグラのソテーは食べたことがなかったので感激も
ひとしお。美味しいワインも進んでしまいます・・・。

20050123075952s.jpg


お友達が注文したこれはちょっと珍しい
鹿のお肉の血のソース煮込み。
名前を聞くとちょっとドキッとしちゃうけど、
お肉はホロホロと柔らかくソースは臭みのないレバーのような
濃くのある味でとても美味しかったです。
(これらのメインは23ユーロ也)

20050123075731s.jpg


4人でお食事に行った私たちは2人分のフロマージュ(チーズ)
の盛り合わせと2皿のデザートを注文。

フロマージュは私が事前に調べていたのでは、
取り放題~だったのですが、1人前4種類と決められていて
ちょっとがっくり。そんなに沢山あっても食べれないので
いいのですが・・

写真はマダムがお盆に沢山の種類のフロマージュを持って
来てくれて選んでいるところ。
私は中でもヤギのフロマージュ(写真ではちょうど見えない)
に感動しました。
美味しいヤギフロマージュって香りに嫌味がないんですよね。
あまり美味しいくないヤギさんに当たっちゃうと
私はダメなんですが、美味しいとついつい食べてしまう
癖になりそうな魅惑的なフロマージュなのです。

20050123075439s.jpg


そして・・・デザートはまずここのお勧めスフレの
さくらんぼソース添え!
はっきり言って美味しいです!!

これがふわふわ、お口に入った途端消えてしまうような
軽いデザートでついついスプーンが動いてしまいます。
これだったらさくらんぼの甘酸っぱさが手伝って
フロマージュの後でもふわふわと食べれちゃいますね。

20050123075846s.jpg


もう一つのデザートはMoelleux au chocolat、
いわゆるフォンダン・オ・ショコラです。
(先日からこのお菓子の名前よく出てくるなぁ)
温かいこのチョコレートケーキの横にバニラアイスが
添えられた定番のデザートですが、このアイスが
crème glacée à la vanille Bourbon
(ブルボン朝バニラ←?のアイスクリーム)という名前なので
心なしか香りに品のある甘さのアイスでした。
ブルボン朝って・・もし意味をご存知の方いらっしゃい
ましたら教えてくださいね。
(デザートはどちらも10ユーロでした)

そして・・今日はお友達のダンナ様&彼のお友達に
ご馳走になってしまいました。
この場を借りてお礼申し上げます・・
楽しく美味しいひと時をありがとうございました~!

♪♪♪♪♪

う~む・・こう自分のレストランコメント読んでると
知識のなさ&表現力のなさを痛感しますね。
折角美味しいもののあふれてるパリに住んでるのに
もったいないなぁと思う今日この頃。

しかし私のブログって食べることばかりですね。
食いしん坊&大食漢の作るブログだから自然の流れでしょうか?
(私の知人のうなずく姿が目に浮かぶ)

これからはもっと色々他の話題も混ぜていきますので
(もちろん音楽も!)どうぞよろしくお願いします・・・・



Comment

う、、、、うん

姉のブログはまさに食べ物ばかり…次から次へと出てくる料理にデジカメを向ける姉の姿が目に浮かびます…。
けどうまそお☆
ちなみに私のブログにあったビールの写真のお店は河村家の近くやに。(あ、方言が…)日本に帰ってきたらいこねん。

おいおいっ

ちょっとばぶこさん、苗字思い切り
だしてるよ・・まぁコメントだから
別にいいけどねぇ・・

私は今めちゃ真夜中で明日レッスンだけど
美味しいもの沢山飲み食いしたせいで
眠れません。不健康街道まっしぐらかも・・



忠告が・・・

とろそれ姉とチャットした時「ピアノ留学なのに料理留学の如く食べることばっかりのブログ内容ね・・・」と言った私の忠告が反映されてる・・・(^o^;

料理ネタも大いに結構ですが、フランスの音楽事情なんかも個人的には聞きたいな。
あと、せっかく食の都にいるんだからお料理教室に通ってみては??

そして帰国後私にふるまって・・・(それが狙い)

ご意見ありがとうございます。

妹さまからの暖かいご意見、ありがとうございます・・

確かにお料理学校は興味あるよね。
だけど・・授業料が高いらしいのだ。
駐在員の奥様方がよく行くって聞くけれど
私もいつか生徒のお母様に連れていって
もらおうと思います。

音楽の話題はまた次回!

とろそれさん、こんにちわ。
美味しそうですが、前菜からデザートまで
12ユーロ+23ユーロ+10ユーロ!?
我が家家族三人でちょっと贅沢なところに行く時の
総計より高い!!パリはこんなに高いんですか?
でも、お金出せば美味しいものが食べられるって、
羨ましいな~。アンダルシアはお金出しても
結局美味しいものに限界があるものなあ。
ところで、私も音楽の話、期待してますよ!

africaさんへ

そうなんですよ~・・
高いんです、パリのレストラン!(怒)
なので昨日行ったようなレストランは
誰かお友達が日本から遊びに来たり
しないとなかなか行けないのです・・

普段の私の外食はクスクスやフォー
(ベトナムうどん)や10ユーロ台の
セットメニューを出すビストロなど。
安くて美味しいものを探し当てた時の
感動は病みつきになりますよね。

スペインは・・美味しいものが安くて
本当にうらやましい限りです。。

あ、それと今回から音楽ネタがんばり
ますので(ちょうどいいタイミング
でした!)是非また遊びに来てくださいね。

料理学校

料理学校はホント授業料が高いです。
もしちょっとフレンチをかじりたければ、
市営のカルチャースクールに行ってみてはいかがですか?
パリには区ごとにいろんな習い事の教室があるようです。
私は大昔に近所のマダムたちに混ざってその料理教室に通ったことがあるのですが、アットホームな感じでよかったですよ。
どのぐらい身につくかは???

そういえば、サン・カンタンのカルフールに先週末、買い物に行きましたよ。

フランス料理・・ルーマニアに来て食べてないです(ルーマニアはイタリアンばっかりで:イタリアよりもピザやが多い気が・・)牡蠣、美味しそう・・魚介類はここは不足しているので羨ましいです。
先日ちょっと書いたくれーぷのこと、家庭のクレープですが記事Upしました。また良かったら見に来てくださいね。ではでは

go2rumaniaさんへ

この牡蠣、とっても不思議なクリーミーさ
で美味しかったですよ。
ルーマニアは海に面してないので
やはり山の物が主なんですね。
煮込み料理とか美味しそうなイメージです。

しかし・・私もつくづく思うのですが
フランスもしかり、イタリアンって
かなりはびこっていますよね。

なのに美味しいイタリアンは希少な存在。
この前の夏ブザンソンというスイスに近い
フランスの都市に行ったのですが、
その時もあまりのイタリアンの多さに
びっくり。中々安くて美味しそうな
レストランが見つけられずに苦労しました。

そしてクレープの記事、アップされたんですね!

今から遊びにいきま~す!
非公開コメント

| 2017.10 |
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
Rechercher

Mon profil

とろそれ(河村晶子Akiko KAWAMURA)            

  • Author:とろそれ(河村晶子Akiko KAWAMURA)            
  • パリ・サンルイ島の小さなStudioに生息していたピアノ弾き。現在は東京在住。娘のN子、パリ生まれの猫の銀と一緒に暮らしています。ヘアメイクの夫C氏は現在マレーシアで単身活動中。

    ☆ホームページ開設しました☆
    ピアニスト河村晶子のホームページ
    http://akikokawamura.jimdo.com/




    Copyright 3soleils All Rights Reserved

Articles

Catégories

Archives

Link

Commentaires

Track back

ページトップへ