リスボンの蚤の市で買ったもの。

2005.08.16 23:23|ポルトガル
20050816051327.jpg
コンサートのためにパリに遊びに来ている母親と一つ年下の妹と
一緒に連日歩き回っている私ですが、今日はちらりとリスボンの話題。
以前の記事で書いたレトロな市電に乗って蚤の市に行ったのですが
その時の戦利品をご紹介したいと思います。

上はポルトガルのお土産として有名なレース製品。
地面にビニールを敷いてレース製品を売っていたおばちゃんから
ゲットしちゃいました。ぬくもりのある生成りのコットンを使った
シンプルなもの。テーブルやピアノの上に置いてもいいなぁ・・
ということで一目ぼれ。おばちゃんには一枚5ユーロと言われました。
20050816051308.jpg
こちらのレースは真っ白なタイプ。さわり心地もフカッとしていて
素朴な印象です。こちらも5ユーロとのことでしたが値切って値切って
この3つのレース製品で13.5ユーロにしてもらっちゃいました。
ポルトガル語オンリーのおばちゃんに多分「これ以上安くしたら
生活が出来ないわよ~~」ということを笑顔で言われつつ勝っちゃった(笑)
だけどお別れの際にはニコニコとビズ(頬にキス)してもらって
またパリの蚤の市とは一味違う雰囲気を味わった私でした。

ちなみにレースの上に置いてあるお皿はこれもポルトガル風焼き物。
色合いもかわいいけど女の子の顔が微笑ましい。ハンドメイドなので
どの商品を見ても同じ物がなく、見ていて飽きません。
これも蚤の市に出店していた屋台で買ったから街中の同じタイプの
商品より安かったかも。リスボンの蚤の市、かなりオススメです。

♪人気ブログランキングに参加しています♪

☆アルファマの泥棒市☆
市電28番線(前回の記事の路線です)に乗りアルファマ地区を抜けて
サン・ヴィセンテ教会前で下車。教会左手の道を裏に進みサンタクララ
広場付近に出ると女泥棒市(Feira da Ladra)と呼ばれる蚤の市が火曜と
土曜に立ってます。気楽にお散歩するのにぴったりの蚤の市でした。
(ですが、もちろんスリにはお気をつけくださいね。)

テーマ:ポルトガル
ジャンル:海外情報

Comment

??ポルトガル語オンリーのおばちゃんとどう会話したのか・・・?
にしてもかわいいなぁ・・・

とろそれさん^^
残暑お見舞い申し上げます。
お皿、とっても可愛いですね!
お写真からも手作りのぬくもりが感じられます。
お皿に描かれた少女はおばあちゃんのお孫さんでしょうか?
それにしても女泥棒市なんて。
何だか怖いですね^^;;

コンサートお疲れ様でした。
無事に終了されたようで、なによりです。
レースも焼き物も、手作り感があって、いい雰囲気。
それにしても蚤の市のような市では、値切るのが当たり前なんですよね。

とろそれちゃん、コンサートお疲れさま~そして、ご成功おめでとう。とてもステキなコンサートになったみたいだね。聴きに行けなかったのが本当に残念でした。異国で頑張っているとろそれちゃんを見て、お母様も妹さんもきっと安心されたんじゃないかな。家族に聴いてもらうのはまた格別な思いや緊張もあるのだろうけど、普段、応援してくれている家族に自分らしい演奏を届けることができたら本当に嬉しいよね。今回は、お友達との呼吸もぴったりだったみたいでよかったね。

 いつか絶対に聴きに行きたいな~。

 さて、私はね。もうあれからどんどんひどくなってしまって、いよいよ動けなくなってしまってね。食事も摂れないし。休日明けまで我慢しなくちゃと思っていたら、たままたてちがお散歩中にお向かいに住んでるお医者さんにばったり会って、私が具合が悪いのが村で噂になっていたらしく、往診に行ってあげようかって言われて、すぐに来てもらったの。あまりにひどいので手術になるかもっていわれたんだけど(><)、妹が以前同じ病気になったときに出してもらった薬を頼んでみたら、それが結構効いて、今はご飯食べられるくらいに回復しました。夜中に薬飲まなくちゃならないので、今はそれを飲みに起きてきてちょこっとネットしちゃってます(笑)。

明日も往診に来てもらって、まだ完治してないので引き続き休養中だけど、峠は越えたかなという感じです。いやはや、今回は自分の人生の中で一番きつかったかも…。ウイルスだったようなので、人ごみの中とかとろそれちゃんも気をつけてね。

 しかし、往診に来てもらっている間、先生がずっとてちに私のこと「votre amie」って言ってるのにまた否定せず、てちはそのままコンサートに出かけてしまって、SSの書類みせて、先生にやっとのことで筆談で「けっこんしてます」って書いたら、先生すごく慌てて「えっ!ごめん、ホントに失礼。友達なんて言っちゃって」ってなってた。おぅい。妹もひどいけど、友達って…。悲しいでしょう?(泣)

 そんな哀愁漂う闘病の日々です。
 お母様と妹さん、楽しいパリ滞在になるといいね。できれば、お会いしたかったけれど残念。どうぞよろしくお伝えください。また、完全元気になったら書き込みます。かわいい写真に癒されました。ありがとう。とろそれちゃんも疲れが出ないようにね。長々失礼しました。

●ばぶこへ
おほほ。それはねぇ、知っている限りのポルトガル語
(数字とこんにちは、ありがとう、さようならのみ。)
と英語、フランス語を駆使し会話するのよ!
そうするとあら不思議、何だか会話できている気に
なったりして(笑)やっぱり外国の蚤の市は面白い~

●明華さんへ
こんにちは!
明華さん、残暑お見舞い申し上げます♪
お皿、素朴な感じで南の雰囲気たっぷりですよね。
それにしても女泥棒市、どうしてこんなネーミングなんでしょう?
泥棒市・・はわかるけど、女って・・
と思っていたら、少し納得するところが。
店主の人に女の人が多いんです。
ポルトガルは女性が働き者っていいますから(笑)

●Yoshinoさんへ
こんにちは!
コンサート、親分と共存しながらもなんとか乗り切れました。
そして蚤の市で買ったお皿やレース、素朴でいいですよね。
Yoshinoさんもこういった雰囲気、お好きですか?
蚤の市では基本的に値切るのが礼儀(?)みたい。
だけど値段が書いてあると値切れない時もあるんですよね。
値切り上手な人だとそれでも安く出来るみたいだけど
意外に気弱な私は・・それ以上交渉できないんです(笑)

●maigoちゃんへ
maigoちゃん!?手術?ウィルス?
何だか大変な症状になってるんだね・・
とても心配しています。今は大分よくなったみたいだけど・・
本当に大丈夫なの?お医者さんが親切な方みたいだし
きっとこれ以上悪くはならないと思うけど・・
ホントに心配です。どうか安静にして、早くよくなってね。
(ネットもほどほどにっ!)
それにしてもmaigoちゃんのダンナ、てちちゃん・・
amieなんてひどいぞ~!ってとろそれが怒ってたって
お伝え下さい(笑)それにしてもてちちゃんらしいなぁ(苦笑)
maigoちゃん、頑張れ~

かわいいレース編みとお皿ですね!手づくりの暖かさがありますね。それよりも、お店のおばちゃんも暖かい人ですね☆

私のブログにリンクさせていただきましたがよろしいですか?(<-聞くの遅すぎる?)これからも、記事楽しみに読ませていただきます☆

● Xiromakiさんへ
こちらにもコメント、メルシーですっ。
蚤の市のおばちゃん、とってもお茶目な感じの方で
後から値切り倒したのを少し反省してしまいました。
きっと普通でも安かっただろうに・・今でもレースを見ると
罪悪感にかられます。もちろんビズしたいい思い出も
思い出すんですけどね。
リンク、こちらこそよろしくお願いします。
私も貼らせていただきますね。
非公開コメント

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

手編みレース

Dentelle à la mainテーブルセッティングで下皿を飾る手編みレースです。去年はイタリアで市販されている丸い飾り布を置いていましたが、今年は気分を変えて、手編みレースにしました!!

白がいっぱい

白の辛口、と書かれていますが実はそれほど辛くなく、むしろほんのりと甘い感じ。ほのかな炭酸が、喉にとても心地よく、すっきりとした味わいです。冷やして飲むととても美味しい!!安いですが、意外なほどにとても美味しいので一度だまされたと思って飲んでみてください。
| 2017.10 |
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
Rechercher

Mon profil

とろそれ(河村晶子Akiko KAWAMURA)            

  • Author:とろそれ(河村晶子Akiko KAWAMURA)            
  • パリ・サンルイ島の小さなStudioに生息していたピアノ弾き。現在は東京在住。娘のN子、パリ生まれの猫の銀と一緒に暮らしています。ヘアメイクの夫C氏は現在マレーシアで単身活動中。

    ☆ホームページ開設しました☆
    ピアニスト河村晶子のホームページ
    http://akikokawamura.jimdo.com/




    Copyright 3soleils All Rights Reserved

Articles

Catégories

Archives

Link

Commentaires

Track back

ページトップへ