炎のエッフェル塔、パリ祭の夜。

20050717010846.jpg
キャトーズ・ジュイエ、パリ祭の夜。
午前のパレードで少しお疲れ気味になりながらも
今年も行ってきました、エッフェル塔で行われる花火!

まずはお友達のyumiさん宅でルジェ(赤いお魚ヒメジ)の南仏っぽい
ソテーとサラダの前菜と薫り高いポルチーニ茸のリゾットを
ご馳走していただき(とっても美味でした!涙涙)、そして花火の会場で
あるエッフェル塔のまん前のシャン・ド・マルス公園に繰り出しました。
20050717010934.jpg
yumiさん宅はシャン・ド・マルスの目と鼻の先に位置するので
私たちはのんびり構え、お家を出た時には既に花火開始直前。
人込みに紛れつつ何とか真ん中を陣取れた私たち(汗)

さて、大スペクタクルの始まり始まり~~

☆人気ブログランキングに参加しています☆
20050717011222.jpg
広大な公園内にはもう身動きが取れないほどの人人人・・
そんな中大きなスピーカーから大音響で音楽が流れ出し
エッフェル塔がその姿を次第に変化させて行きました。
↑消灯したエッフェル塔から何と炎が!!
本当に燃えているように見えます。
アリアパパさんのブログでもありましたが、どうやらこれは
オリンピックの聖火をイメージしたものだったみたい。
今はそれも悲しい演出となってしまったわけですが・・・・
20050717011205.jpg
静かに燃えていたエッフェル塔が次第に激しく変化します。
20050717011006.jpg
ピカピカバージョン(通常暗くなってからの毎時0分から10分間
フラッシュの様なライトアップになるんです)で輝くエッフェルから
垂直に炎が噴出します!会場は一気にヒートアップ。
20050717011239.jpg

20050717011132.jpg
まるでクラブでかかっているかのような激しい音楽をバックに
エッフェル塔はさまざまな色に変化して行くのです。
20050717011037.jpg
ひゅるるるる~~。線香花火みたい。去年より派手目の演出だなぁ。
去年は確かエッフェル塔からの花火の打ち上げはなく、後ろや
横からの打ち上げだけだったように思います。
昨年は「フランスにおける中国年」でその日のために作曲された
中国をイメージした音楽を、エッフェル塔の中でオーケストラ
を使い生演奏していたからこんな大仕掛けが出来なかったのかな?
そう思うと今年は音楽も激しいし、公園全体がディスコ状態です。
20050717011053.jpg
激しい音楽はブラジル・サウンドへ移行します。
それに併せてエッフェル塔も緑・黄色のブラジルカラーに染まって・・
塔の1階部分に「BRASIL」とライトで浮き上がらせたりときっとブラジル
人の人が見たら大喜びしちゃうような演出ばかり。
バック・ミュージックにもブラジル人だったらみんな知ってるような
名曲が流れ、まるで熱気溢れる南米に来た様な雰囲気になってきました。
20050717011110.jpg
ブラジル演出の最後の曲は私のだ~いすきなジルベルトとスタン・ゲッツが
組んだ「イパネマの娘」!この世の物とは思えないほどに美しい
エッフェル塔を見ながら大好きな曲を聴くなんて・・最高です。
20050717011022.jpg
おおっ。またもやピカピカライト!!
クライマックスに突入です。
20050717010951.jpg
音楽はオーケストラ編成の曲に変わり、テーマはもちろん「フランス」。
エッフェル塔がトリコロール・カラーに!!
20050717010916.jpg
最後は息つく暇のないほどの花火の嵐。
大音響と光の洪水にみんな言葉を失います。
(実際多くの人たちがまるで芸術鑑賞のように静かに花火を見る
んです。もちろん終わったらブラボーの嵐!)
20050717011150.jpg
エッフェル塔が霞んでしまうほどの煙を残し
1年に1回のスペクタクルは拍手喝さいの中幕を下ろしました。
テロが警戒される中こうやって無事に演出が終えてよかったなぁ
と心からみんながホッとしたことでしょう。
平和な世の中だからこそ、こんな一歩間違えたら危険な、
だけど人々に感動を与えられるショーが出来るんですよね。
20050717010901.jpg
エッフェルちゃん、お疲れ様でした~
ホッと一息、いつもの姿に戻ったエッフェル塔だったのでした。

☆人気ブログランキングに参加しています☆

ゲッツ/ジルベルト
スタン・ゲッツ&ジョアン・ジルベルト
B00008KJU4
↑あまりにも有名ですが何度聞いてもうっとりとしてしまう一枚。
多分一生聴き続けることでしょう・・・



Comment

こんにちは。とろそれさん!わたしもまだ起きていました(笑)やっぱり正面から見る花火は綺麗だったのですね。わたしたちは横からみたので、これほど綺麗に演出されていたとは分かりませんでした。ただ花火が近かったので迫力が凄かったですが…。音楽もチラリと聞こえるものの、花火の音に消される始末…「大音響の音楽」も横だとさっぱりでした…トホホ。
とろそれさんが見られたエッフェル塔のトリコロール本当に綺麗です。見る角度でこれほど違うとは…

ブラボー♪すご~い演出だったんですね!
やっぱりオリンピック開催を前提にしてたのでしょうネ。

見たかったな~。
でもとろそれさんのきれいな写真で、東京からも楽しめました!人ごみの中大変でしたでしょ?ありがとう!

すごーくキレイ!!
テレビでエッフェル塔から直接花火が出ているのを見て、行けばよかった~っと思っていたところ。
そこへ、とろそれさんのブログ!!!
うぅ~、後悔。。。
でも、臨場感ある写真と文章で楽しませてもらいました☆

ワンワン(元気だよ~)と言いたいところなのですが・・・昨日お知らせを出したのですが、、ジョイは帰らなくなってしまいました。
本当にまだショックで、信じられなくて、、心配してくださって、ありがとうございました。でもジョイは幸せだったと思います。ホント・・・ :)

エッフェル塔の花火、私もアリアパパさんのところで見て(実は昨日その後こちらに来てコメントしようとしたのですが、なぜかうまくいかなくて;;!?)おお、と。変化するエッフェル塔がすごいですね。スケールが「さすがパリ」です!

旅行から帰ったよ~~
個人的報告の前にこちらにコメントする私をお許しを、、

この14日の夜は エッフェルの2階にあるレストラン ジュールベルヌをダメもとで予約入れてみようとしたんだけど TELで店員さんも 「何故か今年に限ってその日はCLOSEにすることになってしまって、、お客さんが減って困ります、、7月14日は毎年営業してたんですが、、」と腑に落ちない感じで言ってたの、、

遠くから花火見たけど エッフェル塔の内部も使っての花火だったよね、、あんなところで食事なんて出来なかった訳だ、、、と納得したよ
例年にないスゴイ大掛かりな仕掛け&感動的 花火だったね!

こんばんは~。最近ちょっと忙しくて、なかなか遊びに来られませんでした。

エッフェル塔、アグレッシブですねw
あまりのアグレッシブさに、思わず吹き出しちゃいました。いやはや豪快。これぞ祭り。

自分が知ってる同じくらいアグレッシブな日本の祭りというと・・・新居の奉納天筒花火?(火の粉がとても熱そう)

おお~すごい~!!って
写真とキャプションを拝見して…
まさにその言葉以外ないよ~!(^0^)

去年、一緒に見たエッフェル塔の花火大会を懐かしく思い出しつつ…

今年はまたすごかったんだね~
いやあ~ブラボーです。

こんにちは!
すごい花火ですね~。
っていうか燃えてる?!
エッフェル塔は大丈夫だったんでしょうか?汚れないんですかね?

トリコロールカラーのエッフェル塔、袋に入れて
持ち帰りたいくらい可愛いです!!!
どうしてこうも東京タワーと違うのか…(涙)

おお、パスティス!
うちではリカールですが、サンコンテアンと双璧です。
以前、モネさんのところでフランスの子供にアニス好きが多い話が出ましたが、大人もアニスのお酒ですね。。

うぉぉぉぉぉぉぉぉぉl!

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

すごい!
こんなのあり何ですか???

日本じゃ絶対できないですね。
東京タワーで…想像できない…

●アリアパパさんへ
こんばんは!TB返しありがとうございまいした♪
パパさんご一家はエッフェル塔横からご覧になって
いたんですね。だけど塔との距離は凄く近かったし
臨場感たっぷりだったと思います。
だけどそんな近くでも演出の音はほとんど聞こえないんですね。
ブラジルとフランスの共演、私は感動しました~。

●まかろんさんへ
こんばんは!マカロンさんも楽しんでいただけた
ようで私も嬉しいです~~♪
この日の花火は迫力あって私も大満足でした。
だけどホントすごい人出で・・
途中C氏とはぐれてしまうほど。去年よりももしかして
多かったかもなぁ。そんな中テロも起きず(郊外では
色々事件はあったようですが)楽しい革命祭の
夜を過ごせてよかったです。

●lamarneさんへ
花火、よかったですよ~~。
写真では私のカメラが暗い場所にめっちゃ弱いので
ボケボケばかりですが本物はもう鳥肌モノの素晴らしさでした。
私は2回目でしたが毎年趣向が違うのでlamarneさんは
来年を目指して!!私は多分見れないなぁ~~

●go2rumaniaさん&joyくんへ
JOYくんの旅立ち、そちらにもコメントさせて
いただきましたが私も未だふとした瞬間に
JOYくんのことを考えてしまいます。
go2rumaniaさん、その後体調崩されたりされていませんか?
どうかお体だけは気をつけてね。
花火は日本人には考えられないほどのむちゃくちゃとも
思える壮大なスケールで行われました(笑)
テロに警戒中だけどここまで行えるフランスは・・すごい!

●SAKURAさんへ
お疲れ様でした~~。たくさん寝れたしもう体力
回復できたかな?
SAKURAさんも裏側から花火を見てたのね。
去年に引き続き正面から見たんだけどエッフェル塔から
燃え上がる炎にはかなりびっくりでした。
確か2000年もエッフェル塔から花火を打ち上げたんだよね。
その時はSAKURAさんどこで見たのかしら?

●Spiralさんへ
アグレッシフですよね~。もし東京タワーでこんな
ことしたら・・なんて考えられないですよね。
テロ警戒中にこの大イベント、フランスの意地を
見たような気がしました。
だけど日本の手筒花火もすごいですよね。
あれだけ火の粉をかぶって重い花火を打ち上げる
なんて・・かっこいい~~っ

●ラヴィ♪さんへ
こんばんは~~。
そういえば去年はラヴィさんと一緒に見たね、花火!
あの時は帰りがとっても大変だった~。6番線が
まるでディズニーランドの乗り物待ちのように
なっていて、かなりぐったりしたよね。
今年はお友達の家に取り合えず非難させてもらって
メトロの終電を気にしなくてよかったけど、その
代わりタクシーを捕まえるのに苦労しました(汗)

●kirsch-torteさんへ
こんばんは!もしかして初めましてでしょうか?
コメントありがとうございます~~
エッフェル塔の花火は確かに後が心配になるほど
派手な演出でした(笑)ススで汚くなっちゃわないのかな?
kirsch-torteさんはドイツにお住まいなんですね。
ドイツではどんなお祭りがあるのでしょう?
2年前大晦日の夜をベルリンで過ごしたんですが
すっごいバクチクでC氏と飛び上がっていた記憶があります(笑)

●Monicaさんへ
こんばんは!
エッフェル塔のトリコロールのお洋服、かわいいでしょ?
これぞフランスのシンボル~っていう美しさでした。
そうそう、途中ライトアップが赤一色になった時
があったのですが、私を含めた日本人一同は
「東京タワーだ!」と大爆笑に包まれましたよ(爆)

●petit cervinさんへ
こんばんは!
さすがpetit cervinさん!文では何も触れていない
パスティスに注目されるとは!
私実はパスティス狂いでして・・一度南仏のレストランで
パスティスを何杯も注文しお店のおにーさんに
呆れられた記憶があります(笑)
リカーも好きですよ♪我家にストックしてあるのは・・
今は51かなぁ。だけど私アニスのお菓子は
苦手なんです。南仏名物のアニスのお菓子も絶対ダメ。
だけどなぜかアルコール分が加わるとOK
になっちゃうんですよね~(苦笑)

●ばぶこへ
エッフェル塔とジルベルト、いいでしょ~~~~~

●けんさんへ
初めまして!コメントありがとうございました。
けんさんは絵を描かれる方なんですね。
フランスが舞台の物語・・設定は今?昔?とても
興味があります。けんさんの挿絵ももちろん拝見したいなぁ。
そして音楽も作られるんですね。
私も昔は授業中五線紙に音符を書き込む作曲少女(?)
だったんです。けんさんが作られる作品、もし
どこかで拝見できるのであれば是非教えてくださいね!

●n_teacherさんへ
こんばんは!
びっくりしていただけて私も嬉しいです~
私の母もこの記事を見て電話で「あれは何??」と
かなり驚いていました(笑)
東京タワーではやはり安全面でひっかかり実現は
むずかしいでしょうね。
安全面も大切だけど踏み切ってしまうフランスは
やはりすごい・・と改めて感心してしまいました。
それにしても事故がなくてよかった(ホッ)
非公開コメント

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

燃えるエッフェル塔

☆人気blogランキング☆ひゃ~勢いよくエッフェル塔が燃えているけど大丈夫!?実はこの日、7月14日のフランスは革命記念日、日本でいうパリ祭です。シャンゼリゼ通りでは恒例の軍事パレードがあるのですが、暑いし、人が多いし、子連れには大変だろうし…ということでテレビ

Pastis パスティス

Apéritif aniséフランス人が集まって、まずは、、と言ったら「パスティス!」これは、ハーブ(アニス)のリキュールです。原酒は琥珀色ですが、水で割ると写真のように白濁します。
| 2017.06 |
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
Rechercher

Mon profil

とろそれ(河村晶子Akiko KAWAMURA)            

  • Author:とろそれ(河村晶子Akiko KAWAMURA)            
  • パリ・サンルイ島の小さなStudioに生息していたピアノ弾き。現在は東京在住。娘のN子、パリ生まれの猫の銀と一緒に暮らしています。ヘアメイクの夫C氏は現在マレーシアで単身活動中。

    ☆ホームページ開設しました☆
    ピアニスト河村晶子のホームページ
    http://akikokawamura.jimdo.com/




    Copyright 3soleils All Rights Reserved

Articles

Catégories

Archives

Link

Commentaires

Track back

ページトップへ