Musical Baton?

2005.06.21 18:25|つぶやき
20050621030438s.jpg
Bonjour~!
いや~~パリは最近めっちゃ暑いです。
2003年の猛暑を思わず思い出してしまうほど。
あの夏は本当に暑かったなぁ・・。そこで昔のお話を少し。
(↑の写真はまだまだ日の沈まぬ夕方、サンルイ橋にビール
ジョッキを優雅に置いて立ち飲みをする陽気な人たちです)

今でも私の中で伝説なのが何週間も続く灼熱の暑さに
耐えかねて、扇風機を求め半ば怒り気味でBHV
(何でも揃う庶民派デパート)に行った思い出。
まだ開店1時間も経っていないのに地下一階の扇風機売り場には
在庫がなく人々が必死の形相で「いつボンティラトゥール
(扇風機)は買えるの?!」と店員に詰め寄っていた光景です。

私はBHVに見切りをつけ、だけどなんとしてでも扇風機を
探してやる!とふらふらと灼熱の石畳を歩いて幸運にもすぐに
よく行くマレの雑貨屋さんでもうあと残り3つとなっていた
扇風機をゲットする事が出来たのでした・・。
運良く発見した時は本当にうれしかったなぁ。
あの時の感動を今でも時々思い出します(笑)

だけどあの夏はフランスだけで信じられないほどの死者を
出してしまったので笑い事では決してないのですが・・
日差しが強い昼間はあまり外に出ず、お水を沢山飲むこと。
これから夏にパリに観光に来られる方は強い日差しには
十分注意してくださいね。
あ、あと最近辛いのがメトロ車内の暑さ。もちろん(?)冷房は
存在しませんので薄着になれるような格好がオススメです。
夜は冷えてくることもあるので上着もお忘れなく。
温度差による体調不良には気をつけてご旅行お楽しみくださいね!

おおっと・・さてさて、そうでした。
Musical Batonなるものが皆様から廻って来たので
早速私もチャレンジ(?)してみたいと思います~。
続きをご覧くださいねっ。

♪人気ブログランキングに参加しています♪


Musical Batonを私に送ってくださったのは・・
「◇bonbon堂◇」を運営されるbonbonさん、
「くーまくーま。」を運営されるafricaさん、
「ご飯と器」を運営されるsummergirlさん、
「punktchen und mucha☆」を運営されるミュタさん。
one」を運営されるn_teacherさん。
皆さん、私を選んでくださってありがとうございました♪

Musical Batonとはどうやら下↓の質問に自分が答えて
同じ質問を自分がチョイスした5人のブロガーの人にも
答えてもらう、そのブロガーさんの運営するブログには
必ずトラックバックを貼る、というイベント?なんですよね。
(これで合ってますでしょうか?不安な私)

音楽関係の質問なのでちょっと緊張気味な私。
どうしよ・・・緊張してきました(爆)
さっ。それでは答えてみよ~~


Q1 コンピュータに入ってる音楽ファイルの容量は?

A. 容量??ないです。(きっぱり)・・と答えようと
  思ったんですがよく調べてみたらありました(汗)
  私ってばいい加減やなぁ。
  曲名は・・・
●Disney's Fantillusion Parade
 これは私のピアノの生徒さんの一人からお借りしたCDの中の1曲。
 この曲をピアノアレンジで弾きたいなぁ~とのリクエスト
 があったのでインストールさせてもらったんです。
 ディズニーランドで行われるパレードの定番曲ですよね。

●エリック・サティピアノ作品集「TWIN BEST」
 ジャン=ジョエル・バルビエ(ピアノ)
 実は8月13日に私のアパートの隣人さんでもある声楽家
 ソフィー・ブーランさんとジョイントコンサートをする
 のですが(焼肉の会でも登場のSakuraさんも一緒に!)、
 そのコンサートで演奏予定曲のエリック・サティー作曲
 「スポーツと気晴らし」が入ったCD。
 師匠のITO先生よりお借りしました~。
 サティは随分前ですが日本でも一大ブームを巻き起こしましたよね。
 変人と天才の間を彷徨ったサティはまさにフランスの
 エスプリのカタマリです。この時代にこの音楽はスゴイ!

サティ~スポーツと気晴らし
テオドロ・アンゼロッティ
B00005IE69
↑私がお借りした盤は見つからなかったので・・

Q2 今、聴いている曲は?

A.偶然にもこのMusical Batonを送ってくださったafricaさんの
 ダンナ様andamarさんのブログ「ゆるゆるスピン」以前紹介
 されていた
ブラジルの歌姫JOYCEの「JUST A LITTEL BIT CRAZY」。
 
JUST A LITTEL BIT CRAZY
ジョイス
B00009SEX7

 私ボサノバが大好きなんです。
 特に今日みたいな夜でも暑い日に聴くボサノバはたまりません。
 JOYCEはボサノバっていうより軽やかなブラジル音楽って
 雰囲気ですが、ゆるやかな中にぴりりっと辛いスパイスが
 効かせてある彼女の歌声はボサノバに同じく爽やかな雰囲気を
 もたらせてくれそうです。はぁ~~夏ですねえ~~。


Q3 最後に買ったCDは?

A.何だろ??(ゴソゴソゴソ・・)
 あ、これです。思わずむふふっとなっちゃう一枚。
 Masters of Piano Roll/Ravel plays Ravel(Dal Segno社)
 そうなんです!なんとモーリス・ラヴェル自作自演CDなんです!
 たまりません~~(涙)
 だけどもちろん直接録音ではなくロールピアノと呼ばれる
 当時唯一ピアノ演奏を録音出来るピアノからの間接録音。
 (ラヴェル氏がロール・ピアノを弾くとそのピアノに演奏した
 そのものの記録が残って後から再生出来る・・というもの)
 
 もう聴いていると「これがラヴェル氏のペダリングかぁ~(涙)」
 「ラヴェル氏はこんなテンポで弾くのねっ(時にあまりに早い
 テンポでひっくり返ること多々。録音の関係なのか?)」
 ・・など、感動しまくりなんです。
 特に「亡き王女のためのパヴァーヌ」の最初のテーマが、
 まさに私のムッシューラヴェルのイメージと同じで鳥肌モノ。
 ちょっとよたったような弾き方がなんともキュートなんです(笑)
 有名な「ボレロ」も連弾での演奏でかなり必聴です。
 この宝石箱をひっくり返したような音符達の宴はラヴェル氏
 にしか作り出せない音楽なんですよね。フランス音楽万歳!
20050621045611s.jpg
私の持ってるCDと違うけど・・
日本ではこのタイプが買えるのかしら?
残念ながらアマゾンでは見つけられませんでした。
私が持っているCDはDal Segnoという会社から出ているものです。

ラフマニノフ:自作自演集
ラフマニノフ(セルゲイ) ラフマニノフ
B00005FL38
↑アマゾンではこんなの見つけました。
名ピアニストでもあったロシアの巨匠ラフマニノフの自作自演。

・・・ひょえ~~~すごいここまでで長文になってるっ。
それでは気合を入れて(ちょっと頭痛気味の私)最後の質問。

Q4 よく聴く、または特別な思い入れのある5曲は?
   思いついたのから書こうかな・・。

●Keith Jarrett「The Melody At Night,With You」内の曲全部。
 とっても有名なCDだと思うのでご存知の方も多いと思います。
 私このディスクにほろ苦い思い出がありまして・・(ポリポリ)
 私が大学を卒業したその春に初めて出会ったこのディスク、
 聴くとまさにその時代の春の匂い、切ない気持ちがわ~~っと
 洪水のごとく押し寄せてくるんです。
 Keith Jarrettはさらりと粋なジャズを聴かせてくれるので
 大好きな演奏家の一人。私も彼のアレンジでちょこっと弾いて
 見たりして感傷にふけることもあります(笑)

The Melody At Night, With You
Keith Jarrett
B00002EPJH


●MISIA 「Everything」
 ちょっとポップスも1曲。
 私実はピアノ弾き語りが趣味なんです。
 本音言うとピアノを人様の前で弾くより歌を歌ったほうが
 緊張せず楽しんじゃったりして・・・
 この曲はお友達のピアニスト稲田潤子さんの結婚式で弾き語りした
 思い出の曲でもあります。「歌うからワインなんて飲めない~」
 って言ってた私ですが飲みまくって歌ってしまいました(爆)
 私のレパートリーとしては宇田多ヒカルがほとんどなのですが
 思い出深い・・ということでこの1曲をチョイスしました。
 
MISIA GREATEST HITS
MISIA 島野聡 松井寛 佐々木潤
B00005V4Z2


●Joao Gilberto 「Malaga」
 ボサノバの神様、ジルベルトさんのCD何枚も持っています。
 ライブ盤に収録されているこの曲は私の大好きな街マラガの
 名前がタイトルになった、私にとってはちょっぴり切ない1曲です。
 この曲に限らずどの曲も大好き。
 JOYCEと同じく今の季節にオススメです。

João
João Gilberto
B0000047BV
↑私が持っているのはライブ盤ですが
こちらも良さそう。アマゾンで視聴出来るみたいです。

●Arthur HONEGGER 「交響曲第3番"Liturgique"」
 オネゲルはフランスを代表する現代作曲家でパシフィック231
(蒸気機関車の動きそのものをオーケストラで表現した曲)
が特に有名ですが、この曲もカッコいいっ。

「典礼風」という名前がついたこの曲は愚かな戦争に対する
オネゲルの熱い思いが込められた1曲で、出だしなんかバリバリの
現代曲~っていうマッチョな音質がズシンと来るんですが、
私が涙モノなのが終楽章のコーダ(曲のラスト部分)。
人間同士の醜い争いの中突然差し込む光、まるで天使が優しくも
悲しげな表情をして地上に降り立ったようなメロディーなんです。

私はこの曲を高校時代の音楽史の時間に初めて聴いてかなりの
ショックを受けて学校帰りに急いでCDを探しに行った記憶があります。
この曲がとても好き、と授業中かけてくださった先生に
私が憧れていた・・という事実もこの曲が印象深い
理由でもあるんですけどね(笑)
はぁ~~何か書いてて恥ずかしくなってきた(汗)

オネゲル:パシフィック231
フルネ(ジャン) オランダ放送フィルハーモニー管弦楽団 オネゲル
B000066IL9
↑私が持ってるCDじゃないですが・・オネゲル入門にいいかも。

●Debussy作曲 Suite Bergamasque(ベルガマスク組曲)と
       Deux Arabesque(二つのアラベスク)
ちょっと変則的に2曲を挙げました。
私がフランス音楽に最初に触れたのがこの2曲なんですが
どちらが先に弾いたか忘れちゃったので・・
最初のベルガマスク組曲は4曲からなる楽曲で特に
3曲目の「clair de lune(月の光)」は日本でもCM曲
なんかになって有名ですよね。

この2曲との出会いは私が小学校6年生か中1くらいの
時にベルガマスク~の1曲目プレリュードを、そしてその
同時期くらいに二つのアラベスクの1曲目を、その時
教えていただいていた先生に頂いたのが最初でした。
これらはフランス音楽を代表する作曲家ドビュッシー氏の
作品ですが、この曲との出会いが今から思えば私がフランスに
来る原動力にもなったんだなぁと思い返します。
この曲を始めて譜読みした時の感動、「ピアノでこんな
不思議な音が出るんだ!」と純粋にびっくりしたのですが
あの時の感動はやはり今でも忘れられません。

体の中からじ~~んとシビレちゃうような不思議な感動は
私にとってドビュッシーやラヴェルなどのフランス音楽に
接した時に感じる感覚なのですが、その感覚との出会いが
この小さな美しい2曲から始まったんだったんだなぁと思うと
何だか不思議な気持ちになります。
この曲に出会ってなかったら・・今頃私はどこにいたんだろう?

ドビュッシー:ピアノ集(2)
フランソワ(サンソン) ドビュッシー
B00009PN8A

ドビュッシー:ピアノ集(3)
フランソワ(サンソン) ドビュッシー
B00009PN8B
↑やはり天才フランソワの演奏はいいです。大好きだけど彼の
マネなんかして弾いたら絶対ブーイングモノだろうなぁ(笑)
天才の真似を凡人がしちゃいけませんね(ガクリ)


は~~~~っ。質問に答えきりました!
とろそれ、お疲れさま~~(自分でヨシヨシ)

だけどこうやって曲について書き出すのってなかなかないから
いい経験でした。もっとご紹介したい曲もあったけど・・
またいつか!!

ええと・・・それでは私も誰かにTBしようかしらん。
発表です。

●ばぶこ(BABUBUBBLY)
 私の妹だからね。そりゃぁ答えなきゃ。
●MIZUSHIMAくん(未来への言葉)
 引越し準備で忙しいかもしれないけど、よろしくねっ。
 え?今ブログ見たらポンキッキーの歌が聴きたいとな??
 どんな回答が出るか楽しみかも(笑)
●Fuchsiaさん(Fuchsia流パリ生活)
 どんな音楽聴かれるんだろ?是非おしえてくださ~い♪
●makimakiさん(バゲットのある風景)
 makimakiさんはお洒落な曲がお好きそうかも。
 フレンチ・ジャズとか・・・。どうですか??
●ゴン麹さん(ゴン麹 世界の酒を訪ねる!!)
 お酒に合う音楽は??私は・・ジャズかなぁ。
 ゴンさんには・・泡盛片手に民謡を聴いていただきたいっ(妄想)

・・・はっ。もう5人になっちゃった。
もっと聞きたい方もいらっしゃいますが・・結構この企画
色んな場所で行われているので私が送らなくてももうTBが
廻ってるかもしれませんね。楽しみです~~~~

そして・・ちょっとこの記事書くのに疲れちゃったので
皆様のコメントへのお返事、遅くなりそうです(涙)
気長にお待ちいただければ嬉しいです・・・ばたっ(倒れた音)

♪人気ブログランキングに参加しています♪

Comment

ご協力ありがとうございました。
すごいたくさんのところからトラバが来たんですね~。
ボサノバってのがちょっと意外で驚きました。クラシックのイメージだったもので。確かに暑い日に聴くボサノバはたまりませんね。

こちらにトラックバックを送信しなおします。以前のは削除しちゃってください。

とろそれさん
ご無沙汰しています。
昨日、今日は梅雨の晴れ間で、東京、横浜もむしむしと暑いです。
いっこまえのブログ、ブログ仲間のオフ会、楽しそうですね、だし、旨そう~。

ところで、アタクシはこの度新サイト「あそびすと」を立ち上げました。
「DESK TOP MAGAZINE」スタイルを目指すサイトです。コンセプトは究極の楽観主義・asobismをコアにした新しいライフスタイルの提案。なんだけど…
なんのことはない、早い話が「アフィリエイトサイト」です。
編集の仕事はちかごろめっきり「谷」が多くいので、苦肉の策なんですが、策が策になってない(T_T)
で、コーナーのひとつに「我ら地球人」というのがあって、そのページにとろそれさんのところをリンクさせていただきました(事後でごめんなさい)ので、プロフィールなど訂正がありましたら掲示板にお知らせください。(とろそれさんの自己紹介文から引用しました)
「四季折々」ともども「あそびすと」をよろしくおねがいします。
コーナーのURLは
http://www.asobist.com/chikyujin/index.html

すごいっ、全力投球で挑んで頂き、ありがとう(笑)
ここまで詳しく、ビジュアル付きだと、立派な記事ですねえ。
Joyce、聞いてくれて好きになってくれたのね。
うれしいな。パパも喜んでます。
João Gilbertoかあ、いいよね。
あ、私の方では書いてないけど、実はものすごく好きなの、娘のBebe Gilbertoが。
いくら聞いても飽きないわ。

あ、Bebelって書いたのに、L が抜けてるっ(汗)
あと、Keith Jarrett はパパが思い入れあるの。学生時代にジャズ喫茶で聞いて惚れたんだって。
うちに「ケルン・コンサート」(文字がでないんでカタカナで)のCDがあります。
これ、アドリブで弾いてるんだよね。
すごい・・・。特にやっぱり出だしが神がかってるよね。
そうそう、パパが紹介してた、チャノ、もし聞く機会があったら聞いてみて。フラメンコとジャズを硬度に融合させてるすごい人だよ。

こんばんは~。「Musical Baton」、流行ってますね!自分のサイトはBlogではない(コツコツ手作り)のでTBいただけませぬ。ゆえに勝手にやってみましたw(ネタ切れともいう)。

ラフマニノフ・・・久しぶりにアシュケナージバージョン聴きたくなってきたな。さて。どこにしまったか・・・。

とろそれさん、おつかれさまー☆
ボサノバ、あたしも好きです。ラジオで、日曜の夜にボサノバの時間があって、ぼんやりとそれを聴いてるのが好きです。ボサノバ・・じゃないけど小野リサの声も好き。。おしゃべりもボサノバに聞こえる・・

そうね~、暑い夜に、聴きたい音楽ですよね。

それにしても、頑張りましたね~(スゴイ☆)

わぁ~お!じっくり読ませていただきました。
とろそれさんのお好きな音楽、とても興味があったんですよ~。
フランス音楽との出会いのお話では、とろそれさんと
フランス音楽が呼応しあって、心が揺すぶられたときの
情景が鮮やかに語られていて、感激しました。
ラヴェル自作自演、いいですね~!!!私も探してみよう。
以前の「ラヴェルのお家」の記事も読み直したくなりました。
なんだか、とろそれさんの心の宝石を見せていただいた
みたいで、嬉しかった。ありがとう。

●bonbonさんへ
おはようございます~~
このミュージカルバトン、面白い企画でしたねぇ。
またこんなの来たら是非TBしちゃってください!わくわく。

●本屋のおばちゃんさんへ
こちらこそご無沙汰しております~~
新しいサイト開設されたとのこと、いつもながら
本屋のおばちゃんさんの行動力には感心してしまいます。
そのサイトにさんるい横丁を加えていただけたんですね。
光栄です。先ほど覗かせていただきましたが
色んな国の方の生活が簡単にのぞけて面白いですよね。
また私もちょくちょく遊びに行かせていただきますね。
どうぞよろしくお願いします・・・

●africaさんへ
こんばんは~~
ミュージカルバトン、全力で書かせていただきました(笑)
だけど面白い企画だったですよね。
自分自身の思い出の記録にもなったし・・
そうそう、JoyceのCDを買いましたよ~って
ずっとandamarさんにご報告しなきゃって思っていたので
この機会に知っていただけてよかったです。
ジルベルトもいいですよね~~。私の妹も大ファンで
半年くらい前に大阪のコンサートに行ったとか。
その時始まりが遅いのにはまぁちょっとびっくり
したけどなにより驚いたのが45分くらい続く曲間の瞑想タイム。
ジルベルトおじいちゃん、みんなが拍手している45分近い間
ずっとうつむいて動かなかったそうなんです。
さすがにみんな手も疲れてくるしおかしい・・と思ったらしい
んですが、どうやら彼なりの感謝の表現方法だったらしい(爆)
さすが・・神、ですよね。
娘さんの歌声はまだ聴いたことないので早速探して見ます。
チャノも興味あるなぁ。あ~CD沢山買いたくなってきた。
やばいです・・(笑)

●Spiralさんへ
Spiralさんもミュージックバトン企画、されたんですね。
興味あります~~覗かせていただこっと。
そしてちょっと意外(?)だったけどラフマニノフ
お好きなんですね。私はラフマニノフ何故か
あまり縁がなく弾いたことがないんですが、昔小学校のころ
作曲をしていた時期、作曲の先生から「君はラフマニノフを
参考にして曲を書いているの?」と聞かれ、全く無知な私は
ラフマニノフを知らず焦った記憶があります(笑)
ラフマニノフの曲想に私の曲想が似てる
なんてなかなか光栄ですが(喜)
ちなみにブログでよく名前が出てくる稲田潤子さんは
ラフマニノフコンクールの受賞者でもあるんですよ。すごい!

●ミュタさんへ
おはようございます~~
はぁ~ミュージカルバトン、とっても自分のためにもなった
素敵な企画だったんですが疲れました(笑)
わたしってばおしゃべりだからエピソードが止まらない・・
ミュタさんもボサノバお好きなんですね!
私も小野リサさんの歌声、大好きですよ。
おしゃべりしている声、たしかにボサのメロディーみたい。
いいなぁ、あんな素敵な女性憧れちゃいますよね。

●Monicaさんへ
おはようございます~~
Monicaさんのミュージカルバトンもとっても興味深く
読ませていただきましたよ~~
Monicaさん、結構ロックとかもお好きなんですね。
オペラもお好きとのことで聴かれる
音楽の幅が広いんだなぁと感心しちゃいました。
私は最近ほとんどCD買ってないなぁ。
クラシックも聴くのはいいけど勉強モードになって
聴いちゃって心からイマイチ楽しめないのが最近の悩みかも。
だけどラヴェル氏の曲はそう思うと純粋に感動できる曲が多いかも。
自作自演、いいですよ~是非聴いてみてくださいね!

とろそれさん、弾き語りされるんですね。
聞いてみたいなー。
ミュージカルバトン、指名ありがとうございます。
思ったより書き上げるのに時間がかかったけど自分の好きな曲を再認識するいい機会でした。
最近はずっとラジオやネットでダウンロードした曲を適当に聴いてるだけだったんでちょっと焦りました。
でも自分に素直に好きな曲をリストアップしてみました。
ということで最新の曲ってのは全く無いんだけど。

音楽ロード。なんとか作りました。
今、5名探してます。
ううむ・・・。難しい♪

随分古い演奏家にもご興味をお持ちなんですね。
ラフマニノフは作曲家としてももちろん、ピアニストとしても一流だったので随分レコードも残っていますね。ピアノロールも多いですし。
他にはマーラー、ドビュッシー、ブゾーニなどのレコードやロールがあり、いずれも面白いものです。
明日のリサイタル、聴きにいけないのは残念ですが、是非頑張ってください!!

●Fuchsiaさんへ
おはようございます~なんだか蒸し暑いですねぇ。
ミュージカル・バトン、お答えいただいて
ありがとうございました!
面白いですよね、この企画。
だってすごく中のいいお友達でもこれだけ
詳しく好きな音楽などのことについて
聞ける機会ってないもの。
Fuchsiaさんの音楽の好みも垣間見れて嬉しかったです~

弾き語り、結構練習合間のストレス解消方に
なっていてよくやってるんですよ(笑)
ご近所では「ベートーベンの後になんで
ポップス歌ってるんだろ?」って首傾げられてるかも。

●ゴン麹さんへ
こんばんは~。
ミュージカル・バトン、答えて
いただいてありがとうございました!
ゴンさんならではの音楽とお酒との融合、
興味深かったですよ~
中ではアイーダとエジプトビールの
組み合わせが体験したいですねっ

●credenzaさんへ
おはようございます!
パッハマン、実は師匠のITO先生からテープを
お借りして聴いたことがあるのですが、すごい
テクニックと時々発せられる声にびっくりでした。
まさに昔のピアニスト、ですよね。
最近とても自作自演に興味があるのでいつか「自作自演全集」
みたいなのを手に入れたいです。
コンサート、ついに明日になってしまいましたが
前よりも充実したコンサートに出来るよう挑みたいと思います!
温かいコメント、ありがとうございました・・

とろそれさん、こんばんは。うちも回ってきました、ミュージック・バトン。遠い昔(青春時代)に思いを馳せてたらどっぷり嵌まってしまい、忙しいのにえらく時間を食ってしまいました(涙)。
さすがに専門家の方のコメントは違いますね!私のはちょっとキワモノもありますが、
トラックバック張らせていただきました。どうぞよろしく~。

●ノワゼット武ちゃんさんへ
こんばんは!私もノワゼットさんのミュージックバトン、
拝見しましたよ~。面白いですよね、この企画。
だけど確かにおっしゃる通り時間を食う(涙)
音楽批評や趣味は書くとキリがありませんよね。
ノワゼットさんの趣味は・・キワモノでしたっけ?
私が知らない分野が多かったので興味深かったですよ♪
非公開コメント

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Music☆Baton

6月17日 (金)   曇りホンコン金魚さんから、面白そうなトラバ企画が廻ってきました。質問に答えて、5人の人にトラバを送るんだそうです。送らないからと言って不幸になるとかは書かれていませんでしたが、せっかくだからやってみよう。

Musical Baton♪

「くーまくーま」の africa さんから、ミュージカルバトンがまわってきました♪さてさて、どの曲を選びましょうか?悩むところです。でわ、Monica いきま~すっ!!♥ いまパソコンに入ってる音楽のファイルの容量  4GB(iPod mini いっぱいいっぱい)♥ 最後

夏至の音楽祭

今、ブログ界なるものにmusical batonというものが回っているらしいです。うちにもバトンが飛んできたと思ったら、ちょうど6月21日、フランスはFête de la Musique(フェット・ドゥ・ラ・ミュージック、音楽祭)の日。相変わらずタイムリーではありませんが、この話題とと

MUSICAL BATON noisette編

MUSICAL BATONが回ってきました。最近のお気に入りはクラウス・ノミ!何と映画が日本でも公開!

Musical Batonがやってきた

まず最初にofuran-suさんから、それに続いてafricaさん、立て続けにkimcakeさんから回ってきたMusical Baton。5人に回しなさいという指令に、皆さん苦労しているようです(笑)。音楽からとんと遠ざかっている私なのですが・・・何とか答えてみたいと思います!写
| 2017.10 |
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
Rechercher

Mon profil

とろそれ(河村晶子Akiko KAWAMURA)            

  • Author:とろそれ(河村晶子Akiko KAWAMURA)            
  • パリ・サンルイ島の小さなStudioに生息していたピアノ弾き。現在は東京在住。娘のN子、パリ生まれの猫の銀と一緒に暮らしています。ヘアメイクの夫C氏は現在マレーシアで単身活動中。

    ☆ホームページ開設しました☆
    ピアニスト河村晶子のホームページ
    http://akikokawamura.jimdo.com/




    Copyright 3soleils All Rights Reserved

Articles

Catégories

Archives

Link

Commentaires

Track back

ページトップへ