サマリテーヌの閉店。

2005.06.16 23:51|パリの日常
20050616212936s.jpg
びっくりしました。
今朝TVのニュースで昨日パリ百貨店の老舗サマリテーヌが
閉店したとの事を伝えていたからです。
調べてみたら日本のYahooニュースではもう先日から
取り上げられていたんですね。知らなかった・・
↑サンルイ島にかかるPont-Marieから眺めたサマリテーヌのある風景。

Yahooニュース アールデコの百貨店閉館 
パリ 安全面に問題、改修へ


人気ブログランキングに参加しています。
20050616212842s.jpg

サマリテーヌってギャルリーラファイエットやプランタン
デパートのように華やか!っていう感じではないけれど、
パリに住んでいる人たちに密かに愛されている庶民的な
デパートという雰囲気で好きだったんですよね。
私の住むサンルイ島にも近く、セーヌを望む場所での営業
だったので観光客の人も多かったのですが、オペラ界隈の
デパートとは違いごちゃごちゃし過ぎてなく、見やすい
店内だったのが特にお気に入りでした。

中でも素晴らしかったのが内装。アールデコ様式の吹き抜けの
フロアは毎回行っても見とれてしまうほど優雅で、初めて
サマリテーヌを訪れた時「さすがパリのデパート!」と
ため息物だった記憶があります。

改修工事のための休業とありますが・・
やはり他デパートとの競争に敗れてしまった格好なのでしょうか。
もうすぐソルドの季節だというのに閉めてしまうということは
よほど深刻な経営状況だったのでしょう。
いつかまたあのアールデコの華やかな空間でお買い物が
出来る日が来るといいのだけれど・・・本当に残念です。

↑ボケボケですがメトロ構内で撮影したサマリテーヌの広告。
 日本フェアをやっていたので和菓子のようなヘンなキャラが
 お箸の間で驚いた顔をしています。
 日本人の私からしたらちょっとビミョーな広告(笑)
20050616212904s.jpg
↑これは比較的最近のサマリテーヌの広告。
今年はフランスではブラジル年なのでブラジルフェアみたいな
のをやっていたんでしょうね。もうしばらくサマリテーヌの
広告も見れないのか・・悲しい限りです。

パリはきょうもお買い物日和―私が見つけたおしゃれの定番スタイル
斉藤 智子
4804702490

↑パリ在のジャーナリスト斉藤智子さん著の本。
 実は斉藤さん、C氏のお友達だったりします。

人気ブログランキングに参加しています。

Comment

(↑(ん?↓)実は裏Blog!?のURLになってます♪)

お気に入りのお店が閉まってしまうって
寂しいですよね。でも百貨店、不景気なところが多いのは、パリも同じなのですね。

事前に『閉店セール』もなかったのか;;
残念;;;

ところでパリでもお買物はデパートよりも
個人のお店で買う方が多いですか(イタリアのように)。

え”~!!!サマリテーヌしまっちゃうんですか!!
知りませんでした。雰囲気はとてもいいのに、競争が激しくなったのでしょうか。
ちょっと残念ですね。是非改修してから再開して欲しいですね。
それにしても夕焼け、とてもきれいでうらやましいです。

こんにちは!わたしもサマリテーヌの閉店はショックでした…ほんと、あの庶民的な感じがよかったんですよね。いつも空いてて買い物しやすかったし。(←だから閉店?)表向きはセキュリティーの問題で閉店とのことですが、多分経営難の理由も大きいですよね。パリらしい風景の眺められる立地だから、ホテルにでもした方が儲かるのかな…?長くて5年の改修工事、いつの間にか、完全に閉店ということも想像に難くないです。

ショ~~ック!!サマリテーヌ、大好きだったのに。
パリに行くといつもrue dauphineのホテルに滞在するので、てくてく歩いてポンヌフの向こうにサマリテーヌが見える、あの景色が好きでした。ふつうの飾らないパリらしい商品がいっぱい揃っていましたよね。ペット用品売り場も他のデパートより充実していたし。ナオミのキャットツリーやベッドはあそこで買ったのです。
あのイネス・ドゥ・ラ・フレサンジュも、サマリテーヌがいちばんのお気に入りだったらしいですよ。ほんとに残念。

フランスでも、数日前から、ニュースでサンディカとのもみ合い、報道されてましたね。
ニュースの雰囲気では、もうちょっと先に閉まるのかと思っていたら、昨日、バスで前を通りかかって、シャッターが閉まっているのに、びっくりしました。
古い建物だし、改修に時間がかかるのはわかるけれど、3、4年って…ですよね。
実は、ソルボンヌの大学図書館もパリ市が改修したくて、2007年から3年間閉めちゃうとかなんとかで、もめてます。
しかもこれを機に、蔵書を減らすとか。
改修の間、一切図書を閲覧できないなんてなったら、どうするんだろう…。
古い建物だと、どうしてもこういう問題がおこるのでしょう。
でも、それだけの年数を掛けるのなら、きちんと直って、また皆に愛されるような使われ方をしてほしいですね。

●go2rumaniaさんへ
こんばんは!
秘密(?)のブログお持ちだったんですね。
・・ということは現在3つのブログを運営??すごい!!
サマリテーヌは確かに人が少なめだから見るのにちょうど
いいなぁ~と思っていたら、やっぱり不景気だったんですね。
しかしソルドを待ってもよかったのになぁ。
建物の老朽化についてニュースで伝えていましたが、確かに
ソルドで人が押しかけて床が抜けたら恐ろしいですもんね・・
実際サマリテーヌの床はよくきしんでびっくりすることが
あったので安全対策としてはよかったのかもしれません。
あ、あと個人店での買い物、イタリアと同じくフランスも
深く根付いていると思います。
ルーマニアにも面白そうな個人店、沢山ありそうだなぁ~♪

●credenzaさんへ
こんばんは!
credenzaさんにとってもサマリテーヌは馴染み深いデパートだった
んですね。私もパリに来た当初サマリテーヌに行ったら
限定ソルドをやっていたのでお皿などをうきうきしながら
買ったことを思い出します。
それにしても急すぎて・・何だかパリのいい思い出が一つ
消えてしまった気がして寂しいです(涙)
夕日の写真、遠くにサマリテーヌの2本の旗が写ってるの、
見えますか?

●tarte-mirabelleさんへ
こんばんは!
サマリテーヌの閉店、寂しいですよね。
だけど未だにメトロ構内にはサマリテーヌの広告が貼ってあったり
して現実とは思えません。折角家からも近かったから
文房具とか買いに行くのに便利だったのになぁ・・
経営難は頷ける要因ですが、建物の老朽化にも確かに
頷けます。サマリテーヌの床板、結構ギシギシいってびっくり
することもあったんですよね・・

●Monicaさんへ
Monicaさんもサマリテーヌのファンだったんですね!
実はこの前の冬に日本から友人が来た際「お土産にワンちゃんの
お洋服が欲しい」とリクエストがあったのでサマリテーヌ上階の
ペット用品コーナーで物色したのです。
私もその時ソルドコーナーで銀にサンルイ用のご飯皿を
買ったなぁ。なかなか品揃えよかっただけに寂しいです(涙)
あそこの立地はすばらしいからホテルになるのかも?という
話がありますが・・あの最上階に2本旗の立ったちょっとユーモラスな
雰囲気は壊さないで欲しいと願って止みません。

●紗季さんへ
こんばんは!
紗季さんは以前からニュースでこの問題を知ってたんですね。
私はあんまりニュースを見てないから
気づいたのが遅かったです(笑)
それにしても早い閉店でしたね。。従業員の方のリストラは
100%ないって上層部は言っているようですが閉店になって
そんなことは可能なんでしょうか??
ソルボンヌの図書館も閉まってしまったらそれこそ学生陣は
大変ですよね。まったく閲覧できなくなるなんてことは・・
フランスだったらあり得そうで怖いっ!
ホント紗季さんのおっしゃるように、長い年月をかけて直すので
あれば、今までよりももっと人々に愛される
存在にして欲しいですよね。

ラファイエット,BHVと回り,犬の服買いにやっとたどりついたサマリテーヌ.あの吹き抜けとエスカレータ忘れられません.かばんを置き忘れたこともね.そうか,閉店.さみしいなあ.
きっと日本だったら,改修しながら営業続けるけどな..パリは地震もないのにね.もちょっとうまいことやって欲しいもんです.

えええーっ!サマリテーヌ、ってポンヌフの隣の、あのサマリテーヌ、ですよね…?閉まっちゃったんですか…残念(;_;)
最上階のカフェは見晴らしがいいし、変な気を使わずに入れるので重宝してました。
建物は残すのかしら…。残して欲しい…。
東京と違って、パリはいつ行ってもお気に入りの景色はそのまま残ってる物だと思ってるので。。

●隊長へ
そうそう、私と隊長との思い出のサマリテーヌでしたよね(涙)
折角わんこの服見つかってるんるんだったのに
私ってば大ドジを・・・恥ずかしい~~
だけどそんなサマリテーヌも見れないなんて
悲しくて密かに涙していたのでした。
ここからは極秘情報なんですが・・
私の裏ルートの情報によると(なんじゃそりゃ)
ルイヴィトングループが買い取ったそうです。
あそこがルイヴィトン!?いやだ~~~~!
非公開コメント

| 2017.05 |
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
Rechercher

Mon profil

とろそれ(河村晶子Akiko KAWAMURA)            

  • Author:とろそれ(河村晶子Akiko KAWAMURA)            
  • パリ・サンルイ島の小さなStudioに生息していたピアノ弾き。現在は東京在住。娘のN子、パリ生まれの猫の銀と一緒に暮らしています。ヘアメイクの夫C氏は現在マレーシアで単身活動中。

    ☆ホームページ開設しました☆
    ピアニスト河村晶子のホームページ
    http://akikokawamura.jimdo.com/




    Copyright 3soleils All Rights Reserved

Articles

Catégories

Archives

Link

Commentaires

Track back

ページトップへ