セーヌ岸の夢の跡。

20050603185623s.jpg
先日もセーヌ岸で日向ぼっこしつつの記事を書きましたが、
同じ岸で面白いものを発見しちゃいました。
以前地質学に詳しい友人も別のセーヌに近い場所で同じ指摘を
したんですが・・・さて、それはなんでしょう??

♪人気ブログランキングに参加しています♪
ここをクリックして我がブログに一票を!

20050603185436s.jpg
はい。答えはこの中にあります。
ちなみに本を読んでるお兄さんではありません。
私と同じく日向ぼっこしているハトさんでもありません。
20050603185518s.jpg
ん??見えますか??古代の夢の跡が・・
20050603185455s.jpg
そうなんです。答えは小さな巻貝たちの化石。
今まで気づかなかったんですが、無数に石に残ってるんですよね。
パリのこういう石はパリの地下から昔掘り出したものだと
聞いています。(なのでパリの地下は穴だらけだとも言います)
先ほどの友人はこの化石を発見してかなり喜んでいました。
友達曰く日本ではかなり珍しいとのこと。
ずっと以前、TVで名古屋の地下街の床に敷き詰められた
大理石に化石を見ることが出来る・・というルポをやっていた
ような記憶があるんですが、取材するくらいだから
頻繁に見かけられるものではないのかな?

ちなみに私の住むアパルトマンの共同通路の床(もちろん石製)
にも先日化石を沢山発見しました(笑)
こんな身近な所で化石観察なんて・・わくわくしちゃいますね。
足元に古代の夢の跡・・小さなロマンです。
20050603185348s.jpg
日向ぼっこする私達の先には高級レストラン、
トゥール・ダルジャンのお姿が。
(あの旗が立ってる建物がそうです。最上階のガラス張りの場所
がレストラン部分と聞きますが・・見晴らしよさそう。)
そしてバゲットをかじりながら坊主頭のC氏の姿が寂しく
トゥール・ダルジャンを見つめています。
いつかお金持ちになったら行きたいねぇ(涙)
20050603185333s.jpg
さ、帰ろか。
現代の私達は今の夢を抱きつつ岐路に着くのでした。
さ~がんばるぞぉ!

セーヌに浮かぶパリ
尾田 栄章
4434057677

↑サンルイ島もセーヌの緩やかな流れに浮かんでいるんですよね。
 私も毎日その上をぷかぷか・・

♪人気ブログランキングに参加しています♪
ここをクリックして我がブログに一票を!


Comment

とろそれさん、こんにちは♪
今までは日本からコメントでしたが、今日からは同じパリからですよー。
気持ちよさそうピクニックですね!実は私は今日、このあたりに出没してました。笑。ところで、知りませんでした、あんな跡が残っているなんて!これからは気をつけて見てみるようにします。
それにしてもC氏の頭がさりげなく(?)写ってるのがいい感じ♪では、また。

とろそれさん
おはようございます。よーく見ると結構残っているものですね。化石。
パリの地下は石を切り出した後にお墓を作り、カタコンブとして残っていますね。あとは貯水池になっていたりしますが、大きなゴミ捨て場もあったようです。メトロのシャトレあたりはなんだか変なにおいがしますが、あれって大昔のゴミ捨て場の跡に駅を作ったのでその匂いが抜けないそうです。

ところで、これからそちらに出かけます!週末お天気だといいなぁ。

へぇー!気がつかなかった。面白いですネェ。
化石…ではありませんが、サンミッシェルにあるクリュニー美術館の地下にはローマ時代の遺跡がありますね。とても素敵で、好きな美術館のひとつです。

●ちはるさんへ
無事パリ入りおめでとうございます!
サンルイ島を廻られたり早速満喫していらっしゃるんですね。
化石は案外色んなところに残っていそうで調べてみる価値アリかも。
ちはるさんのアパルトマンも要チェックですよ~。
もしサンルイ付近や14区周辺にうろつく私を見かけたら
是非お声をかけてくださいね。

●credenzaさんへ
こんにちは!・・というかcredenzaさんもう既にサンルイ通過された
可能性大じゃないですか!朝サンルイをふらつけばよかった!
今日は少し寒いけどいいお天気になってきましたね。
どうぞパリでのよい週末をお過ごしくださいね。
そして石灰石の掘り出した跡のお話、シャトレの話は知りません
でした!どうりで異臭がするんだ・・独特の湿気もありますよねぇ。
ちなみにC氏はカタコンブの近くに住んでいるのでもしや地下は
骸骨だらけじゃ・・と時々想像してしまいます(笑)

●bonbonさんへ
こんばんは!化石、なかなか面白いですよね。
パリも大昔は海だったんだなぁと思うと(地下にあった石灰石
に化石があるってことは、海だった・・ってことですよね)
何だか感慨深いものがあります。
クリュニー美術館、よく隣は通るしいつも行きたいなぁと
ぼやいてるのに、一度も行ったことないんですよ!
ダメだなぁ。近々行って参ります・・

化石と言うお題で。
マッターホルン山頂にもあります!!
数十億年の地球の歴史を考えると、人間の存在なんて小さなものですネ!

ベルンで国鉄地下通路に中華のファーストフードや寿司のテイクアウトがあるのですが、その横にローマの遺跡がむき出しで同居してます。。。

Bonsoir!
知らなかったわ。
でも、何度もパリに行ってる私ですが、いまだセーヌで日向ボッコはしたことないかも・・です。
やはり、しょせん旅行者ですねえ。

はじめまして♪
ときどきブログみせていただいてました!
一昨年旅行で行ったパリが懐かしいです
今、日本もそうですが、パリもいい気候みたいですねー

お菓子ではなく実は地質学が専門の隊長です.
実は陸地のほとんどのところが一度は海の底を経験してたりします.なので,いろんなところで化石は出放題.
例えば,ジュラシックパークのジュラ紀.ジュラってどっかで聞いたことありません?
そう,フランスとスイスの国境のジュラ山脈.ここで化石がいろいろ出るので,ジュラ紀.
へえ~~です?

●petit cervinさんへ
こんばんは!
マッターホルンにまで化石なんて・・よっぽど
大昔は海の位置が高かったからあんな高い場所でも
生物が住めたんですね。
マッターホルンの化石はなんの化石なんだろう?
貝・・ではないですよねぇ。ううむ、不思議です。
ベルンの歴史的な物の隣に中華・・というのはパリでも
もちろん同じ現象が見受けられます。
先日気に入ってた100年くらい続くサロン・ド・テが思いっきり
すし屋に改装中で涙が出ました・・
エセすし屋と中華のタケノコ化現象には歯止めをかけて欲しいものです。

●lieさんへ
こんばんは!
lieさんはかなりの回数でパリに遊びに来ていらしゃるんですね。
もしお天気のいい紀行でしたら是非サンドウィッチを買って
ワインを持って(お酒がOKでしたらこれは重要!)
セーヌ岸へといらしてください。
やはりお勧めの岸はサンルイ近く。
まるでお花見の雰囲気ですよ~。

●ピコさんへ
初めまして!
いつも遊びに来ていただいているとのこと。
ありがとうございます!コメント嬉しいです♪
ピコさんも昨年パリに来られたんですね。
私の写真をご覧になって懐かしさを覚えていただけるのは
ブロガー冥利に尽きる、といった感じです。
パリに住んでいるといっても地味に活動しているだけなので
なかなか雰囲気のある写真を撮ることが出来ませんが
私なりのパリガイドが出来れば・・と思っています。
また遊びに来てくださいね♪

●隊長へ
コメントMerciです!
思えば隊長がパリに遊びに来た時に化石を発見して喜んで
ましたよね。あの時はびっくりしましたが、我が家の下
にも化石があったのには驚きでした(笑)
ところでジュラ紀のジュラ、知ってますよん。
去年の夏2泊でジュラ地方に行ってきたのです。
ブザンソンとその近郊だったんですがよかったですよ。
目的はもちろん・・コンテチーズとヴァン・ジョーヌ。
いつでも食意地爆発の私でした。

化石の追伸。
マッターホルンの化石の話はもちろん貝やサンヨウチュウの事ですよ!!
隊長さんの話にあったようにマッターホルンやエベレストもその昔海の底にあったのですね。どんな山にも体積層がありますから!

●petit cervinさんへ
へええ~~~マッターホルンでも
やはり貝があるんですね!
地球は偉大だなぁ。そして海はまさに生命の源ですね。
非公開コメント

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ヨーロッパへ行く

ずーっと前から計画していたヨーロッパ鉄道旅行。
| 2017.08 |
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
Rechercher

Mon profil

とろそれ(河村晶子Akiko KAWAMURA)            

  • Author:とろそれ(河村晶子Akiko KAWAMURA)            
  • パリ・サンルイ島の小さなStudioに生息していたピアノ弾き。現在は東京在住。娘のN子、パリ生まれの猫の銀と一緒に暮らしています。ヘアメイクの夫C氏は現在マレーシアで単身活動中。

    ☆ホームページ開設しました☆
    ピアニスト河村晶子のホームページ
    http://akikokawamura.jimdo.com/




    Copyright 3soleils All Rights Reserved

Articles

Catégories

Archives

Link

Commentaires

Track back

ページトップへ