猫とパンダ。

2011.12.13 18:51|ぎん

昨日電車に乗って三鷹の方に行って来たのですが、
澄んだ冬の空に黄色のイチョウの木がとても美しく
車窓の風景を彩っていました。



さて、我が家はマンション住まいなので比較的冬でも
暖かいのですが、我が家の銀(久々登場ですねぇ)は
やっぱり猫だけに寒がり。


パリに住んでいた時もショファージュ(暖房)にかじりつきでしたが、、


sIMG_0117.jpg



やはり今でもかじりつき。

そしてC氏がイタズラしてその横にパンダのぬいぐるみ
を置きました。銀、暖房に対して不動のポーズ。

ちょっと近づき過ぎの気がしますが、、大丈夫なんだろうか。


この秋から我が家に登場したダイキンのセラムヒート。
結構暖かさが強力なので、前に陣取る銀を触ると
毛が結構熱くてびっくりします(笑)



sIMG_0121.jpg


ちらりと横を気にする銀。



さすがに長時間パンダと暖をとるのは気が散るようです。







↑エアコンで暖を取るのは乾燥してあまり好きではありませんでしたが、
今年はこれが活躍してくれそうです。デザインもなかなかオシャレだし
何より省エネなのが気に入ってます。




三鷹にはジブリの森美術館に行ってきましたよ。
またアップしたいと思います♪人気blogランキング♪





テーマ:猫のいる生活
ジャンル:ペット

赤ちゃんと楽しむクリスマス・コンサート in 代々木

2011.12.12 08:55|Musique~音楽
クリスマスリトミックチラシjpeg










こんにちは。

東京は今日もいいお天気ですが、寒い、、、

街はクリスマスの装いになってきていますが、21日に代々木の
国立オリンピック記念青少年センター内で赤ちゃんのための
リトミックコンサートを開催することになりましたので
告知させていただきます♪



NPO法人HIMEMAMA主催
うたって踊ろう!
クリスマスリトミックコンサートin 代々木



子育て支援サークルとして今各メディアから大注目のHIMEMAMA。
定期的にコンサートを開催させていただいていますが、今回はクリスマス
に近いのでクリスマスソングやクリスマスにちなんだリトミックを
盛り込んだ楽しいコンサートを企画しています。

そして今回は初めての渋谷区での開催!
2ヶ月のお子様から楽しんでいただけるコンサートですので、
普段コンサートから遠ざかっているママ達にも沢山楽しんで
いただければと思います。

たくさんの音のシャワーをお子様と存分に浴びてくださいね。




ピアノ&歌 : 河村 晶子
読み聞かせ : 坂上 愛佳(フリーアナウンサー&Himemama代表)

日時 : 12月21日(水)
AM11:00~12:00 ※10:45受付開始

場所 : 国立オリンピック記念 青少年センター 
カルチャー棟 4階中練習室 43 渋谷区代々木神園町3-1
持参物 : お子様のお世話グッズ&音の出るおもちゃ

<演奏予定曲目>

サティ 金の粉
ドビュッシー 月の光
ママも一緒に楽しもう!クリスマスメドレー

その他クリスマスソングを一緒に歌ったり、ねんねの赤ちゃんも
楽しめるリトミックを予定しております。


ご予約はHIMEMAMAのページからお願い致します。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
http://kireimama.shop-pro.jp/?pid=37091149

※お申し込みの際にはhimemama会員登録(無料)が必要です。
コンサートの他にもママ、パパ、赤ちゃんに嬉しいイベントなどが
盛りだくさん!是非ご登録くださいね。



※手配・準備等の関係のため基本的にキャンセルの場合も
実費を頂戴致します。あらかじめご了承下さい。
※無断キャンセルにつきましてはいかなる理由でも
全額お支払となりますのでご了承ください。



今日はトトロに夢中な娘を連れてジブリの森美術館に行ってきます。
♪人気blogランキング♪




テーマ:子供の教育
ジャンル:学校・教育

ヴァイオリンの同窓会。

2011.12.03 17:29|Musique~音楽
ブログではお知らせ出来なかったのですが、私のホームページにて
告知させていただいていたヴァイオリニスト平澤仁さんとの
ストラディヴァリウスを使ったコンサート。


先週の11月26日に東京代々木の日本ヴァイオリンさんの
コンサートサロンにて開催させていただきました。



9月に三重で共演したばかりの平澤さんでしたが、
今回は準備期間がとても短かった(笑)上に、
ヴァイオリン弾きなら誰でも憧れる名器との共演と
いうことで、いつもと違った緊張感に溢れた
コンサートとなりました。



sIMG_0098.jpg




こちらのストラディヴァリウスさんのお名前はアントーニオさん。
なんと1731年のお生まれです。約300年間現役で活躍してます!


ということは、、、

音楽の時代で言う「古典派」の作曲家が続々と生まれ活躍した時代に
イタリアのクレモナのヴァイオリン工房で産声を上げたのですね。
あの古典派の二大作曲家ハイドンや大バッハとほぼ同年代。


それが今私の演奏と共演しているなんて!
ちょと手が震えますね。その事実だけで、、、


ちなみに平澤さんが普段使用しているヴァイオリンもほぼ同じ
時期に同じクレモナにある近くのヴァイオリン工房で生まれた
楽器だとか。平澤さんの楽器も十分すごいんですが、演奏される
ご本人曰く「最初にこのストラディヴァリウスを弾いた時は
音のすごさに圧倒されて、自分の楽器を弾くのがいやに
なったよ」とのことでした。


私もまずリハーサルで共演した時にあまりの音の太さ、
重厚さにとにかく迫力にびっくりして面食らいました。

私の表現が正しいかどうかわかりませんが、ピアノは
ヴァイオリンの背面を耳元で聴く感じで演奏を進めて行くので、
お客さんが聴く「全面から聴く音」よりもさらに戸惑う程ほど
主張の強い、力強い音が聴こえてくると感じました。


・・ところでリハーサルにも平澤さんはご自分の楽器を
持ってこられるのですが、そこで私の妄想が勝手に炸裂。


アントーニオ・ストラディヴァリウス
「いやいや、君もクレモナの生まれだってねぇ。
日本で会うとは奇遇だな。」

平澤氏ヴァイオリン
「お互い歳を取りましたねぇ。やはりこの歳に
なりますと、故郷イタリアが恋しいですね~」



。。。なんて、同窓会のような会話が
繰り広げられたら面白いなぁ。


ピアノは持ち歩く楽器でもないし寿命は基本的に
短いので、私にとってはヴァイオリンの奥深さを
身をもって体験したコンサートでもありました。



sIMG_0103.jpg


恥ずかしいので小さなサイズにて。


コンサートには大学時代からの親友のAYAちゃんが
譜めくりのお手伝いに来てくれました。

我が娘は今回で平澤さんのコンサートは、、4回目かな?
ずいぶん耳だけは肥えたね。
(写真はいつもの一眼を持って行くのを忘れたので
初めてiPhone4Sで撮影した写真です)


この日は告知から本番当日までほとんど日がなかったのにも
関わらず、立ち見の方でいっぱいになるほど沢山のお客様に
お越し頂きました。(なんとわざわざ三重から私の幼なじみが聴きに
来てくれました。ありがとTちゃん♪)

ありがとうございました!




昨日から東京、本格的な寒さで自転車移動が辛いです、、
♪人気blogランキング♪






↑こちらのCDは何度かブログで宣伝させていただいていますが、
本当に聴きごたえあります。お気に入りはヒナステラ!
これこそ魂を揺さぶる演奏だと思います。





↑日本ヴァイオリンの創業者中澤さんが書かれた
ストラディヴァリウスに関する著書です。
今回のコンサートはこちらの本の発刊イベントとして
開催されました。奥が深いなぁ。弦楽器って。




テーマ:クラシック
ジャンル:音楽

| 2011.12 |
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
Rechercher

Mon profil

とろそれ(河村晶子Akiko KAWAMURA)            

  • Author:とろそれ(河村晶子Akiko KAWAMURA)            
  • パリ・サンルイ島の小さなStudioに生息していたピアノ弾き。現在は東京在住。娘のN子、パリ生まれの猫の銀と一緒に暮らしています。ヘアメイクの夫C氏は現在マレーシアで単身活動中。

    ☆ホームページ開設しました☆
    ピアニスト河村晶子のホームページ
    http://akikokawamura.jimdo.com/




    Copyright 3soleils All Rights Reserved

Articles

Catégories

Archives

Link

Commentaires

Track back

ページトップへ