私、そしてC氏を見守ってくれた皆様にご報告です。

2007.11.09 13:38|つぶやき
コピー ~ P1040381


突然ですがこのブログを訪問してくださる皆様に大事なご報告をさせていただきます。

明後日11月11日、C氏の実家がある和歌山県・那智勝浦町の那智大社にて
C氏と結婚式をとり行う運びとなりました。

C氏とパリで出会ってもうすぐ5年。楽しいこと、辛いこと、ブログでは書ききれないほど
たくさんありましたが、神様のイタズラか、気まぐれか、はたまた運命か。
私たちは「夫婦になる」という人生の節目に立とうとしています。

ここ最近結婚式の準備のため子供時代やパリ時代の写真を整理しているのですが、
一枚一枚眺めるたびに私たちは色んな人たちに見守られ、受け入れてもらい、
そして結婚するんだなぁとひしひし感じてしまいます。
パリのみんな、先生、そしてブログを通じて私たちを見守ってくださった皆様、
ありがとうございました。素敵な夫婦になれるようがんばります!

そして私たち二人の両親、そして家族。
遠いパリで好き勝手していた私たちを受け入れ、そしてこの結婚を喜んでくれました。

最初は謎の職業(?)につく私より11歳年上のC氏にとまどいもあったと思いますが、
今では私たちの結婚のために協力してくれた私のお父さんとお母さん。
そして和歌山から東京に遊びに来てくださった時に、「C氏と結婚してくれてありがとう」と
涙を流して喜んでくれたC氏のお父さんとお母さん。

本当に心から感謝の気持ちでいっぱいです。
ありがとう。そしてこれからもよろしくお願いします。

コピー ~ P1040398


そしてC氏へ。

喧嘩が絶えない私たちだけど、ここまできてしまったら後は覚悟して、二人と
一匹(銀)手を取り合って一緒の道を最後まで進んでいこうね。
私がすんなり結婚を受け入れられたのも、C氏の本質の優しさを知り、そして
心のそこからC氏を尊敬しているからだと思います。
これからもずっとずっと、よろしくね。


最後に私とC氏をよく知る、フランス時代からの友人maiちゃんとてっちゃんから
贈ってもらった有名な詩をご紹介させていただきたいと思います。




『祝婚歌』 吉野 弘
 
ふたりが睦まじくいるためには
愚かでいるほうがいい
立派すぎないほうがいい
立派すぎることは
長持ちしないことだと気づいてるほうがいい

完璧をめざさないほうがいい
完璧なんて不自然なことだとうそぶいているほうがいい
ふたりのうちどちらかが
ふざけているほうがいい
ずっこけているほうがいい

互いに非難することがあっても
非難できる資格が自分にあったかどうか
あとで疑わしくなるほうがいい

正しいことを言うときは
少しひかえめにするほうがいい
正しいことを言うときは
相手を傷つけやすいものだと気づいているほうがいい

立派でありたいとか
正しくありたいとかいう
無理な緊張には色目を使わず

ゆったり
ゆたかに
光を浴びているほうがいい

健康で風に吹かれながら
生きていることのなつかしさに
ふと胸が熱くなる
そんな日があってもいい

そして
なぜ胸が熱くなるのか
黙っていても
ふたりにはわかるものであってほしい



☆これからもさんるい横丁をお願い致します☆
        ♪人気blogランキング♪










テーマ:フランス
ジャンル:海外情報

| 2007.11 |
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
Rechercher

Mon profil

とろそれ(河村晶子Akiko KAWAMURA)            

  • Author:とろそれ(河村晶子Akiko KAWAMURA)            
  • パリ・サンルイ島の小さなStudioに生息していたピアノ弾き。現在は東京在住。娘のN子、パリ生まれの猫の銀と一緒に暮らしています。ヘアメイクの夫C氏は現在マレーシアで単身活動中。

    ☆ホームページ開設しました☆
    ピアニスト河村晶子のホームページ
    http://akikokawamura.jimdo.com/




    Copyright 3soleils All Rights Reserved

Articles

Catégories

Archives

Link

Commentaires

Track back

ページトップへ